MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
4~6月が絶好機! 外房ヒラマサ、スプリングシーズン開幕【外房】

4~6月が絶好機! 外房ヒラマサ、スプリングシーズン開幕【外房】

かつては「一度は釣ってみたい難攻不落のターゲット」「上級者でも何十回通ってやっと1本釣れるかどうか」などと言われ、敷居が高く、釣ることが難しいターゲットの代表としていわば〝アングラーの憧れのまと〟的存在だったのが外房のヒラマサだ。

perm_media 《画像ギャラリー》4~6月が絶好機! 外房ヒラマサ、スプリングシーズン開幕【外房】の画像をチェック! navigate_next

サイズは2~3㎏主体ながら複数キャッチも夢ではない

外房エキスパートのひとり野澤千春さん。きっちり結果を出すテクニックはさすがだ。

外房攻略の基本は、プラグはもちろん、ジグもキャストすること。

午後は一転して強風が吹き時化模様に。天気はもちろん、潮の流れも刻一刻と変化する。それを読み攻略するのが外房の海の難しさだ。

ローカルスタンダードの尾上智佳さんは諦めずにシャクり続け、沖揚がり間際にヒラマサをヒットさせて見事にキャッチ。外房ボウズなしというから驚き!

山口船長山口船長がすばやく駆けつけて無事ネットイン! 水面でのバラシも多いので、魚がネットに入るまで油断禁物だ。

ヒラマサ初キャッチ! 春シーズンは入門にも最適だ。

複数が同時にヒットすると船上はまさにお祭り騒ぎに! ネットインは乗船者で協力して行おう。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・大原港「山正丸」。

なかなか手強いターゲットである外房のヒラマサ。ここ数年は、釣り人や船長たちの努力の甲斐もあり、釣り方が進化し、そしてタックルも進化して、昔よりもはるかに〝釣れる〟ターゲットとして、ルアー入門者にも人気となっている。敷居がグッと下がっているのだ。
とくにこれから迎える春は2大ベストシーズンのひとつで、サイズは2~3㎏主体ながら複数キャッチも夢ではないほど比較的釣りやすいとき。もちろん、大型の可能性も十分にあるので油断はできない。実際、取材前日には10㎏オーバーがでキャッチされている。
「4~6月は初心者にもオススメです。ぜひチャレンジしてみてください!」とは、この釣りに並々ならぬ情熱を注ぐ「山正丸」山口徹船長。
釣り方はジギングとキャスティングで、どちらの釣り方でもルアーを〝キャスト〟することが外房攻略の重要なカギ。そして何よりも〝絶対に釣る!〟という諦めない心が大切だ。
「山正丸」はレンタルタックルも完備。憧れのヒラマサをキャッチする最高のタイミングは、まさにこれからだ。

以上の記事は「つり丸」2014年4月15日号の掲載情報です。

関連記事
「つり丸・8月1日号(2021年)」の巻頭第1特集に掲載された石川県・金沢港「北龍丸」の夜釣りで大人気のケンサキイカのメタルスッテゲームの取材の様子を動画で公開。
東京湾のタイラバゲームは終盤戦に突入しているが、まだまだ入門者にもお手軽な時期だ!取材日もマダイ初挑戦という女性が見事にキャッチに成功!
黒潮洗う絶海の孤島、イナンバでジギング&キャスティング!大型[キハダ・カツオ・ヒラマサ・カンパチ]を狙う!モンスターフィッシュとの出会いがあるのがイナンバの魅力!
黒潮の申し子シイラがやってきた!相模湾のシイラが好調だ。60㎝から90㎝クラスを主体にメーターオーバーがまじる!早めの挑戦で短いシーズンを堪能しよう!
最新記事
集魚効果抜群!餌木史上初のレンズ&透明布採用餌木登場「LQ(レンズエギ透明布巻)3.5号」
今年もカツオの当たり年!御前崎沖の金洲が好調だ。一粒で二度おいしいリレーで高級魚[ウメイロ・ヒメダイ・ジャンボイサキetc]のお土産をゲットしよう!
「つり丸・8月1日号(2021年)」の巻頭第1特集に掲載された石川県・金沢港「北龍丸」の夜釣りで大人気のケンサキイカのメタルスッテゲームの取材の様子を動画で公開。
日本海の7月8月は夜釣りがメイン。メタルスッテゲームでケンサキイカが最盛期に!昼はライト泳がせでキジハタ&ヒラメを狙う!
「浜名湖で一番アカムツを釣らせる」を自負する「ボートクラブ カナル」取材当日もキロムツ含め13ヒット11キャッチ!結果を残した!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル