MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
南伊豆のメダイは数、型ともに期待大だ!【南伊豆】

南伊豆のメダイは数、型ともに期待大だ!【南伊豆】

その豪快なファイトを体感したアングラーなら誰もがうなずき、食べれば超デリシャス! ほんのり甘い白身は、どんな料理にも合うと人気のメダイが、南伊豆・須崎沖で活発な食いを見せている。

圧倒的なファイトと追い食いが魅力! 指示ダナにビシをピタッと止めて迎撃!!

船長の指示に従えば、一荷は当たり前。ド迫力のファイトと浮世離れした釣果が楽しめる!

狙うタナは、水深150m〜250m。高根の周りを潮向きに合わせて攻めていく。

仲良くヒットです。

ハリスは10〜15号を使うのがお約束で、親子サルカンを介した1ヒロと3ヒロの2本出しで挑む。

納得の釣果。

常連さんは、2㎏程度までならブッコ抜いている。

口周りが弱いので、ポンピングをせず、一定のテンションで巻き上げよう。

道糸6号を300m以上巻いた電動リールとオモリ負荷80号程度のワラサ用のロッドがベスト。

腕長のある片テンビン。2.5〜3㎜×1mのクッションゴム。オモリ200号。ハリはヒラマサ15〜13号だ。

卸しにして、半身を真ん中からカット。その一枚をノリ巻き状にハリに付ける。

ビシは上窓全開。下窓1.5㎝開けが基本だ。

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・下田須崎港「久寿丸」。

「本来なら利島沖で4〜5㎏クラスの良型を狙いたいんだけど、潮向きが悪くてね。でも須崎沖のポイントでバリバリ食ってるから楽しめるよ。サイズは3㎏前後が中心かな」とは、年間を通してメダイ釣りを看板にあげている須崎港「久寿丸」の土屋光司船長だ。
専門にメダイを狙っているだけに、その釣り方も実に特徴的で、なんと片テンビンのコマセ釣りで挑んでいる。「コマセのある、なし、では釣果が変わりますからね。メダイはシマアジのようにコマセに突っ込んでくるので、ウチでは仕掛けもシマアジ風。クッションの先に長さを変えた2本のハリスを出して狙っています」。
メダイの群れをダイレクトに狙うので、船長の指示ダナでピタッとビシを止めてコマセを大きく1〜2回振り出して探るのがセオリーとなる。
「ひと流し一投ですから、追い食いを狙って下さいね。コツは、食ったらゆっくり5mくらい巻き上げるだけで良いですので」と船長はニッコリ。
出船すれば、まずボウズはないと常連サン。最近、欲求不満の釣果でウズウズしている方はもちろん、ビギナーでもイージーにファイトと釣果が期待できるので超オススメ。激アツ必至のメダイ釣りを満喫して下さい!!

以上の記事は「つり丸」2014年4月15日号の掲載情報です。

関連記事
新潟県間瀬港「光海丸」が得意とする沖五目乗合!大本命はベイト反応で釣る大アラ!良型美味オキメバルはサビキに鈴なりでお土産バッチリ!他にも、さまざまな高級魚がザックザックだ!
剣崎沖のワラサが連日好釣!3㎏前後主体に、4㎏超の良型も!剣崎間口港「利一丸」でも朝イチからバリバリ食って2桁釣果!早揚がりも珍しくない好調さが続いている!
東京湾のテンヤタチウオが超絶好調だ!金沢漁港「鴨下丸」では毎日「STテンヤ・タチウオ」を出船して大盛況!取材当日も120㎝超のドラゴンサイズが連発!目指せ150㎝!
好調な滑り出しを見せた東京湾のアマダイ!秋本番を迎えさらにヒートアップ!久比里「山下丸」ではトップ3~5匹の釣果をキープ、型を見ない日はないと絶好調だ!
福島県小名浜沖の乗っ込みアカムツが爆釣した。小名浜港「光勝丸」取材当日は朝いちから40㎝前後のアカムツがコンスタントにヒット!ポ イント移動後も食いは衰えず、トップ13本!すべて大型!
最新記事
新潟県間瀬港「光海丸」が得意とする沖五目乗合!大本命はベイト反応で釣る大アラ!良型美味オキメバルはサビキに鈴なりでお土産バッチリ!他にも、さまざまな高級魚がザックザックだ!
剣崎沖のワラサが連日好釣!3㎏前後主体に、4㎏超の良型も!剣崎間口港「利一丸」でも朝イチからバリバリ食って2桁釣果!早揚がりも珍しくない好調さが続いている!
東京湾のテンヤタチウオが超絶好調だ!金沢漁港「鴨下丸」では毎日「STテンヤ・タチウオ」を出船して大盛況!取材当日も120㎝超のドラゴンサイズが連発!目指せ150㎝!
好調な滑り出しを見せた東京湾のアマダイ!秋本番を迎えさらにヒートアップ!久比里「山下丸」ではトップ3~5匹の釣果をキープ、型を見ない日はないと絶好調だ!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読