MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
相模湾のアジベストシーズン! 好調継続中だぞ【相模湾】

相模湾のアジベストシーズン! 好調継続中だぞ【相模湾】

春の日和が待ち遠しい3月の半ば、一足先に訪れた瀬ノ海の春を取材してきた。大磯港「とうふや丸」のビシアジ船だ。

丸々と太っていて身が厚い。切り身を口に含んでひと噛みしてみると、プリっとしたその弾力にうっとりする

春は数釣りが楽しめ、良型が多い!

3点掛けの抜き上げ!

35㎝を超える良型アジ!

アジ仕掛けはハリス2号が標準。マダイやメダイのゲストの可能性もあるときはハリス3号で!

丸々太った幅広のアジ。

アタリが多いときはハリ外しがあると便利。写真は第一精工「自動針ハズシ」。

一荷は嬉しい!

取材当日は爆釣! クーラー満タンで早揚がりだった!!

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・大磯「とうふや丸」。

「これだっ!!」と思わず声に出してしまったほど旨いアジ。このアジの大爆釣が瀬ノ海で継続中だ。
取材先の大磯港「とうふや丸」のホームページを見ると、2月に入ってのトップ60匹という好釣果から急上昇し、3月には92匹という驚愕の釣果にたどりついている。その後、取材前々日のシケで水温が急降下したことにより二日間ほどの小休止があったが、取材日の3月8日には80匹超えが二名、他の乗船客も50匹超えと、たった二日で復活した。
その型は、小さくても24㎝で最大は36㎝の良型。このサイズがこれだけ釣れるとクーラーには入りきらず、乗船客全員一致で釣れ過ぎ早揚がりとなったほどだ。
見るからに旨そうなこのアジは、丸々と太っていて身が厚い。切り身を口に含んでひと噛みしてみると、まずはプリっとしたその弾力にうっとりする。そして噛みしめると「じわ〜っ」とほどよい甘さが口いっぱいに広がった。この甘みが醤油の味を、醤油の味がこのアジの甘みを、双方が引き立たせあってたまらないのだ!
また「とうふや丸」では、四隅限定でハモノ狙いも可能だ。取材日までの過去一カ月間の釣果を見ると、2〜5.4㎏のヒラメが釣り上げられている。アジのお土産を確保したら、釣れたアジを泳がせて、ヒラメを狙ってみるのもおもしろいだろう。
ともあれ、瀬ノ海のアジは、例年通りだとゴールデンウイーク前後くらいまで上昇傾向。ぜひ瀬ノ海の美味しいアジを釣って食べてみて!!

以上の記事は「つり丸」2014年4月15日号の掲載情報です。

関連記事
東京湾奥の人気ターゲット!脂の乗った金色に輝くアジが絶好釣!トップが束(100匹)超えの日もある!羽田「かめだや」では取材日に40.5cmが浮上!ベストシーズンの到来だ!
大型が高確率!テンヤタチウオが大ブレイク中だ!金沢八景「一之瀬丸」では140cm超えの神龍(シェンロン)が続々ヒット中!脂の乗り最高!塩焼きは超絶美味だゾ!!
11月1日、鹿島沖で待望の生きイワシエサのヒラメ釣りが解禁!今年もまずまずの群れの濃さ!横流し釣りを覚えて大ビラメを狙おう!!
10月に解禁した神津島の北東部に位置するサクネのシマアジ!シマアジの魚影の濃さは伊豆諸島随一!脂ノリノリ激うまシマアジをお手軽に釣ろう!!リレーの泳がせカンパチも好調だ!
平塚港「庄治郎丸」LTアマダイ船では、開幕から50㎝オーバーの大型まじりで度々好釣果を記録。シロアマダイも5日連続でゲット!一日で2匹取り込まれることも何度か!
最新記事
東京湾奥の人気ターゲット!脂の乗った金色に輝くアジが絶好釣!トップが束(100匹)超えの日もある!羽田「かめだや」では取材日に40.5cmが浮上!ベストシーズンの到来だ!
茨城エリアのテンヤマダイがベストシーズン!アタリ多く数釣りが楽しめ、良型&大型もヒット!青物や根魚などゲストも豊富!タックルやラインシステムは万全の態勢で!
相模湾の新スタンダード?!サビキ、テンビン何でもアリ!イナダ・ワラサ・アジ五目!その時の状況に合わせてチェンジ!興奮必至で楽しさ無限大!ルアー釣りもOKだ!
東京湾でアオリイカの餌木シャクリ釣りが好釣果をキープ!小さなシャクリでも餌木がバッチリ動く!長竿釣法でシュッ、ズドンの乗りを満喫しよう!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル