MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
銚子沖のメヌケ好シーズン! 巨大美味魚アブラボウズも【銚子沖】

銚子沖のメヌケ好シーズン! 巨大美味魚アブラボウズも【銚子沖】

アタリを待つワクワク感、巻き上げ途中の引き込みで魚種を推定する楽しさ、水深500mもの海底を想像しながら釣るロマン、などは深場釣りならではの魅力だ。そして一番の魅力とも言えるのが、スーパーなどではまずお目にかかれない激旨高級魚が釣れることだろう。深場釣りの中でも旨さではトップクラス、銚子沖のメヌケを狙って釣行した。

perm_media 《画像ギャラリー》銚子沖のメヌケ好シーズン! 巨大美味魚アブラボウズも【銚子沖】の画像をチェック! navigate_next

海上にボコンボコン! と浮かぶ真紅の魚体は、まさに海上に咲く花、深海からの春の便りだ

銚子沖のメヌケ釣りが好機を迎えている。非常においしい深海の高級魚、ぜひ挑戦を!

ポイントの水深は500m前後。深海から明確なアタリが伝わってくる。

筆者も本命ゲット! 刺身、しゃぶしゃぶは最高においしいかった。

投入はひとりずつ順番に。治具を使ってもいいし、船ベリの強力マグネットに並べて投入するのもOK 。

アブラボウズも釣っちゃいました。照り焼き、煮付けにしたほか、味噌漬け、粕漬けも。

10〜30kg級のアブラボウズが連発した。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・外川港「福田丸」。

千葉県銚子沖でメヌケ釣りが始まっている。
周年狙える魚ではあるが、海上にボコンボコン! と浮かぶ真紅の魚体は、まさに海上に咲く花、深海からの春の便りだ。
「今年は海が遅れているね。いい日は4つ5つとつながるんだけど、同じポイントでも翌日まったくダメだったりして安定しないんだよねー」とは、この釣りを得意とする外川港「福田丸」の福田稔船長。
親潮と黒潮の影響を強く受ける釣り場で、その日の潮具合で釣果に波があるようだ。今季はどうやら底潮に寒流の押しが強いようで、その分嬉しいゲスト、深海の巨大魚アブラボウズが連日釣れている。本家を含め2種しかいないギンダラ科の魚だけに、食べても旨く最近では河岸でも高評価。
メヌケもそうだがアブラボウズも釣らなければなかなか口に入らぬ釣り人特権の魚だから、これだけでも釣行の価値は大ありだ。

以上の記事は「つり丸」2014年4月15日号の掲載情報です。

関連記事
東京湾・剣崎沖のマルイカが好釣果で開幕した。大・中・小まじりで今季もアツい!!自分に合った道具、仕掛け、釣り方でチャレンジだ!
東京湾「金アジ」の活性が急上昇!手軽だけど、じ・つ・は奥が深いLTアジが絶好機に突入中!小柴港「三喜丸」の取材日も幅広の「金アジ」が湾奥で連発した!
今回は熱心に通いつめる常連さんの多い新子安恵比須橋の「だてまき丸」さんからマゴチ釣りにチャレンジしてきました。取材当日は、64㎝の超ビックサイズも飛び出しました。
ロンリー侍ドクターことダイワフィールドスタッフの近藤惣一郎さんが、乗っ込みシーズンを目前に控えた三浦半島剣崎沖でマダイを狙う!!
周年を通して楽しめる飯岡沖のハナダイが、早くも絶好モードに突入している。メリハリを効かせたシャクリで良型デコダイの数釣りを楽しもう!!
最新記事
東京湾・剣崎沖のマルイカが好釣果で開幕した。大・中・小まじりで今季もアツい!!自分に合った道具、仕掛け、釣り方でチャレンジだ!
乗っ込みマダイを狙うのは、コマセだけではない!東京湾 横須賀沖のテンヤマダイ&タイラバも良型まじりでグングン釣果を上げている!乗っ込み本番に向けて視界良好だ!
大物の聖地、4月1日銭洲が解禁した。当日は脂のりのりの良型ウメイロが爆釣するなど、高級魚五目を満喫することができた。今後は五目でシマアジ、泳がせでカンパチがメインターゲットだ!
キハダや青物に実績のあるリアルオキアミに新色登場「リアルオキアミ(キハダ・青物)」ホワイト
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル