MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
銚子沖のメヌケ好シーズン! 巨大美味魚アブラボウズも【銚子沖】

銚子沖のメヌケ好シーズン! 巨大美味魚アブラボウズも【銚子沖】

アタリを待つワクワク感、巻き上げ途中の引き込みで魚種を推定する楽しさ、水深500mもの海底を想像しながら釣るロマン、などは深場釣りならではの魅力だ。そして一番の魅力とも言えるのが、スーパーなどではまずお目にかかれない激旨高級魚が釣れることだろう。深場釣りの中でも旨さではトップクラス、銚子沖のメヌケを狙って釣行した。

perm_media 《画像ギャラリー》銚子沖のメヌケ好シーズン! 巨大美味魚アブラボウズも【銚子沖】の画像をチェック! navigate_next

海上にボコンボコン! と浮かぶ真紅の魚体は、まさに海上に咲く花、深海からの春の便りだ

銚子沖のメヌケ釣りが好機を迎えている。非常においしい深海の高級魚、ぜひ挑戦を!

ポイントの水深は500m前後。深海から明確なアタリが伝わってくる。

筆者も本命ゲット! 刺身、しゃぶしゃぶは最高においしいかった。

投入はひとりずつ順番に。治具を使ってもいいし、船ベリの強力マグネットに並べて投入するのもOK 。

アブラボウズも釣っちゃいました。照り焼き、煮付けにしたほか、味噌漬け、粕漬けも。

10〜30kg級のアブラボウズが連発した。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・外川港「福田丸」。

千葉県銚子沖でメヌケ釣りが始まっている。
周年狙える魚ではあるが、海上にボコンボコン! と浮かぶ真紅の魚体は、まさに海上に咲く花、深海からの春の便りだ。
「今年は海が遅れているね。いい日は4つ5つとつながるんだけど、同じポイントでも翌日まったくダメだったりして安定しないんだよねー」とは、この釣りを得意とする外川港「福田丸」の福田稔船長。
親潮と黒潮の影響を強く受ける釣り場で、その日の潮具合で釣果に波があるようだ。今季はどうやら底潮に寒流の押しが強いようで、その分嬉しいゲスト、深海の巨大魚アブラボウズが連日釣れている。本家を含め2種しかいないギンダラ科の魚だけに、食べても旨く最近では河岸でも高評価。
メヌケもそうだがアブラボウズも釣らなければなかなか口に入らぬ釣り人特権の魚だから、これだけでも釣行の価値は大ありだ。

以上の記事は「つり丸」2014年4月15日号の掲載情報です。

関連記事
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
外房・飯岡沖のひとつテンヤマダイで、数釣りと大ダイ、両方狙える面白いシーズンがやってきた。「梅花丸」では毎年大ダイダービーもやっているので是非チャレンジを!
平塚港「庄三郎丸」のヒラメ五目は、朝イチにサビキ仕掛けでイワシを釣り、それをエサにヒラメを狙う!高級ゲストもいろいろまじり、最初のエサ釣りから超楽しい!
【東京湾・久比里沖~剣崎沖】一年で一番難しい時期だからこそおもしろい!誘いのパターン、スピード、そして食わせの間。試行錯誤で釣った1匹はいつも以上の価値があるカワハギ釣り!
最新記事
アカナマダ(アカマンボウ目アカナマダ科アカナマダ)たぶん国内で発見された個体数はそんなに多くない。しかもほとんどが浜に打ち上げられた個体である。
大きなブリやマグロに輸送に最適な保冷バッグ「保冷トライアングル」鰤バッグ/鮪バッグ
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル