MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
シーズン終盤のヒラメ狙いで大型数釣りを楽しもう!【外房・大原】

シーズン終盤のヒラメ狙いで大型数釣りを楽しもう!【外房・大原】

大原沖でイワシの回遊が続き、ヒラメが好調に釣れている。イワシを追っているヒラメは活性が高く釣りやすいことと、平均的に型が良いことが特徴だ。3月9日、大原港、「春栄丸」の船上も多くのヒラメファンで賑わっていた。

perm_media 《画像ギャラリー》シーズン終盤のヒラメ狙いで大型数釣りを楽しもう!【外房・大原】の画像をチェック! navigate_next

まるで青物釣りのような船上だった。同時に4人の竿が曲がり、次々にキロオーバーのヒラメが取り込まれた

大原沖のヒラメは4月いっぱいで終了だが、今イワシの群れが回遊し好調な食いを見せている。ラストチャンスだ!

回遊しているセグロイワシをたくさん捕食しているので、肉厚で脂が乗っている。刺身が旨い!

この日はトップ10枚、船中72枚!!

イワシの群れに付いたフィッシュイーターがまじってくる。この日は良型のスズキやアイナメも上がった。

5枚釣ったビギナーもいた。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・大原港「春栄丸」。

「また食った! 4人巻いてるおう!」。まるで青物釣りのような船上だった。同時に4人の竿が曲がり、次々にキロオーバーのヒラメが取り込まれた。大原沖ではイワシの群れが回遊中。イワシを追っているヒラメは活性が高く、一気に食い込む。まるで無数のヒラメがエサを待ち構えているが如く、次々に竿が絞りこまれた。
大原港「春栄丸」は禁漁期を除いて周年ヒラメ釣りに出船している。大原沖から太東沖にかけての広大なポイントを熟知している白川永一船長がイワシの反応にあてると入れ食いタイムが到来した。ひと流しで32枚の離れ業、どこの釣り座もまんべんなくアタリが来たのは横流しの効果だ。
大型ビラメもコンスタントに上がっているので油断は禁物、取材日には3.3㎏、2日前には4.3㎏が顔を出した。
4月いっぱいで禁漁となる大原沖のヒラメだが、イワシの回遊はまだ続く。大型交じりの数釣りを楽しむには今が絶好のチャンスだ。

以上の記事は「つり丸」2014年4月15日号の掲載情報です。

関連記事
ちょっとお手軽! でも釣果は本格的!それが小坪港「太郎丸」のキンメ五目だ!ビギナーもフルレンタルでOK!ぜひチャレンジを!
南房のアカムツが年末から復活の兆し!ポイントは真沖行程30分,水深250m前後!良型アカムツオンリーを午前と午後船で楽しもう!近場のアマダイ五目もおすすめだ!
上越沖の寒ブリは1月中もまだチャンスシーズン!今期もやってきた極上ブリ!上越沖は希少なポイントなので、ぜひ積極的に行ってみほしい。
厳寒期でも数釣り&大型が狙える!相模湾のアマダイが好調だ!LTだから誘いやすくアタリもわかりやすい!積極的に誘って食わせよう!!
相模湾・葉山沖では、近年ヒラメの魚影が濃くなり、マハタ、オニカサゴ、カサゴ、イナダなど、ゲストも含めてアタリが多く楽しめている!
最新記事
ちょっとお手軽! でも釣果は本格的!それが小坪港「太郎丸」のキンメ五目だ!ビギナーもフルレンタルでOK!ぜひチャレンジを!
南房のアカムツが年末から復活の兆し!ポイントは真沖行程30分,水深250m前後!良型アカムツオンリーを午前と午後船で楽しもう!近場のアマダイ五目もおすすめだ!
リーズナブルなルアーフィッシング用フロロライン「シーガー フロロマイスター300」
上越沖の寒ブリは1月中もまだチャンスシーズン!今期もやってきた極上ブリ!上越沖は希少なポイントなので、ぜひ積極的に行ってみほしい。
厳寒期でも数釣り&大型が狙える!相模湾のアマダイが好調だ!LTだから誘いやすくアタリもわかりやすい!積極的に誘って食わせよう!!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル