MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
御前崎沖マダイ乗っ込み、超一級ポイント“オモリ”開幕【御前崎沖】

御前崎沖マダイ乗っ込み、超一級ポイント“オモリ”開幕【御前崎沖】

今期、関東東海エリアで最も早くマダイの乗っ込みが始まったのが御前崎沖〝オモリ〟だ。

東海エリアの15m以上のロングハリスマダイ釣りはここで生まれたといっても過言ではない

凪ぎの日にはマダイ狙いの船団が形成される。

乗っ込み期に実績があるオモリではこのサイズはザラ。アベレージといっても過言ではない。

昨年度の真鯛王の田渕さんは、流石の腕前できっちりと大ダイをキャッチ。

魚がヒットしたらロングハリスなので、ビシが見えてからもかなり抵抗を繰り返す。

大ダイ炸裂! 自己記録更新チャンス!

きれいな魚体のマダイも多い。まだまだシーズンはこれからだ。

大船長がサポートしてくれる。

大ダイの両手持ちは気持ちがいい。

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・御前崎「博栄丸」。

関東東海エリアで今期いち早く乗っ込みマダイが開幕したのが、御前崎沖“オモリ”だ。
御前崎港から南へ約9マイル。航程約50分、水深70m前後のオモリには、毎年この時期、乗っ込み大ダイが回遊してくる。今年は3月半ばからマダイが食いだした。
「例年、オモリのマダイは4月半ばからゴールデンウイークがハイシーズンになります」とは、コマセマダイを得意とする老舗の御前崎「博栄丸」の大澤洋輔船長。
この釣り場の特徴は、15mのロングハリスを使い、高ダナでマダイを掛けること。東海エリアの15m以上のロングハリスマダイ釣りはここで生まれたといっても過言ではない。
「まずまずのマダイの群れがいますね。いつもなら、カド根や東海根など広範囲にわたって乗っ込みマダイが釣れるのですが、ここのところ釣れるのはオモリのみ。船が増えるにつれ、他のエリアでも乗っ込みが始まると思います。そうなると、これから水温が上がると一日コンスタントに釣れるようになりますよ」と、船長は話す。
オモリでは、時合いを逃さないことが大事。必ずあるゴールデンタイムは朝いち。第一投目は、手前マツリせず、スムーズに確実に仕掛けを投入できるように心がけよう。

まずは仕掛けの選択がカギ

モリではハリス長は15mが基本。大ダイたちは産卵前のため神経質になっていることと、エサ取り魚対策の高ダナ設定がロングハリス使用の理由だ。
近年では、2段テーパーや3段テーパー仕掛けが主流で、魚の活性が高いときはビシマテーパー仕掛けも有効。
このように重い仕掛けが使われる理由は、仕掛けが長いため、ハリスの吹き上がり防止対策との考えもある。
では、どのような仕掛けを選択すればよいのか。
まず、オモリでは朝いちがゴールデンタイムなので、長さ15mの2段もしくは3段テーパー仕掛けを選択。
ヒットしなければ、少しずつ仕掛けを変えていくという手段がよいだろう。
ハリスを長くするか、ハリスをストレートなどにして軽くするか、また、ガン玉などをハリスにうって重くするかが主な方法だ。
このときに注意したいのは、ハリスの伸ばし過ぎ。釣れないとどうしても、ハリスを伸ばしたくなるのは、釣り人の性。そこをじっと我慢して、伸ばしても20m以内にとどめよう。

手前マツリを防止して、 時合いを逃さないようにする。指示ダナ上からゆっくりと落とし込む誘いが有効

ロングハリス使用のマダイ釣りでは、どんな慣れた人でもハリスの手前マツリはつきもの。
それを未然に防ぐ手段として、市販の仕掛け巻きやペットボトルを活用するとよい。
確実に仕掛けを投入することにより、貴重な時合いを逃さず釣りをすることができる。
御前崎沖では、置き竿釣法が基本。理由はポイント周辺を船が大流しするからだ。
誘いを入れるなら、指示ダナ上3〜5mからゆっくりと落とし込む。できるだけ、指示ダナよりビシを下げないようにしたい。
高ダナ設定のコマセマダイ釣りでは、コマセで活性の高いマダイを浮かせて食わせる。浮いたマダイに一番有効な誘いが落とし込みなのだ。しかし、この誘いをどこで行うかが、迷うところ。船長の指示、あるいは探見丸搭載船なら、魚探の反応を確認しながら誘いを入れるのが有効だ。

以上の記事は「つり丸」2014年5月1日号の掲載情報です。

関連記事
新潟県間瀬港「光海丸」が得意とする沖五目乗合!大本命はベイト反応で釣る大アラ!良型美味オキメバルはサビキに鈴なりでお土産バッチリ!他にも、さまざまな高級魚がザックザックだ!
剣崎沖のワラサが連日好釣!3㎏前後主体に、4㎏超の良型も!剣崎間口港「利一丸」でも朝イチからバリバリ食って2桁釣果!早揚がりも珍しくない好調さが続いている!
東京湾のテンヤタチウオが超絶好調だ!金沢漁港「鴨下丸」では毎日「STテンヤ・タチウオ」を出船して大盛況!取材当日も120㎝超のドラゴンサイズが連発!目指せ150㎝!
好調な滑り出しを見せた東京湾のアマダイ!秋本番を迎えさらにヒートアップ!久比里「山下丸」ではトップ3~5匹の釣果をキープ、型を見ない日はないと絶好調だ!
福島県小名浜沖の乗っ込みアカムツが爆釣した。小名浜港「光勝丸」取材当日は朝いちから40㎝前後のアカムツがコンスタントにヒット!ポ イント移動後も食いは衰えず、トップ13本!すべて大型!
最新記事
新潟県間瀬港「光海丸」が得意とする沖五目乗合!大本命はベイト反応で釣る大アラ!良型美味オキメバルはサビキに鈴なりでお土産バッチリ!他にも、さまざまな高級魚がザックザックだ!
剣崎沖のワラサが連日好釣!3㎏前後主体に、4㎏超の良型も!剣崎間口港「利一丸」でも朝イチからバリバリ食って2桁釣果!早揚がりも珍しくない好調さが続いている!
東京湾のテンヤタチウオが超絶好調だ!金沢漁港「鴨下丸」では毎日「STテンヤ・タチウオ」を出船して大盛況!取材当日も120㎝超のドラゴンサイズが連発!目指せ150㎝!
好調な滑り出しを見せた東京湾のアマダイ!秋本番を迎えさらにヒートアップ!久比里「山下丸」ではトップ3~5匹の釣果をキープ、型を見ない日はないと絶好調だ!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読