MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
早よ行かな! 鹿島沖のテンヤマゴチが絶好釣であります【鹿島沖】

早よ行かな! 鹿島沖のテンヤマゴチが絶好釣であります【鹿島沖】

6月に開幕した後はムラっ気があってなかなか釣果が安定しなかった鹿島沖のテンヤマゴチ。ががが、6月下旬から急上昇。今シーズンは好感触です。

スリル感満点、引き味抜群! テンヤマゴチはとにかくおもしろい! 連日60cm⬆キャッチ中! 今年は好調持続中

わずかに60㎝に届かなかったものの、良型メインにヒット。

この引きがたまらん!

開始早々に来た60㎝級。

今回、取材にご協力いただいたのは、茨城・鹿島港「大春丸」。

鹿島沖のテンヤゲームはマダイに加えてマゴチも夏場の人気ターゲットとしてその地位を不動のものとしている。マダイでさえそれほど歴史があるわけではないのに、ここ3、4年の間にさらに新たなターゲットが加わり、港自体が一層活気付いている。
「今年のマゴチは最初は良かったけど、その後しばらく食いが渋かったね。でも、6月後半からまた良型が数出るようになりましたよ」と、鹿島港「大春丸」の小堤春夫船長は言う。
鹿島沖のマゴチはテンヤ&エビエサから始まり、現在はテンヤ&ワーム、ジグヘッド&ワームの組み合わせで狙うのが標準となった。キャストして幅広く探ると、突然「コツン」とアタリがやってくる。「コツン」が「ゴツン」にかわり強めにアワセを入れると一気に竿が絞り込まれる。水深は10mを切る浅場なので引きは強烈だ。それもそのはず、釣れるサイズが“鹿島級”の60㎝前後が多いのだ。最後の最後まで抵抗を緩めないためスリル感も満点。
「鹿島沖には80㎝なんてとんでもないサイズがいます。この釣りは手軽に大物釣りが楽しめます」とはダイワの北本茂照さん。
一度、釣っちゃうとヤミツキになる人続出中のマゴチ。一度挑戦してみませんか?

今回のタックルはこんな感じであります

ワームとジグヘッドで狙うのが定番になっている。ワームカラーはオレンジ系、茶系、赤系、ピンク系など。

ワームはまっすぐ正しい姿勢になるようにしよう。

ロッドは遂に出た専用ロッド「テンヤマゴチX 215」。適合テンヤ、カブラは8〜15号、ジグヘッドは21〜28g。キャストして狙うマゴチ釣りに最適なロッドで短めでアンダーキャストしやすく距離も出る設計。穂先はやや硬めだが、操作性が良くアクションもつけやすい。この釣りを徹底追及した1本。
リールは「紅牙2510RPE」。キャスティングタイラバ用のローギアモデル。ギアー比4.8で巻き取り長さ72cm。ボクはこのリールに12ブレイド2号を160m巻いている。ライントラブルもないし、当地のショウサイフグにも使用しているおすすめの1台。トラブル回避のためにリーダー4号を2mほどつけておこう。
ワーム=「ヒラメ狂」(フラットジャンキーグラビンシャッド4インチ)。
とにかく釣れるワーム。鉄板カラーは、UVオレンジゴールド、UVヒラメバーニング、SGヒラメピンク、グリパンレッドグリッター。ほかの色も釣れるけど鹿島のオリカラって言っても良いくらいです。必ずバックに入れておいて損はない。
このワームの凄いところは、潮が流れてなくてもテールが良く動くこと。止めてポーズを取っているときにも動く「魔性のテール」。食い渋り時にも威力を発揮してくれた。

鹿島沖のテンヤマゴチはこう攻めるべし!

ポイントは鹿島沖南北に広がる。水深は10m未満の浅場主体。

「ルアー感覚で楽しいですね」と7本ゲット。この釣りはルアーマンの姿が目立つ。

周囲を確認して、アンダースローでのキャストが鉄則。基本は2つのパターン。着底後しばらく放置。これが初期には効く。特に産卵期にはベスト。船の自然な流れで十分に食ってくる。ただし糸フケを出さないように注意しよう。
2つ目はゆっくりと一定のスピードで海底の溝を意識しながら巻く。ただ巻いてくるとワームが浮き上がってしまうので、潮の速さや風の受け具合で巻くのを止め一度フォールさせて海底を確認。底から50cmから1m以内にワームがないとアタリが少なくなるので意識してもらいたい。
この2つのパターンだけで十分にツ抜けも出来る。
あとはマゴチの習性を頭に入れておこう。マゴチは潮上に顔を向けている魚なのだが、正面から来るベイトよりも後方か、斜めを横切るベイトに反応しやすいと思う。だからキャストする時も潮に逆らうか斜めに横切る位置を狙いワームに抵抗を感じながら船下まで持ってくる。潮の方向を確認するには、キャストする前に水面でワームを泳がせてワームのヘッドが向いた方が潮上となる。
次にアタリからアワセ。アタリは明確に出るので一呼吸おいてからシャープにアワせる。即アワセはスッポ抜けの原因となることが多い。ロッドをひったくるような強いアタリは飲み込んでいる可能性大なので即アワセで構わないが、強くアワせすぎるとリーダが切れるのでほどほどに。

以上の記事は「つり丸」2017年8月1日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
外房といえばヒラマサ! だけではない。近年はサンパク・ワラサの人気も上々。リレー形式で攻めることが多い千葉・大原港「松鶴丸」。冬から春にかけての釣りを紹介する。
更新: 2019-04-22 12:00:00
欲張り派のアングラーはもちろん、グルメ志向の釣り師や大物師たちが大注目! 良型のシマアジ&イサキをメインに、マダイ、カンパチ、イシダイなどの高級魚を狙う静岡県網代南沖の遠征五目釣りが今期も開幕。
更新: 2019-04-21 07:00:00
外房でよく聞かれる言葉のひとつに「春マサシーズン」というキーワードがある。黒潮の影響を受けた南からの暖流(真潮)が、その勢力の強まりとともにヒラマサを外房沖へと運んでくる。一気にヒット連発だ! 
更新: 2019-04-11 12:00:00
例年ゴールデンウイーク頃までがシーズンとされる東京湾のシーバスゲーム。潮の影響なのか、今期は釣果があまり安定せず、よかったりよくなかったりを繰り返していたが、釣果が急激に上向きとなっている。
更新: 2019-04-08 12:00:00
ラマサ狙いで人気を集める外房沖。ヒラマサの陰に隠れ、目立ってはいないが、年々人気右肩上がりなのが、冬から春にかけてのサンパク、ワラサだ。
更新: 2019-04-07 07:00:00
最新記事
うまいアジが東京湾・走水沖で好調に釣れている。「今、30㎝前後から35㎝くらいのの中大型がたくさん釣れていますよ。ここにきて水温も上がってアジの活性も高くなりました」とは、走水港「政信丸」の廣川政信船長。
更新: 2019-04-25 07:00:00
外房・飯岡沖のポイントは水深30mほど。このエリアはとても釣りやすく、ビギナーも手軽にマダイを手にできるチャンスだ。マダイだけはなく、ハナダイのアタリも多く、大型まじりでお土産の期待できるぞ!
更新: 2019-04-24 12:00:00
ほぼ周年楽しめる南房江見沖のアカムツだが、本格シーズンは4〜12月。そのロングランシーズンが開幕した。高級魚としてすっかりおなじみになったアカムツ。水深250m深場にナイスボディで美味な個体が勢ぞろい中だ。
更新: 2019-04-24 07:00:00
網代港「ゆたか丸」の遠征シマアジ・イサキ五目釣りがスタートした。イサキを主体に多彩なゲストが釣れる楽しさいっぱい。イサキはもとより、開幕直後の狙い目はシマアジ。強烈な引きが魅力の高級魚だ。
更新: 2019-04-23 12:00:00
静浦、多比、久料、古宇と小さな漁港が散在する沼津地区は、午前午後と二便制のマダイ船が特徴だ。港から釣り場までは近く、移動時間がかからないため、半日船でも十分な実釣時間が確保できるのは沼津沖ならではだ。
更新: 2019-04-23 07:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読