MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
 ポイントは超至近! 江の島沖のシロギス【相模湾・江の島沖】

ポイントは超至近! 江の島沖のシロギス【相模湾・江の島沖】

相模湾で手軽に楽しめる沖釣りターゲットの筆頭はシロギス釣りだろう。中でも短時間で楽しめるショートフィッシングが人気を集めている。片瀬港「島きち丸」では、7時出船の午前船、11時出船の午後船と2便で出船中で、いずれもリーズナブルな金額で沖釣りを楽しむことができる。

perm_media 《画像ギャラリー》 ポイントは超至近! 江の島沖のシロギス【相模湾・江の島沖】の画像をチェック! navigate_next

絶好期に入れば、束釣りも珍しくない。魚影の濃さとポイントが至近であることで可能になる

ダブルで良型ゲット。

江の島沖周辺がメインのポイント。

丸々と太った良型主体だった。これから数が釣れるように。

エサはジャリメ。船上におがくずが用意してあるのでエサ付けしやすい。

「大きいでしょ!」。船釣り2回目という横須賀市の村松鷹くんは春休みの一日を楽しんだ。

食いを見てエサの長さを調整する。白いのは滑り止め用に片栗粉をまぶしたもの。

このサイズでも小型の部類だった。

船宿仕掛けと船宿オリジナルテンビン。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・片瀬港「島きち丸」。

気温がぐんぐんと上がって沖釣りが気持ちいい季節になってきた。相模湾のシロギス釣りもそんな気持ちよく楽しめる釣りのひとつで、これからの時期に特におすすめだ。
「今年は水温が低く、暖かくなってもなかなか釣果が上がりませんでしたが、4月に入ってようやく食いが上向いてきました」と、片瀬港「島きち丸」の前田信義船長船長は言う。
3月後半の開始直後は水深も深く、シロギスの活性も低かったという。取材日も苦戦が予想された。
「アタリがあってもスグにアワせるとハリ掛かりしませんよ。一度掛けそこなうとそのあとなかなかエサを追ってきません。じっくり食わせたほうが良いよ」と仲乗りさんが船上でアドバイス。
ポイントは港を出て数分の江の島沖。この近さもうれしい。水深は20〜30mほどと少し深いが、船長の心配をよそに開始から良型のシロギスが上がりだす。小型はほとんどまじらず、みな丸々としたものばかりだ。
7時出船の午前便は10時半ごろまで、11時出船の午後船は14時半ごろまでと3時間半の釣りながら、絶好期に入れば束釣りも珍しくないという。魚影の濃さとポイントが至近であることで可能になる。ファミリーやカップルなどで楽しむのもおすすめだ。

以上の記事は「つり丸」2014年5月1日号の掲載情報です。

関連記事
久比里「巳之助丸」のアマダイは好シーズンに突入!連日好釣果が続き、日によっては50cm級も!釣趣と食味の優れたアマダイは、秋の沖釣りにも最適だ。
新潟・間瀬沖のアラ!御当地スタイル!マイワシエサで、「タナを取ったら放置」の釣法…。新潟県間瀬港「光海丸」小林聡船長のアラ釣り。この秋のオススメ!
鹿島沖のテンヤマダイが秋の好シーズン!取材日の最大は1㎏級であったが、8月1日には5.3㎏,8月19日には4.8㎏,8月22日には9.6㎏と5.8㎏を取り込んでいる!
宮城・亘埋沖。高活性のヒラメ釣り場は、ビギナー入門オーケーのヒラメ道場!生きイワシエサで釣るヒラメが高活性!全開モード!爆釣を体感しよう!
「つり丸・10月1日号(2021年)」の巻頭第1特集に掲載された相模湾のライトイナダ五目の取材の様子を公開!
最新記事
これからの季節の必需品。肌寒い日にぴったり。コンパクトで便利なウエア「DJ-3421(撥水ポケッタブルピステ)」
周年夜釣りが楽しめる沼津湾。この時期のターゲットはタチウオ!テンヤやルアーもOK!ベタナギ率が高い沼津湾で夜タチウオ釣りを楽しもう!
カンパチ、ワラサなどの青物に加え、オオモンハタなどの根魚も狙える!西伊豆・戸田のアジ泳がせ釣り!釣行日もオオモンハタ、ワラサと連続ヒット!
久比里「巳之助丸」のアマダイは好シーズンに突入!連日好釣果が続き、日によっては50cm級も!釣趣と食味の優れたアマダイは、秋の沖釣りにも最適だ。
しばって束ねる、簡単固定したいときの万能結束バンド「まとめ太郎、まとめ太郎Lock」
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル