沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果報告、仕掛け、タックル、釣り方、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

 ポイントは超至近! 江の島沖のシロギス【相模湾・江の島沖】

ポイントは超至近! 江の島沖のシロギス【相模湾・江の島沖】

相模湾で手軽に楽しめる沖釣りターゲットの筆頭はシロギス釣りだろう。中でも短時間で楽しめるショートフィッシングが人気を集めている。片瀬港「島きち丸」では、7時出船の午前船、11時出船の午後船と2便で出船中で、いずれもリーズナブルな金額で沖釣りを楽しむことができる。


絶好期に入れば、束釣りも珍しくない。魚影の濃さとポイントが至近であることで可能になる

ダブルで良型ゲット。

江の島沖周辺がメインのポイント。

丸々と太った良型主体だった。これから数が釣れるように。

エサはジャリメ。船上におがくずが用意してあるのでエサ付けしやすい。

「大きいでしょ!」。船釣り2回目という横須賀市の村松鷹くんは春休みの一日を楽しんだ。

食いを見てエサの長さを調整する。白いのは滑り止め用に片栗粉をまぶしたもの。

このサイズでも小型の部類だった。

船宿仕掛けと船宿オリジナルテンビン。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・片瀬港「島きち丸」。

気温がぐんぐんと上がって沖釣りが気持ちいい季節になってきた。相模湾のシロギス釣りもそんな気持ちよく楽しめる釣りのひとつで、これからの時期に特におすすめだ。
「今年は水温が低く、暖かくなってもなかなか釣果が上がりませんでしたが、4月に入ってようやく食いが上向いてきました」と、片瀬港「島きち丸」の前田信義船長船長は言う。
3月後半の開始直後は水深も深く、シロギスの活性も低かったという。取材日も苦戦が予想された。
「アタリがあってもスグにアワせるとハリ掛かりしませんよ。一度掛けそこなうとそのあとなかなかエサを追ってきません。じっくり食わせたほうが良いよ」と仲乗りさんが船上でアドバイス。
ポイントは港を出て数分の江の島沖。この近さもうれしい。水深は20〜30mほどと少し深いが、船長の心配をよそに開始から良型のシロギスが上がりだす。小型はほとんどまじらず、みな丸々としたものばかりだ。
7時出船の午前便は10時半ごろまで、11時出船の午後船は14時半ごろまでと3時間半の釣りながら、絶好期に入れば束釣りも珍しくないという。魚影の濃さとポイントが至近であることで可能になる。ファミリーやカップルなどで楽しむのもおすすめだ。

以上の記事は「つり丸」2014年5月1日号の掲載情報です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

http://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


餌木とシャクリが合うと連発も! 相模湾のアオリイカ(庄三郎丸)

餌木とシャクリが合うと連発も! 相模湾のアオリイカ(庄三郎丸)

アオリイカ釣りは、道具がシンプルで釣り方も簡単。ビギナーや女性でも手軽に楽しめる。シンプルなだけに極めれば奥深く、毎週のように通い詰めるベテランも多い。この釣りは、餌木の選択と正確なタナ取り。そして、一にも二にもシャクリである。


大型の強烈な引きと上品な食味を味わう!アマダイ仕掛け(たいぞう丸)

大型の強烈な引きと上品な食味を味わう!アマダイ仕掛け(たいぞう丸)

「たいぞう丸」では、ノーマルタックルとライトタックルの選択が可能だ。使用する道糸がPE3号以上の場合はノーマルタックルに分類。その場合はオモリ80号を使用する。道糸1~2号はライトタックルに分類し、その場合はオモリ60号を使用する。


相模湾のアマダイをシンプル仕掛けで誘って掛けよう!(浅八丸)

相模湾のアマダイをシンプル仕掛けで誘って掛けよう!(浅八丸)

仕掛けはテンビン吹き流し、ハリス長は約2m。ハリは2本。ボトム釣りなのでいたってシンプルな釣りだが、この単純さゆえにテクニックで釣果に差がはっきりと出てしまう、奥の深い釣りだ。


葉山沖コマセマダイの仕掛けをご紹介! 青物もまじる(正一丸)

葉山沖コマセマダイの仕掛けをご紹介! 青物もまじる(正一丸)

竿はマダイ用に小型電動リールを組み合わせた、オーソドックスなコマセマダイ仕様でOKだ。横森船長が推奨する仕掛けはハリス4号、6〜8m。ハリはイセアマの8〜10号。クッションゴムは4号ハリスに適合した太さのもので、長さは1m。この仕掛けなら、大型マダイのほかイナダ、ワラサがヒットしても対応可能だ。


竿先に集中してアタリを掴む!エサ取り名人”カワハギ”(沖右ヱ門丸)

竿先に集中してアタリを掴む!エサ取り名人”カワハギ”(沖右ヱ門丸)

難しい反面、手軽に挑戦できるとあって、この時期人気なのがカワハギだ。さらに、珍味のキモも大きくなって、食のほうでも楽しめるのだ。


最新の投稿


ポイントは広範囲! ドラゴンまじりのタチウオジギング(渡辺釣船店)

ポイントは広範囲! ドラゴンまじりのタチウオジギング(渡辺釣船店)

「最近は浅場で釣れているんですよ。水深は20mから40mが多いかな。深場に行くこともありますけど、まずは浅場からやっていきます」と、「渡辺釣船店」の田中茂生船長。取材日は本牧沖の水深40mからスタートした。


空アワセを続けて確実に仕留める! アカメフグ仕掛け(忠彦丸)

空アワセを続けて確実に仕留める! アカメフグ仕掛け(忠彦丸)

竿は専用竿がベスト。長さは1.6〜1.8m。「湾フグ用」、「東京湾用」などという表示があるものがそれだ。「忠彦丸」の生駒船長がすすめているのはシマノ「ベイゲーム 湾フグ180」。外房や茨城海域のショウサイフグ用は、オモリ25〜30号に対応した調子なので、新しく竿を購入する際は間違わないように注意しよう。


「第10回ヤリイカ釣りバトル」 10月4日~2019年2月28日開催 参加者募集!

「第10回ヤリイカ釣りバトル」 10月4日~2019年2月28日開催 参加者募集!

10月4日~2019年2月28日に静岡県土肥港「とび島丸」で開催されている「第10回ヤリイカ釣りバトル」の参加者募集内容です。


水温が高く高活性! 外房・御宿沖は寒イサキシーズンへ(義丸)

水温が高く高活性! 外房・御宿沖は寒イサキシーズンへ(義丸)

「梅雨イサキ」や「寒イサキ」など、イサキの冠には旬の時期を付して呼ばれることが多い。夏の産卵を間近に荒食いする梅雨イサキ。厳寒期にたっぷりと脂肪を蓄えた寒イサキ。どちらも甲乙つけがたい。しかし意外と知られていないのがこの寒イサキシーズンを目前に控えた初冬のイサキだ。


アタリを見極め、アワせれば釣果UP!ショウサイフグ攻略(敷嶋丸)

アタリを見極め、アワせれば釣果UP!ショウサイフグ攻略(敷嶋丸)

ショウサイフグ釣りはアタリを取って積極的に掛けていくスタイル。竿は、専用竿の中でも長さが1.5m前後と短めのものがオススメ。短いほうがアタリが見やすいからだ。専用竿以外なら、カワハギ用の目感度重視タイプや、マルイカ用など少し軟らかめの先調子タイプがアタリが出やすい。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読