沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果報告、仕掛け、タックル、釣り方、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

 ポイントは超至近! 江の島沖のシロギス【相模湾・江の島沖】

ポイントは超至近! 江の島沖のシロギス【相模湾・江の島沖】

相模湾で手軽に楽しめる沖釣りターゲットの筆頭はシロギス釣りだろう。中でも短時間で楽しめるショートフィッシングが人気を集めている。片瀬港「島きち丸」では、7時出船の午前船、11時出船の午後船と2便で出船中で、いずれもリーズナブルな金額で沖釣りを楽しむことができる。


絶好期に入れば、束釣りも珍しくない。魚影の濃さとポイントが至近であることで可能になる

ダブルで良型ゲット。

江の島沖周辺がメインのポイント。

丸々と太った良型主体だった。これから数が釣れるように。

エサはジャリメ。船上におがくずが用意してあるのでエサ付けしやすい。

「大きいでしょ!」。船釣り2回目という横須賀市の村松鷹くんは春休みの一日を楽しんだ。

食いを見てエサの長さを調整する。白いのは滑り止め用に片栗粉をまぶしたもの。

このサイズでも小型の部類だった。

船宿仕掛けと船宿オリジナルテンビン。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・片瀬港「島きち丸」。

気温がぐんぐんと上がって沖釣りが気持ちいい季節になってきた。相模湾のシロギス釣りもそんな気持ちよく楽しめる釣りのひとつで、これからの時期に特におすすめだ。
「今年は水温が低く、暖かくなってもなかなか釣果が上がりませんでしたが、4月に入ってようやく食いが上向いてきました」と、片瀬港「島きち丸」の前田信義船長船長は言う。
3月後半の開始直後は水深も深く、シロギスの活性も低かったという。取材日も苦戦が予想された。
「アタリがあってもスグにアワせるとハリ掛かりしませんよ。一度掛けそこなうとそのあとなかなかエサを追ってきません。じっくり食わせたほうが良いよ」と仲乗りさんが船上でアドバイス。
ポイントは港を出て数分の江の島沖。この近さもうれしい。水深は20〜30mほどと少し深いが、船長の心配をよそに開始から良型のシロギスが上がりだす。小型はほとんどまじらず、みな丸々としたものばかりだ。
7時出船の午前便は10時半ごろまで、11時出船の午後船は14時半ごろまでと3時間半の釣りながら、絶好期に入れば束釣りも珍しくないという。魚影の濃さとポイントが至近であることで可能になる。ファミリーやカップルなどで楽しむのもおすすめだ。

以上の記事は「つり丸」2014年5月1日号の掲載情報です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

http://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


カツオ&キハダをコマセ釣りで釣る! サイズともに良(湘南 海成丸)

カツオ&キハダをコマセ釣りで釣る! サイズともに良(湘南 海成丸)

解禁から1ヶ月以上経った相模湾のコマセ釣りのキハダ、カツオ。最近は湾内に群れが入ってきているそうでポイントまで一時間もかからず到着。ナブラを追いかけても実釣時間充分だそうです。


アベレージ20cm前後! 東京湾のシロギス釣り(荒川屋)

アベレージ20cm前後! 東京湾のシロギス釣り(荒川屋)

「落ち」のシーズンを前に、東京湾のシロギス釣りがおもしろくなっている。今回、金沢八景「荒川屋」の午前シロギス船を取材したが、その釣果はトップが51匹。同日の午後船のトップの釣果は61匹で、通しで乗った乗船客が101匹と束釣りを達成した。


葉山沖のコマセマダイ、嬉しいゲストも豊富だ!(正一丸)

葉山沖のコマセマダイ、嬉しいゲストも豊富だ!(正一丸)

葉山芝崎「正一丸」では10月からマダイ五目乗合を開始。スタートからマダイの好釣果が続き、乗船者全員が型を見ることも珍しくない。嬉しいゲストもまじっている。


今年も盛大に開催! 第17回金沢漁港シロギス釣り大会(黒一丸)

今年も盛大に開催! 第17回金沢漁港シロギス釣り大会(黒一丸)

今年も横浜・金沢漁港で第17回金沢漁港シロギス釣り大会が開催された。すっかり夏のビッグイベントとして定着した本大会は、数年前から1匹の全長(以前は3匹の総重量)で競うようになり、誰にでもより優勝のチャンスが広がった。


仕立船だからいろいろ楽しめる! 相模湾のキハダ&カツオ(長助丸)

仕立船だからいろいろ楽しめる! 相模湾のキハダ&カツオ(長助丸)

イワシを使った一本釣り、フカセ釣りは可能な船宿が限られるが、じつにおもしろい釣りだ。散水の音とともに魚が船中に転がり、船底を叩く音を聞きながら、一気に抜き上げる。ダイレクトな引き味を楽しむ瞬間は、狩猟本能を激しく刺激する。


最新の投稿


茨城・平潟沖のマダラ開幕! 身肉が旨くて白子も魅力(第十五隆栄丸)

茨城・平潟沖のマダラ開幕! 身肉が旨くて白子も魅力(第十五隆栄丸)

関東最北端の港、茨城県平潟港に今年もやってきたマダラの季節。9月1日、今や多くの深場釣り師の間で常識となった「マダラは夏は身肉、晩秋以降は白子が魅力」を知らしめた「第十五隆栄丸」の鈴木和次船長.


東北のヒラメパラダイスへようこそ! 大型狙いで坊主なし(大海丸)

東北のヒラメパラダイスへようこそ! 大型狙いで坊主なし(大海丸)

仙台湾の秋を代表する釣り物といえばヒラメ。初夏のシーズンインから初冬まで続き、秋が最盛期となる。特に南部の亘理沖はヒラメのポイントが水深20〜50mのラインに広がり、ベイト豊富で魚影は抜群。塩釜や名取閖上の釣り船も、ヒラメ釣りには亘理まで走ってくることもある。


【カワハギ専用ロッド】ステファーノSSは高感度&軽量!(シマノ)

【カワハギ専用ロッド】ステファーノSSは高感度&軽量!(シマノ)

シマノからカワハギ専用ロッド「ステファーノSS」が発売されました。カワハギ釣りのマスト条件である「高感度」「軽量」はステファーノシリーズから踏襲。最新のカワハギ釣りに対応する3アイテムが登場。


1人20枚オーバーも! 銚子沖のヒラメは食いが超活発!(福田丸)

1人20枚オーバーも! 銚子沖のヒラメは食いが超活発!(福田丸)

銚子沖のヒラメが絶好調だ! 6月に解禁した銚子沖のヒラメ釣り、今期は8月のお盆過ぎから数が出だし、外川港の「福田丸」ではトップ2桁当たり前、ひとり20枚を超す驚きの釣果も出ている。この時期の、いわゆる夏ビラメはアタリが多く数釣りできるのが魅力だ。


沖の深場と近場の浅場を釣り分ける! 大原沖ヒラメ仕掛け(力漁丸)

沖の深場と近場の浅場を釣り分ける! 大原沖ヒラメ仕掛け(力漁丸)

タックルと仕掛け。竿は80号のオモリに対応したヒラメ専用竿、またはゲームロッドなどの5対5〜7対3調子。長さはヒラメ専用竿なら2.5〜3.6m、ゲームロッドなら2〜2.4mぐらい。リールは小型電動、または手巻きの中小型両軸。これに道糸はPEラインの2〜4号を巻いておく。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読