MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
 ポイントは超至近! 江の島沖のシロギス【相模湾・江の島沖】

ポイントは超至近! 江の島沖のシロギス【相模湾・江の島沖】

相模湾で手軽に楽しめる沖釣りターゲットの筆頭はシロギス釣りだろう。中でも短時間で楽しめるショートフィッシングが人気を集めている。片瀬港「島きち丸」では、7時出船の午前船、11時出船の午後船と2便で出船中で、いずれもリーズナブルな金額で沖釣りを楽しむことができる。

絶好期に入れば、束釣りも珍しくない。魚影の濃さとポイントが至近であることで可能になる

ダブルで良型ゲット。

江の島沖周辺がメインのポイント。

丸々と太った良型主体だった。これから数が釣れるように。

エサはジャリメ。船上におがくずが用意してあるのでエサ付けしやすい。

「大きいでしょ!」。船釣り2回目という横須賀市の村松鷹くんは春休みの一日を楽しんだ。

食いを見てエサの長さを調整する。白いのは滑り止め用に片栗粉をまぶしたもの。

このサイズでも小型の部類だった。

船宿仕掛けと船宿オリジナルテンビン。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・片瀬港「島きち丸」。

気温がぐんぐんと上がって沖釣りが気持ちいい季節になってきた。相模湾のシロギス釣りもそんな気持ちよく楽しめる釣りのひとつで、これからの時期に特におすすめだ。
「今年は水温が低く、暖かくなってもなかなか釣果が上がりませんでしたが、4月に入ってようやく食いが上向いてきました」と、片瀬港「島きち丸」の前田信義船長船長は言う。
3月後半の開始直後は水深も深く、シロギスの活性も低かったという。取材日も苦戦が予想された。
「アタリがあってもスグにアワせるとハリ掛かりしませんよ。一度掛けそこなうとそのあとなかなかエサを追ってきません。じっくり食わせたほうが良いよ」と仲乗りさんが船上でアドバイス。
ポイントは港を出て数分の江の島沖。この近さもうれしい。水深は20〜30mほどと少し深いが、船長の心配をよそに開始から良型のシロギスが上がりだす。小型はほとんどまじらず、みな丸々としたものばかりだ。
7時出船の午前便は10時半ごろまで、11時出船の午後船は14時半ごろまでと3時間半の釣りながら、絶好期に入れば束釣りも珍しくないという。魚影の濃さとポイントが至近であることで可能になる。ファミリーやカップルなどで楽しむのもおすすめだ。

以上の記事は「つり丸」2014年5月1日号の掲載情報です。

関連記事
大原沖のショウサイフグが開幕から絶好調続き!大原港「長福丸」でも連日、好釣果に沸いている!この秋はショウサイフグ釣りの大チャンスだ!
相模湾のライトイナダ五目は水深も浅く、ライトタックルで狙えるので女性、ファミリーにも優しい釣り物!食わせサビキとウイリーで狙うLTイナダ五目!カンパチ、アジ、イサキもまじって楽しいよ!!
東京湾のイシモチが秋の数釣りベストシーズンに突入!手軽に釣ることができるが奥深さもある!派手なアタリと強い引き、そして秋の味覚を楽しもう。
大原沖のテンヤマダイ!この時期は水深10m台〜20m台の浅場がメイン!中小型主体だが時に大型も!アタリ多くゲストも多彩なのでビギナーにもオススメだ!
仙台湾のヒラメが激アツ!ビシアジで大アジ狙い!五目釣りを満喫したあとはイワシエサでバクバクヒラメ釣り!!東北の沖釣りなら、おまかせの針生秀一さんが今期のヒラメ釣法を解説。
最新記事
新島沖キンメゲームの本格シーズン到来!激うま良型キンメダイをジグで攻略する基本メソッドとは?初挑戦を考えるアングラーに基本タクティクスを紹介する!
大原沖のショウサイフグが開幕から絶好調続き!大原港「長福丸」でも連日、好釣果に沸いている!この秋はショウサイフグ釣りの大チャンスだ!
夜釣りはむろん防災にも便利なランタン「LEDスクエアーマルチランタン」
相模湾のライトイナダ五目は水深も浅く、ライトタックルで狙えるので女性、ファミリーにも優しい釣り物!食わせサビキとウイリーで狙うLTイナダ五目!カンパチ、アジ、イサキもまじって楽しいよ!!
東京湾のイシモチが秋の数釣りベストシーズンに突入!手軽に釣ることができるが奥深さもある!派手なアタリと強い引き、そして秋の味覚を楽しもう。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読