ポイントは超至近! 江の島沖のシロギス【相模湾・江の島沖】

ポイントは超至近! 江の島沖のシロギス【相模湾・江の島沖】

相模湾で手軽に楽しめる沖釣りターゲットの筆頭はシロギス釣りだろう。中でも短時間で楽しめるショートフィッシングが人気を集めている。片瀬港「島きち丸」では、7時出船の午前船、11時出船の午後船と2便で出船中で、いずれもリーズナブルな金額で沖釣りを楽しむことができる。


絶好期に入れば、束釣りも珍しくない。魚影の濃さとポイントが至近であることで可能になる

ダブルで良型ゲット。

江の島沖周辺がメインのポイント。

丸々と太った良型主体だった。これから数が釣れるように。

エサはジャリメ。船上におがくずが用意してあるのでエサ付けしやすい。

「大きいでしょ!」。船釣り2回目という横須賀市の村松鷹くんは春休みの一日を楽しんだ。

食いを見てエサの長さを調整する。白いのは滑り止め用に片栗粉をまぶしたもの。

このサイズでも小型の部類だった。

船宿仕掛けと船宿オリジナルテンビン。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・片瀬港「島きち丸」。

気温がぐんぐんと上がって沖釣りが気持ちいい季節になってきた。相模湾のシロギス釣りもそんな気持ちよく楽しめる釣りのひとつで、これからの時期に特におすすめだ。
「今年は水温が低く、暖かくなってもなかなか釣果が上がりませんでしたが、4月に入ってようやく食いが上向いてきました」と、片瀬港「島きち丸」の前田信義船長船長は言う。
3月後半の開始直後は水深も深く、シロギスの活性も低かったという。取材日も苦戦が予想された。
「アタリがあってもスグにアワせるとハリ掛かりしませんよ。一度掛けそこなうとそのあとなかなかエサを追ってきません。じっくり食わせたほうが良いよ」と仲乗りさんが船上でアドバイス。
ポイントは港を出て数分の江の島沖。この近さもうれしい。水深は20〜30mほどと少し深いが、船長の心配をよそに開始から良型のシロギスが上がりだす。小型はほとんどまじらず、みな丸々としたものばかりだ。
7時出船の午前便は10時半ごろまで、11時出船の午後船は14時半ごろまでと3時間半の釣りながら、絶好期に入れば束釣りも珍しくないという。魚影の濃さとポイントが至近であることで可能になる。ファミリーやカップルなどで楽しむのもおすすめだ。

以上の記事は「つり丸」2014年5月1日号の掲載情報です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

http://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


シーズンはまだまだ続く! 相模湾のキハダ&カツオ(沖右ヱ門丸)

シーズンはまだまだ続く! 相模湾のキハダ&カツオ(沖右ヱ門丸)

相模湾のコマセ釣りにおけるキハダ&カツオ釣りは、8月からスタートしている。今シーズンの解禁初日は、カツオの好釣で開幕した。2〜4㎏のサイズが主体で、トップで5〜10本を記録する船が多かった。その後も好釣果に沸く日が多く、クーラー満タン釣れすぎ早揚がりとなる日もあった。


相模湾のルアーキハダ、イワシ回遊で大チャンスだ!(邦丸)

相模湾のルアーキハダ、イワシ回遊で大チャンスだ!(邦丸)

コマセ釣りが解禁して間もなく、相模湾にカタクチイワシが回遊し、突如としてルアーの釣果が上向いた。各所でトリヤマが立ち、キハダが巨大な水飛沫を上げてボイルしているのだ。さらにアベレージサイズも25〜30㎏とひと回り大きくなり、非常にエキサイティングな状況となっている。


コツは指示ダナを守ること! キハダの仕掛けをご紹介(湘南 海成丸)

コツは指示ダナを守ること! キハダの仕掛けをご紹介(湘南 海成丸)

今回、「湘南 海成丸」の取材は二日間敢行。その二日で女将は20㎏以上と思われるキハダを4回ヒットさせた。惜しくも海面でキハダをサメに食われたり、オマツリしてハリスが切れるなどして取り込むことはできなかったが、渋いなか連発させたのは驚異的だった。


20kg越えデカキハダもヒット! さぁ、万全の態勢で挑め!(島きち丸)

20kg越えデカキハダもヒット! さぁ、万全の態勢で挑め!(島きち丸)

キメジ主体で開幕した2015相模湾カツオ&キハダのコマセ釣り。当初は絶好調だったが、その後イワシが回遊した影響か、キメジはコマセへの反応があまりよくなくなってしまった。


最盛期が近づき上向き傾向! 東京湾のシロギス釣り(かめだや)

最盛期が近づき上向き傾向! 東京湾のシロギス釣り(かめだや)

釣って楽しく、食べて美味しいシロギス。最盛期が近づき釣果が上向いてきている。浅場を狙うこの時期は、アタリがわかりやすく、ヒットすればキュンキュンと力強く竿を曲げてくれるので、初めてでも釣りのおもしろさが味わえる。


最新の投稿


猿島沖〜第二海堡沖のアジが絶好調! ファミリーにも(村上釣舟店)

猿島沖〜第二海堡沖のアジが絶好調! ファミリーにも(村上釣舟店)

残暑がまだまだ厳しい9月。新安浦港「村上釣船店・千代吉丸」の半日アジ船がオススメだ! 新安浦港の目の前の猿島周辺から第2海堡沖あたりがポイントとなるので、航程約10〜20分と至近距離なのがうれしい。


釣りたてカマスに金アジ! 内房・金谷沖のグルメリレー(さえむ丸)

釣りたてカマスに金アジ! 内房・金谷沖のグルメリレー(さえむ丸)

夏の金谷の風物詩、カマス・アジのリレー釣りが始まった。金谷港「さえむ丸」では、カマスはトップ30匹前後と好釣果が続いている。カマスのサイズは平均30㎝の良型、食べるにはちょうど良いサイズがそろっている。


魚影バツグン! 東京湾のタチウオ、今年もイケそう!(小川丸)

魚影バツグン! 東京湾のタチウオ、今年もイケそう!(小川丸)

すっかり夏の東京湾の釣り物として定着したタチウオ。昨シーズンが冬場までずっと釣れ盛っただけに、今季を危ぶむ声もあったがどうしてどうして。


上越沖のオキメバルは良型の数釣りが魅力だ!(第三いしなぎ)

上越沖のオキメバルは良型の数釣りが魅力だ!(第三いしなぎ)

新潟の夏は高温多湿。そんな厳しい状態であってもこの時期上越地域で非常に人気が高いのがオキメバル釣りである。


高級根魚が好シーズン! アカハタ&カサゴの釣り方&仕掛け(達丸)

高級根魚が好シーズン! アカハタ&カサゴの釣り方&仕掛け(達丸)

東伊豆・伊東港「達丸」では、ゴールデンウイーク後からアカハタ・カサゴ狙いで本格的に出船している。「水温が上がって、ようやくアカハタが数釣れるようになってきました。カサゴはずっと好調です。アカハタもカサゴも、エサ釣りでも、ルアーでも狙えます」とは「達丸」の渡邉達也船長。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読