MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
旬の釣りアジで究極のアジフライを作る! 其の弐【相模湾】

旬の釣りアジで究極のアジフライを作る! 其の弐【相模湾】

7月のアジ釣り第2弾は相模湾・瀬の海。この海で釣れるアジの特徴は大型主体!しかも、この時期の大型は真子または白子を持っており、もちろん脂もタップリ。迫力のビッグアジフライが作れるというわけだ。まずは、深い水深を狙っていくという、瀬の海のビシアジ釣りについて紹介していこう。

大型ぞくぞく。いかにも旬らしいぷっくりとしたアジばかり

こんな大型が主体! 丸々ぷっくりだ。

「うわ~すごい。おっきい~! これは夕飯が楽しみですね」とコジレイも大喜び。

今回取材でお世話になった船宿、神奈川・大磯港「とうふや丸」。

「深い水深」を意識して道具や釣りを組み立てよう

この中型も脂たっぷりで最高にうまい。

瀬の海のビシアジ釣りにおける道具や釣り方は特別なことはないが、意識しておきたいのは「水深が深い」ということ。100m前後を狙うのだ。潮流が極端に速くなるということは少ないが、深い分糸フケが出やすくなる。
糸フケが出るとオマツリやタナボケの原因になり、釣果は伸びにくい。
そこでここからは、その「水深」を意識した道具や釣り方について解説していこう。

バレ防止&食い渋りには軟調竿も有効!

瀬の海のビシアジ釣りで使う竿は、取材日はバラシを減らすためにショックを吸収しやすい6対4または5対5の軟調竿を好んで使う人が多かった。水深が深いために、やり取りの時間が長くなりバレやすというのがその理由のようだ。

マアジ仕掛け

ビシは130号。相模湾ではコマセが出にくいプラビシが一般的。東京湾で使われるアンドンビシも使用可能だが、目の粗いタイプはNGだ。仕掛けは全長2m前後の2~3本バリ。サバが多いときはオマツリが多発するので、仕掛けの予備は多めに用意しておこう。

深い水深を常に意識。「糸フケ」を最小限にしてタナ取りを!

相模湾のビシアジ釣り

「とうふや丸」では、アンカーを打ってのカカリ釣りが基本。状況によってはアンカーを打たないこともあるが、この場合でも基本的な釣り方は変わらない。
仕掛けを降ろす際は、途中で道糸の放出を数十メートルに一回止めたり、ブレーキをかけたりして、できるだけ糸フケが出ないようビシを着底させるようにしたい。この動作はオマツリを減らすだけでなく「正確なタナ取り」を行うためにひと役買う。

お手軽にアジを狙うなら「LTウイリー」「LT五目」という楽しみ方も

水深100m前後でビシ130号を使う一般的なビシアジ釣りは、どうしても道具がヘビーなのでとくに初心者や女性の中にはちょっとキツイと思う人もいるだろう。
そこで、30~40号のビシを使い、水深20~50m程度の浅場を狙う「LTウイリー」「LT五目」という釣りもある。名前は違ってもどちらもウイリー仕掛けを使うので、アジをメインにイサキやサバ、メジナなど、様々な魚が釣れるというのも楽しい。ファミリーフィッシングにもおすすめだ。

ビシアジは共同作業だ

おいしそうな中型アジと良型サバ。これだけでもう十分!

相模湾に限ったことではないが、とくにこのビシアジ釣りは乗船した釣り人が協力して釣りをすることがいい釣果につながりやすい。
たとえば、待ちすぎないで手返しよくコマセの詰め換えを行うことは重要だが、ビシを回収するタイミングにもできれば気を配りたい。全員が同時に仕掛けを回収してしまうと、コマセが途切れてしまうことになるからだ。
「船中の誰かが必ず仕掛けが入っているように、周りを見ながら釣りするといいですよ」とは常連さん。
隣の釣り人を見たり、電動リールの巻き上げ音をよく聞いたりして、他の釣り人とタイミングをずらしてコマセの詰め換えを行おう。

↓「旬の釣りアジで究極のアジフライを作ろう! 其の参」も、ぜひお読みください↓

以上の記事は「つり丸」2012年7月15日号の掲載情報です。


つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
タックルは標準的なシロギス用でOK。1.5〜2mのシロギス竿に小型スピニングリールの組み合わせ。道糸はPEラインの1号以下を巻いておく。ナイロンラインはアタリがわかりづらくなりオススメではない。
更新: 2019-02-17 12:00:00 公開: 2019-02-17 12:00:00
久里浜沖のマダイを狙う時のタックルは、標準的なコマセマダイ用でOK。竿は80号のビシを背負えるコマセマダイ用2.4〜3.6m。リールは小型電動。道糸としてPEライン3〜4号を200m以上巻いておく。
更新: 2019-02-16 12:00:00 公開: 2019-02-16 12:00:00
外房・片貝沖のヤリイカがいよいよ本格シーズン!仕掛けはプラヅノ11㎝のブランコ式が基本。ツノ数は5〜7本。慣れた人は10本前後の仕掛けもいるが、底付近でしか乗らないときはツノ数を多くしない方が効率がいい。
更新: 2019-02-16 07:00:00 公開: 2019-02-16 07:00:00
片貝沖のアコウダイ釣りが開幕した。さっそく片貝旧港「正一丸」へと取材に行ってきた。当日は日並みが良く、2〜4㎏のアコウが次々と浮上。深場釣り師なら一度はやってみたいと思う憧れの提灯行列が連発!
更新: 2019-02-15 12:00:00 公開: 2019-02-15 12:00:00
「ようやく黒潮が島から離れ、水温が下がり始めました。シーズンはこれからだと思います。手ぶらで来てもらっても、船釣りができるくらい、なんでもレンタルできます」と話す、アサギクの若番頭、荒井聖司さん。
更新: 2019-02-15 07:00:00 公開: 2019-02-15 07:00:00
最新記事
タックルは標準的なシロギス用でOK。1.5〜2mのシロギス竿に小型スピニングリールの組み合わせ。道糸はPEラインの1号以下を巻いておく。ナイロンラインはアタリがわかりづらくなりオススメではない。
更新: 2019-02-17 12:00:00 公開: 2019-02-17 12:00:00
久里浜沖のマダイを狙う時のタックルは、標準的なコマセマダイ用でOK。竿は80号のビシを背負えるコマセマダイ用2.4〜3.6m。リールは小型電動。道糸としてPEライン3〜4号を200m以上巻いておく。
更新: 2019-02-16 12:00:00 公開: 2019-02-16 12:00:00
外房・片貝沖のヤリイカがいよいよ本格シーズン!仕掛けはプラヅノ11㎝のブランコ式が基本。ツノ数は5〜7本。慣れた人は10本前後の仕掛けもいるが、底付近でしか乗らないときはツノ数を多くしない方が効率がいい。
更新: 2019-02-16 07:00:00 公開: 2019-02-16 07:00:00
片貝沖のアコウダイ釣りが開幕した。さっそく片貝旧港「正一丸」へと取材に行ってきた。当日は日並みが良く、2〜4㎏のアコウが次々と浮上。深場釣り師なら一度はやってみたいと思う憧れの提灯行列が連発!
更新: 2019-02-15 12:00:00 公開: 2019-02-15 12:00:00
「ようやく黒潮が島から離れ、水温が下がり始めました。シーズンはこれからだと思います。手ぶらで来てもらっても、船釣りができるくらい、なんでもレンタルできます」と話す、アサギクの若番頭、荒井聖司さん。
更新: 2019-02-15 07:00:00 公開: 2019-02-15 07:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読