MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
なぜ「走水の」と肩書きがつく? このアジが格別だからだ【走水沖】

なぜ「走水の」と肩書きがつく? このアジが格別だからだ【走水沖】

走水のアジが堅調。8月に入るとサバも釣れるようになる。この時期のゴマサバは脂が乗って激旨。さらにカサゴなども混じる。すごいぞ、走水。これは行かないわけにはいきません。

取材日は台風後二日目ということもあって良型アジは苦戦したが、浅場の金アジはほぼ入れ食い状態

当日は水深15〜40mのポイントを狙った。

走水沖のアジは堅調な釣果が続いている!

潮が速い時は、頻繁にタナを取り直そう!

走水沖のアジはとても美味!

付けエサはアカタン。

取材当日は中小型が好調に数釣れた!

仕掛けはハリス2号の2〜3本バリ。

こちらはトリプル!

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・走水「政信丸」。

走水のアジといえば、釣り人なら知らない人はいないブランドだ。なぜ「走水の」と肩書きが付いているのか? それは格別に旨いからだ!
この走水のアジが堅調だ。おおむねトップで20〜30匹前後の釣果で推移している。アベレージサイズは30㎝前後。ときには40㎝オーバーもまじる。
さらに走水沖では、8月に入るとサバも釣れるようになる。この時期のゴマサバは脂が乗って激旨なのだ。なかにはサバを狙って出船する船宿もあるほどだ。
今回の取材先である、走水港「政信丸」は予約乗合制だが、そのほとんどがアジ狙いで出船している。取材日は、台風後二日目ということもあって良型アジは苦戦したが、浅場の金アジはほぼ入れ食い状態になった。また、これにカサゴなどもまじり、数釣りが存分に楽しめた。
「政信丸」では、船長の許可を得られれば、釣ったアジを泳がせてヒラメやワラサ、ブリが狙える。走水沖の激旨アジを、釣って食べるもよし。泳がせるもよし。とにかく夏は走水で熱くなろう!

以上の記事は「つり丸」2014年8月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
寒さはいよいよ本格化して厳寒期に突入する。そんな状況ながらサイズがいいのが現在の特徴だ。上がってくるフグはいずれも30㎝オーバーばかり。鹿島沖のショウサイフグは水温10度切るぐらいまで釣れ続く。
鹿島沖のヒラメが絶好調!数はもちろん、大判の「座布団ヒラメ」も出現中!釣行日前半は、毎回の流しのたびに船中で連発ヒラメフィーバー。トップは7枚まで一気に数を伸ばし、平均5枚の爆釣ぶり。
東京湾のアジは、昨年の秋から広範囲で好調。1月前半の時点でも数釣りが継続しており好調だ。走水港「吉明丸」では走水沖〜下浦沖の広範囲を狙って、トップ40匹台、50匹台をコンスタントに記録している。
気持ちいい新年を迎えた関東周年。富浦沖は、高水温が続き、すべての魚たちが高活性!ナイスボディの個体がそろう!冬の落ちのマダイシーズンはこれから!良型マダイを求めて富浦沖へ行こう!
千葉・飯岡沖のヒラメが冬の好機を迎えようとしている。、イワシを追った渡りのヒラメは4㎏、5㎏といった大判サイズが多くなりますと「幸丸」実川和也船長。大型のチャンスだけでなく、食味も楽しみだ。
最新記事
パールカラー&ケイムラ発光のビーズ登場「ケイムラパール玉」
重郎平丸(伊豆諸島・神津島)の詳細情報。出船場所、電話番号、紹介、写真などを紹介。
ちがさき丸(相模湾・茅ヶ崎)の詳細情報。出船場所、電話番号、紹介、写真などを紹介。
寒さはいよいよ本格化して厳寒期に突入する。そんな状況ながらサイズがいいのが現在の特徴だ。上がってくるフグはいずれも30㎝オーバーばかり。鹿島沖のショウサイフグは水温10度切るぐらいまで釣れ続く。
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読