MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
なぜ「走水の」と肩書きがつく? このアジが格別だからだ【走水沖】

なぜ「走水の」と肩書きがつく? このアジが格別だからだ【走水沖】

走水のアジが堅調。8月に入るとサバも釣れるようになる。この時期のゴマサバは脂が乗って激旨。さらにカサゴなども混じる。すごいぞ、走水。これは行かないわけにはいきません。

取材日は台風後二日目ということもあって良型アジは苦戦したが、浅場の金アジはほぼ入れ食い状態

当日は水深15〜40mのポイントを狙った。

走水沖のアジは堅調な釣果が続いている!

潮が速い時は、頻繁にタナを取り直そう!

走水沖のアジはとても美味!

付けエサはアカタン。

取材当日は中小型が好調に数釣れた!

仕掛けはハリス2号の2〜3本バリ。

こちらはトリプル!

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・走水「政信丸」。

走水のアジといえば、釣り人なら知らない人はいないブランドだ。なぜ「走水の」と肩書きが付いているのか? それは格別に旨いからだ!
この走水のアジが堅調だ。おおむねトップで20〜30匹前後の釣果で推移している。アベレージサイズは30㎝前後。ときには40㎝オーバーもまじる。
さらに走水沖では、8月に入るとサバも釣れるようになる。この時期のゴマサバは脂が乗って激旨なのだ。なかにはサバを狙って出船する船宿もあるほどだ。
今回の取材先である、走水港「政信丸」は予約乗合制だが、そのほとんどがアジ狙いで出船している。取材日は、台風後二日目ということもあって良型アジは苦戦したが、浅場の金アジはほぼ入れ食い状態になった。また、これにカサゴなどもまじり、数釣りが存分に楽しめた。
「政信丸」では、船長の許可を得られれば、釣ったアジを泳がせてヒラメやワラサ、ブリが狙える。走水沖の激旨アジを、釣って食べるもよし。泳がせるもよし。とにかく夏は走水で熱くなろう!

以上の記事は「つり丸」2014年8月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
沼津沖は3月中旬ぐらいから4〜5㎏級の大型が上がり始めている。反応はしっかりとあるが、警戒心が強く、気難しい乗っ込みマダイ!波静かな海でじっくりと狙おう!条件がそろえばアタリは増えてくるぞ。
更新: 2019-04-25 12:00:00
うまいアジが東京湾・走水沖で好調に釣れている。「今、30㎝前後から35㎝くらいのの中大型がたくさん釣れていますよ。ここにきて水温も上がってアジの活性も高くなりました」とは、走水港「政信丸」の廣川政信船長。
更新: 2019-04-25 07:00:00
外房・飯岡沖のポイントは水深30mほど。このエリアはとても釣りやすく、ビギナーも手軽にマダイを手にできるチャンスだ。マダイだけはなく、ハナダイのアタリも多く、大型まじりでお土産の期待できるぞ!
更新: 2019-04-24 12:00:00
ほぼ周年楽しめる南房江見沖のアカムツだが、本格シーズンは4〜12月。そのロングランシーズンが開幕した。高級魚としてすっかりおなじみになったアカムツ。水深250m深場にナイスボディで美味な個体が勢ぞろい中だ。
更新: 2019-04-24 07:00:00
網代港「ゆたか丸」の遠征シマアジ・イサキ五目釣りがスタートした。イサキを主体に多彩なゲストが釣れる楽しさいっぱい。イサキはもとより、開幕直後の狙い目はシマアジ。強烈な引きが魅力の高級魚だ。
更新: 2019-04-23 12:00:00
最新記事
伊豆遠征ファンが心待ちしていた銭洲が解禁日を迎えた。日帰りでカンパチ狙いができる希少なフィールド。シーズン初期は小型が中心ながらもまさに入れ食いが期待できる。シマアジ、カンパチなど大物釣りを楽しもう。
更新: 2019-04-26 12:00:00
春告魚、メバルが活況だ。「うちでは2月からスタートしましたが、昨年より数が多いです。特大はなかなかお目にかかれませんが、25㎝位までならけっこうまじって楽しめますよ」とは、長浦港「こなや」の進藤船長。
更新: 2019-04-26 07:00:00
沼津沖は3月中旬ぐらいから4〜5㎏級の大型が上がり始めている。反応はしっかりとあるが、警戒心が強く、気難しい乗っ込みマダイ!波静かな海でじっくりと狙おう!条件がそろえばアタリは増えてくるぞ。
更新: 2019-04-25 12:00:00
うまいアジが東京湾・走水沖で好調に釣れている。「今、30㎝前後から35㎝くらいのの中大型がたくさん釣れていますよ。ここにきて水温も上がってアジの活性も高くなりました」とは、走水港「政信丸」の廣川政信船長。
更新: 2019-04-25 07:00:00
外房・飯岡沖のポイントは水深30mほど。このエリアはとても釣りやすく、ビギナーも手軽にマダイを手にできるチャンスだ。マダイだけはなく、ハナダイのアタリも多く、大型まじりでお土産の期待できるぞ!
更新: 2019-04-24 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読