MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
安定感抜群! サイズも大小色々、小湊沖のマルイカ【外房・小湊沖】

安定感抜群! サイズも大小色々、小湊沖のマルイカ【外房・小湊沖】

今シーズンのマルイカは開幕から各地で活況を呈していた。しかし、春の潮の変わり目の時期になり、一時不調になるポイントも多くなってファンをやきもきさせていた。だが、この小湊沖は絶大な安定感を発揮して、ファンが押しかけている。

perm_media 《画像ギャラリー》安定感抜群! サイズも大小色々、小湊沖のマルイカ【外房・小湊沖】の画像をチェック! navigate_next

この日は中型主体だったが、数を伸ばす人は「マイクロサイズ」のアタリを取って確実に掛けていった

大き目のスッテにはやはり良型のマルイカが乗ってくる。

ポイントは小湊から鴨川沖にかけて。水深は80〜110mほど。

水深は深いがイカは小型サイズも多い。このサイズのアタリを取れると数が伸びる。

水深は深いがアタリを取って積極的にアワせていこう。また巻き落としも多用しよう。

「連チャンしてるよ〜!」と2日連続で乗船している工藤さん。

水深が深いので、直結ブラ仕掛けもオススメ。リールは小型電動があると便利だ。

今シーズンは小湊沖名物の大型はあまり多くないが、これから楽しみだ。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・小湊港「寿々木丸」。

「今シーズンは浅い場所で釣れるようになるのが早く、3月後半には40mぐらいに群れが入っていました。サイズは中小メインですが、反応は多くイカはたくさんいて感触はかなりいいですよ」と、小湊港「寿々木丸」の鈴木達也船長は言う。
例年、4月後半から連休ごろに浅場に入ってくる同地のマルイカだが、今年は1ヵ月以上早いという。その後、青物の回遊があり、取材日の数日前から群れが深場に移動したが、船長によると、これは一時的なことだという。小湊沖は、さまざまな魚が集まる場所で、イカやアジなどが多ければ、それを追ってくる青物も当然多い。青物が多くなりすぎるとイカが不調になることが多いが、今シーズンはイカ自体の群れが多いので、心配することもないという。
この日は中型主体だったが、数を伸ばす人は「マイクロサイズ」のアタリを取って確実に掛けていった。水深が深いときは手巻き、電動の両方を用意しておきたい。今後は、どんどん浅くなり、刺激的なLTマルイカが楽しめる。

以上の記事は「つり丸」2014年5月1日号の掲載情報です。

関連記事
ライトルアーゲームで楽しむ東京湾の春。ターゲットはシーバスをメインにいろいろ!シーバス、マゴチ、マダイetc釣れる魚を楽しく釣っていくシーバス五目ゲームを紹介!
今期は当たり年という外房川津沖周辺のマダイ!アベレージは堂々のロクマル!外房屈指の大ダイ場も乗っ込み中だ!一定の速度で巻き巻きしてゲットしよう!
オールシーズンゲームとなっている東京湾タチウオジギング!今回は前半戦だけで30本を記録した猛者がいるほどの食いっぷり!気軽に楽しめる釣りとしてジギングデビューにもおすすめだ。
何が掛かるか分からない!小さなジグで大きな魚を獲る!外房・大原沖でスーパーライトジギングが大盛況だ!潮況が合えばワラサやサワラの回遊魚も期待十分!
3月の鹿島沖テンヤマダイ船は、ジグマダイ船になった!45~60gの小型タングステンジグが大活躍!うれしいゲストはホウボウ&メバル!ぜひ挑戦してみてほしい!
最新記事
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
外房・飯岡沖のひとつテンヤマダイで、数釣りと大ダイ、両方狙える面白いシーズンがやってきた。「梅花丸」では毎年大ダイダービーもやっているので是非チャレンジを!
ビッグシーバスに対応するミディアムパワー設計のトレブルフック「トレブルRBジャイアントベイトSP」
ライトルアーゲームで楽しむ東京湾の春。ターゲットはシーバスをメインにいろいろ!シーバス、マゴチ、マダイetc釣れる魚を楽しく釣っていくシーバス五目ゲームを紹介!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル