MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
大型スタート! そろそろ二ケタ釣果も!? 東京湾のマゴチ【東京湾】

大型スタート! そろそろ二ケタ釣果も!? 東京湾のマゴチ【東京湾】

「コンコンと叩くようなアタリに竿先を下げて食い込みを待つ。7つ数えるくらい待ってからゆっくり糸を張って、竿の胴にグッと重みが乗ったらアワセ時」とは、金沢八景「一之瀬丸」渡辺直人船長のレクチャー。よく似たような釣りとしてヒラメと対比されるが、食い込ませる難しさはマゴチの方が上。このアワセの難しさがマゴチ釣りの面白さだ。

perm_media 《画像ギャラリー》大型スタート! そろそろ二ケタ釣果も!? 東京湾のマゴチ【東京湾】の画像をチェック! navigate_next

春の潮に変わればトップ10本以上の数釣りも期待できる

今年も東京湾のマゴチが開幕した。開幕直後が大型の確率も高い。良型狙いで出かけてみては。

アタリからアワセまでのスリルがこの釣りのダイゴ味。アワセが決まって竿に重さが乗った瞬間が快感!

マゴチのもうひとつの楽しみは引きのよさ。海面までよく暴れてくれる。

マゴチは食味も魅力の高級魚。淡白な白身は上品な甘さと旨味がある。

今の時期、エサは生きエビがメイン。「一之瀬丸」ではこのサイマキを使う。

ヒラメもエビエサにアタックしてきた。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・金沢八景「一之瀬丸」。

東京湾で早くもマゴチ釣りが開幕した。
「照りゴチ」などと呼ばれ、真夏の釣りの代表選手と思われがちなマゴチだが、実はその釣期は長く、ほぼ周年楽しめるといってもいいくらい。
しかも開幕初期には大型が釣れる確率が高いとあって、しっかりと防寒着を着込みながら通い詰めるファンも多いのだ。
3月21日に乗合を開始した金沢八景「一之瀬丸」では、翌22日に60㎝オーバー、その後も55㎝級が連日上がるなど「初期は大型」を地で行く釣果となっている。
「今年は潮が一ヶ月くらい遅れている感じがしますね。そのため今のところ数は出てないですが、型は大から特大まじりで楽しめますよ。そろそろ水温も上昇傾向なので、春の潮に変わればトップ10本以上の数釣りも期待できると思います」とはマゴチ船担当の渡辺直人船長だ。
目下のエサはサイマキ(小型の車エビ)。ハゼやメゴチの魚エサに比べ、食い込みは良いとは言うもののアワセのタイミングは難しく、これがまたこの釣りのオモシロさでもある。
ビシッ! とアワセが決まった瞬間の快感はマゴチ釣りならではだ。春のマゴチ釣りを楽しんでみては。

以上の記事は「つり丸」2014年5月1日号の掲載情報です。

関連記事
南房・洲崎沖のカサゴ五目が最盛期へ!狙いは35㎝級の良型!カサゴの他に、アカハタ、ハマタ、メバルなど多彩なゲストも魅力!ぜひ狙ってみよう!
外房・大原沖のイサキが本格シーズン突入!連日トップは50匹の定量!数釣りが楽しめ、食べても美味しい大原沖のイサキ。6月のイチ押しターゲットだ!
東京湾のタチウオ!王道テンビン仕掛けで激戦区でも誘って掛ける!LTタックの真骨頂!がまかつフィールドテスター田中義博さんの攻略法!
好シーズンに突入中!東京湾のビシアジ。取材日は中小型の数釣り!のち大型も数釣り!!大アジ3点掛け連発で絶好調!今後も数釣りが期待大だ!!
相模湾の初夏の風物詩「ムギイカ・マルイカ」浅場で手返し良く、数が出るので人気が非常に高い!釣行日は厳しい釣りとなったが、前日はムギイカ中心に87杯を記録している!
最新記事
大物の聖地、銭洲の一番熱いシーズンが到来!アカイカ&ムロアジの泳がせ釣りで狙う、激うま大型カンパチが乗っ込み中だ!イカorムロのタックルを準備して臨もう!
カラーバリエーション豊富なタイラバ用カーリーネクタイユニット「桜幻 マルチカーリーネクタイユニット」
ルアーアングラーにおすすめなのが、東京湾のタイラバゲーム。乗っ込み後の浅場に群れるマダイを狙い撃ち!キャストして広範囲を攻めよう!
コクハンハタ(スズキ目ハタ科ユカタハタ属)とても珍しい魚で、本州ではまだ見つかっていない模様。三重県、和歌山県で目撃したという情報があるが、残念ながら画像が不鮮明で、らしい魚としかいいようがない。
南房・洲崎沖のカサゴ五目が最盛期へ!狙いは35㎝級の良型!カサゴの他に、アカハタ、ハマタ、メバルなど多彩なゲストも魅力!ぜひ狙ってみよう!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル