MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
大型スタート! そろそろ二ケタ釣果も!? 東京湾のマゴチ【東京湾】

大型スタート! そろそろ二ケタ釣果も!? 東京湾のマゴチ【東京湾】

「コンコンと叩くようなアタリに竿先を下げて食い込みを待つ。7つ数えるくらい待ってからゆっくり糸を張って、竿の胴にグッと重みが乗ったらアワセ時」とは、金沢八景「一之瀬丸」渡辺直人船長のレクチャー。よく似たような釣りとしてヒラメと対比されるが、食い込ませる難しさはマゴチの方が上。このアワセの難しさがマゴチ釣りの面白さだ。

perm_media 《画像ギャラリー》大型スタート! そろそろ二ケタ釣果も!? 東京湾のマゴチ【東京湾】の画像をチェック! navigate_next

春の潮に変わればトップ10本以上の数釣りも期待できる

今年も東京湾のマゴチが開幕した。開幕直後が大型の確率も高い。良型狙いで出かけてみては。

アタリからアワセまでのスリルがこの釣りのダイゴ味。アワセが決まって竿に重さが乗った瞬間が快感!

マゴチのもうひとつの楽しみは引きのよさ。海面までよく暴れてくれる。

マゴチは食味も魅力の高級魚。淡白な白身は上品な甘さと旨味がある。

今の時期、エサは生きエビがメイン。「一之瀬丸」ではこのサイマキを使う。

ヒラメもエビエサにアタックしてきた。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・金沢八景「一之瀬丸」。

東京湾で早くもマゴチ釣りが開幕した。
「照りゴチ」などと呼ばれ、真夏の釣りの代表選手と思われがちなマゴチだが、実はその釣期は長く、ほぼ周年楽しめるといってもいいくらい。
しかも開幕初期には大型が釣れる確率が高いとあって、しっかりと防寒着を着込みながら通い詰めるファンも多いのだ。
3月21日に乗合を開始した金沢八景「一之瀬丸」では、翌22日に60㎝オーバー、その後も55㎝級が連日上がるなど「初期は大型」を地で行く釣果となっている。
「今年は潮が一ヶ月くらい遅れている感じがしますね。そのため今のところ数は出てないですが、型は大から特大まじりで楽しめますよ。そろそろ水温も上昇傾向なので、春の潮に変わればトップ10本以上の数釣りも期待できると思います」とはマゴチ船担当の渡辺直人船長だ。
目下のエサはサイマキ(小型の車エビ)。ハゼやメゴチの魚エサに比べ、食い込みは良いとは言うもののアワセのタイミングは難しく、これがまたこの釣りのオモシロさでもある。
ビシッ! とアワセが決まった瞬間の快感はマゴチ釣りならではだ。春のマゴチ釣りを楽しんでみては。

以上の記事は「つり丸」2014年5月1日号の掲載情報です。

関連記事
久比里「巳之助丸」のアマダイは好シーズンに突入!連日好釣果が続き、日によっては50cm級も!釣趣と食味の優れたアマダイは、秋の沖釣りにも最適だ。
新潟・間瀬沖のアラ!御当地スタイル!マイワシエサで、「タナを取ったら放置」の釣法…。新潟県間瀬港「光海丸」小林聡船長のアラ釣り。この秋のオススメ!
鹿島沖のテンヤマダイが秋の好シーズン!取材日の最大は1㎏級であったが、8月1日には5.3㎏,8月19日には4.8㎏,8月22日には9.6㎏と5.8㎏を取り込んでいる!
宮城・亘埋沖。高活性のヒラメ釣り場は、ビギナー入門オーケーのヒラメ道場!生きイワシエサで釣るヒラメが高活性!全開モード!爆釣を体感しよう!
「つり丸・10月1日号(2021年)」の巻頭第1特集に掲載された相模湾のライトイナダ五目の取材の様子を公開!
最新記事
これからの季節の必需品。肌寒い日にぴったり。コンパクトで便利なウエア「DJ-3421(撥水ポケッタブルピステ)」
周年夜釣りが楽しめる沼津湾。この時期のターゲットはタチウオ!テンヤやルアーもOK!ベタナギ率が高い沼津湾で夜タチウオ釣りを楽しもう!
カンパチ、ワラサなどの青物に加え、オオモンハタなどの根魚も狙える!西伊豆・戸田のアジ泳がせ釣り!釣行日もオオモンハタ、ワラサと連続ヒット!
久比里「巳之助丸」のアマダイは好シーズンに突入!連日好釣果が続き、日によっては50cm級も!釣趣と食味の優れたアマダイは、秋の沖釣りにも最適だ。
しばって束ねる、簡単固定したいときの万能結束バンド「まとめ太郎、まとめ太郎Lock」
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル