MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
春パターン突入! 金沢八景沖のLTアジ【金沢八景沖】

春パターン突入! 金沢八景沖のLTアジ【金沢八景沖】

入門者はもちろん、女性や子供でもラクに扱えると、看板にあげる船宿が増え続けているLT(ライトタックル)での釣りだ。

短いスパンでチョンと出すコマセワークで爆釣を目指そう!!

小気味いい引きを楽しむDr近藤惣一郎。今号の連載では、明日に疲れを残さないストレッチなどを紹介。要チェックだ!!

強風&ウネリの中も笑顔で数を伸ばした近藤先生は、仕掛けの安定考え、3mの3本針で挑んだ。

当日は小型主体もLTならではの躍動感あふれるアジの引きを楽しんだ。

「シケでしたが、水深20〜30mだったんで、釣りやすかったです」と新高校生たち。タナは底から2〜3mだった。

仕掛けは、小型の片テンビンに1㎜×20㎝のクッションゴムをセット。ビシ40号を用い、2号2mの2本バリが基本スタイル。

コマセのカスがビシに詰まることがあるので、マメにチェック。取り除いてから詰め直そう。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川県・金沢八景「黒川丸」。

細糸を使った軽量&細身の道具で挑むLT(ライトタックル)での釣りは、繊細なアタリが簡単に取れ、また魚本来のパワーがそのままダイレクトに伝わる。スリリングなファイトが楽しめることもあり、ベテランのファンも多い。
そのもっともポピュラーなターゲット・マアジの食いが良くなる時期を迎え、様子を伺いに東京湾・金沢八景「黒川丸」を訪れた。「ちょっと前までは、午前船で平均50匹くらいかな。小振りながらも安定した食いを見せていたんだけど、ここ3〜4日は、食い渋ってる感じで…」と貝塚英明船長が言う。
詳しく尋ねると、マアジは春に向けて、一度釣果が落ちて、それから数、型ともに良くなってくるのが例年のパターンだと言う。
釣行日は、春一番が吹いた3月18日。海況が悪く、沖まで出られず近くの浅場で仕掛けを落とすことになったが、なんとこれが春シーズン開幕の合図に。
「この浅場で食うことがわかったのは大収穫。浅場に魚が集まるのも春の特徴。これからどんどん良くなるぞ。LTはビシが小さいので、コマセを大きく振り出さず、タナまで細かくチョンチョンと2回くらい出すのがコツ」と船長が笑顔でアドバイスをくれた。
さぁ、マアジ本来のシャープな引きを思いっきり楽しみに行きましょう!!

以上の記事は「つり丸」2014年5月1日号の掲載情報です。

関連記事
メインのイサキ&ハナダイ!マハタ、イナダ、ワラサ、カンパチ、アマダイ、マダイ…、ホウボウ、カイワリ、キントキ、ハガツオ…と十目釣り以上が可能なのが、江見沖のスーパーコマセ五目釣りだ!
カワハギシーズンの開幕です!鴨居大室港「五郎丸」さんに行ってきました。肝パン狙いもまだまだこれからです。ゲスト多彩で、釣って楽しく、食べて美味しいなんて魅力満載!
食わせフグに出船しているのは富津港の「浜新丸」。ターゲットはショウサイフグ、アカメフグ、コモンフグ!季節鍋ネタに最高!美味しいフグを釣りに行こう!
東京湾奥の人気ターゲット!脂の乗った金色に輝くアジが絶好釣!トップが束(100匹)超えの日もある!羽田「かめだや」では取材日に40.5cmが浮上!ベストシーズンの到来だ!
大型が高確率!テンヤタチウオが大ブレイク中だ!金沢八景「一之瀬丸」では140cm超えの神龍(シェンロン)が続々ヒット中!脂の乗り最高!塩焼きは超絶美味だゾ!!
最新記事
手入れしやすい冬の船釣り決定版防寒スーツ「マリンコールドウェザースーツEX」
ヒラソウダはスズキ目サバ科ソウダガツオ属。北海道以南。世界中の熱帯・亜熱帯・温帯域のやや岸よりも表層域に群れを作る。群れは作るがマルソウダの群れと比べると個体数が少ない。
リーリス前提、魚へのダメージを軽減するフィッシュメジャー「フィッシュケアメジャー LE-116 LE-117」
メインのイサキ&ハナダイ!マハタ、イナダ、ワラサ、カンパチ、アマダイ、マダイ…、ホウボウ、カイワリ、キントキ、ハガツオ…と十目釣り以上が可能なのが、江見沖のスーパーコマセ五目釣りだ!
カワハギシーズンの開幕です!鴨居大室港「五郎丸」さんに行ってきました。肝パン狙いもまだまだこれからです。ゲスト多彩で、釣って楽しく、食べて美味しいなんて魅力満載!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル