MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
春パターン突入! 金沢八景沖のLTアジ【金沢八景沖】

春パターン突入! 金沢八景沖のLTアジ【金沢八景沖】

入門者はもちろん、女性や子供でもラクに扱えると、看板にあげる船宿が増え続けているLT(ライトタックル)での釣りだ。

perm_media 《画像ギャラリー》春パターン突入! 金沢八景沖のLTアジ【金沢八景沖】の画像をチェック! navigate_next

短いスパンでチョンと出すコマセワークで爆釣を目指そう!!

小気味いい引きを楽しむDr近藤惣一郎。今号の連載では、明日に疲れを残さないストレッチなどを紹介。要チェックだ!!

強風&ウネリの中も笑顔で数を伸ばした近藤先生は、仕掛けの安定考え、3mの3本針で挑んだ。

当日は小型主体もLTならではの躍動感あふれるアジの引きを楽しんだ。

「シケでしたが、水深20〜30mだったんで、釣りやすかったです」と新高校生たち。タナは底から2〜3mだった。

仕掛けは、小型の片テンビンに1㎜×20㎝のクッションゴムをセット。ビシ40号を用い、2号2mの2本バリが基本スタイル。

コマセのカスがビシに詰まることがあるので、マメにチェック。取り除いてから詰め直そう。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川県・金沢八景「黒川丸」。

細糸を使った軽量&細身の道具で挑むLT(ライトタックル)での釣りは、繊細なアタリが簡単に取れ、また魚本来のパワーがそのままダイレクトに伝わる。スリリングなファイトが楽しめることもあり、ベテランのファンも多い。
そのもっともポピュラーなターゲット・マアジの食いが良くなる時期を迎え、様子を伺いに東京湾・金沢八景「黒川丸」を訪れた。「ちょっと前までは、午前船で平均50匹くらいかな。小振りながらも安定した食いを見せていたんだけど、ここ3〜4日は、食い渋ってる感じで…」と貝塚英明船長が言う。
詳しく尋ねると、マアジは春に向けて、一度釣果が落ちて、それから数、型ともに良くなってくるのが例年のパターンだと言う。
釣行日は、春一番が吹いた3月18日。海況が悪く、沖まで出られず近くの浅場で仕掛けを落とすことになったが、なんとこれが春シーズン開幕の合図に。
「この浅場で食うことがわかったのは大収穫。浅場に魚が集まるのも春の特徴。これからどんどん良くなるぞ。LTはビシが小さいので、コマセを大きく振り出さず、タナまで細かくチョンチョンと2回くらい出すのがコツ」と船長が笑顔でアドバイスをくれた。
さぁ、マアジ本来のシャープな引きを思いっきり楽しみに行きましょう!!

以上の記事は「つり丸」2014年5月1日号の掲載情報です。

関連記事
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
外房・飯岡沖のひとつテンヤマダイで、数釣りと大ダイ、両方狙える面白いシーズンがやってきた。「梅花丸」では毎年大ダイダービーもやっているので是非チャレンジを!
平塚港「庄三郎丸」のヒラメ五目は、朝イチにサビキ仕掛けでイワシを釣り、それをエサにヒラメを狙う!高級ゲストもいろいろまじり、最初のエサ釣りから超楽しい!
【東京湾・久比里沖~剣崎沖】一年で一番難しい時期だからこそおもしろい!誘いのパターン、スピード、そして食わせの間。試行錯誤で釣った1匹はいつも以上の価値があるカワハギ釣り!
最新記事
アカナマダ(アカマンボウ目アカナマダ科アカナマダ)たぶん国内で発見された個体数はそんなに多くない。しかもほとんどが浜に打ち上げられた個体である。
大きなブリやマグロに輸送に最適な保冷バッグ「保冷トライアングル」鰤バッグ/鮪バッグ
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル