MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
ジギング&キャスティングで狙う外房のヒラマサ&ワラサ【外房】

ジギング&キャスティングで狙う外房のヒラマサ&ワラサ【外房】

さあ、外房の青物ゲームが盛り上がってきたぞ! メインターゲットはヒラマサとワラサ。とくに春はヒラマサのサイズは2~4㎏主体で、比較的数も狙いやすいのが特徴だ。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

35.8㎏なんていう超大型ヒラマサがキャスティングでキャッチ、もうひとつのターゲットであるワラサはコンスタントにヒット

朝イチのヒットは3㎏オーバーのヒラマサ! 船上は一気に活気づいた。ジグのカラーはグリーンゴールド。

ドテラ流し(横流し)で攻めることが多いので、ヒットしてからの抵抗はかなりのもの。ネットインまで気は抜けない。

船中2本目のヒラマサも3㎏オーバー。こちらもジギングでキャッチ!

魚の活性や潮の流れなどを考慮して、アクションパターンを探ろう。

丸々と太った7㎏オーバーのワラサ。顔つきはもうブリだ。

3月下旬の取材日に7㎏オーバーを筆頭に4本のワラサをキャッチした斉藤さんは、取材後の4月6日に18・5㎏の大マサをキャスティングでキャッチ!

ジギングタックルの他、キャスティングタックルも持参しよう。

ジグは120~200gを用意しよう。カラーはシルバー系とゴールド系をお忘れなく。

プラグは18㎝前後のものが高実績だ。

今年は大型もいるぞ! 20㎏オーバーなんていう大マサも出ている。取材数日後には10㎏オーバーのバラシ、そしてついに4月6日には18.5㎏の大マサがキャスティングでキャッチされた!!
さらに、35.8㎏なんていう超大型ヒラマサがやはりキャスティングでキャッチされ、アングラーたちの間では超ホットな出来事として話題になっている。
もうひとつのターゲットであるワラサはコンスタントにヒットしており、取材日には4本キャッチしたアングラーも。なかには良型もいて、丸々とした7㎏オーバーというブリの一歩手前も登場している。
上昇してきた水温が安定して、さらに濁りが入れば間違いない。これから迎えるベストシーズンが本当に楽しみだ。
初心者からベテランまで、熱くなるシーズンがいよいよ本格始動だ。

以上の記事は「つり丸」2014年5月1日号の掲載情報です。

関連記事
東京湾のシーバスゲームが好調だ。今年は数年ぶりの当たり年!本牧「長崎屋」では1月にトップで100本オーバーという日が何日も!
東京湾の横須賀沖で、落ちのマダイが絶好調!金沢八景の「野毛屋」では取材日に3.7㎏の良型含みで船中21枚、翌日は40枚、翌々日は49枚と、まるで秋の数釣りハイシーズン!
東京湾・冬期のシーバスゲームは、イワシを追いかけているシーバスの群れを釣るので、確実に数釣りが楽しめる。手軽だけどじつは奥が深い。この魅力をぜひ体験してほしい。
良型中心、だがテクニカルな攻略が必要とされる。そんな状況が続く東京湾のタチウオジギング。「静かなジギング」をキーワードに突破口を探ってみよう。
鹿島灘名物・青物祭り開催中!ワラサ級主体に釣果安定でジギング入門の大チャンス!サンパク~ワラサ級が大群をつくり、超連発劇を見せてくれる!
最新記事
黄金色に輝く魚体が美味しさを象徴している東京湾の〝金アジ〟が超激アツ!水深浅く入門にも最適!寒くても絶好調の激うま金アジ!LTで手軽に釣って堪能しよう!!
東京湾のシーバスゲームが好調だ。今年は数年ぶりの当たり年!本牧「長崎屋」では1月にトップで100本オーバーという日が何日も!
東京湾のカワハギが復調気配。今シーズンはこの時期になっても良型主体で高活性が続いてる!肝もまだまだパンパンでまさに釣って良し食べて良しの最盛期状態だ。
伝統のモデルが大進化!最上位機種の性能を継承したスピニングリール「アルテグラ」

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル