MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
大物の聖地・銭洲解禁! 今年のドラマを作るのはあなただ!!【銭洲】

大物の聖地・銭洲解禁! 今年のドラマを作るのはあなただ!!【銭洲】

関東近県に在住する釣り人たちに春の訪れを実感させる、恒例行事のひとつが銭洲の解禁だ。開幕当初は小型カンパチがメインターゲットになることが多く、結果的にルアーアングラーの釣果がエサのそれを圧倒するのが定番パターン。カンパチに関しては、アカイカの回遊が始まれば形勢逆転ともなるのだが…。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

開幕ダッシュ! 絶好調はルアーカンパチ、五目釣りではシマアジとウメイロが狙い目

解禁日には、「龍正丸」「南伊豆忠兵衛丸」のほか、「とび島丸」「寿美礼丸」「舵丸」が銭洲に釣行。各船まずまずの釣果を得た。

4月1日、銭洲解禁日。第1投目からジギングロッドがしなる。

「南伊豆忠兵衛丸」に乗った三島市の長倉正治さんの当日のヒットルアーは、90〜120gがメインウエイト。もっとも数を釣ったのはスミスのマサムネ。ラスト30分で11本キャッチ!

「南伊豆忠兵衛丸」で竿頭となった長倉さんのタックル。PE2号+ショックリーダー30 Lb、PE3号+ショックリーダー50 Lbが基本と近海用タックルをそのまま活用。

五目釣りの仕掛けにカンパチがいっとき入れ食い。

好奇心旺盛なヒレナガカンパチが多かった。

ウメイロ&イサキポイントでは、シマアジがまじった。

下田「龍正丸」で銭洲釣行2回目という日野市の和田大地さんはなんと、解禁日では近年最大級の6.5㎏のシマアジをキャッチ。

立川市の小川素直さんもジギングで良型カンパチをキャッチ。

下田「龍正丸」で銭洲釣行2回目という日野市の和田大地さんはなんと、解禁日では近年最大級の6.5㎏のシマアジをキャッチ。

近年マダイは常連ゲストだ。

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・下田「龍正丸」。

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・手石「南伊豆忠兵衛丸」。

4月1日の解禁時の状況を報告しよう。例年、釣果を占う基準となる表面水温は16度前後。けっして高くはないが、しばらくは安定しているという情報だったので期待感は十分だった。
ネープルスと呼ばれる小島周りに、各港から集結した遠征船は5隻。本誌では手石の「南伊豆忠兵衛丸」、下田の「龍正丸」に分乗して同船取材を敢行した。竿入れ時間の7時と同時に投入したルアーマンのロッドは、期待通りに次々と絞り込まれた。次々と各船に取り込まれたのは2〜3㎏のカンパチ。「解禁だなあ」という光景が展開されたが、幕引きは思いのほか早かった。
その後は、強風とうねり、加えて流れぬ潮に苦しめられた。エサ釣りでは「龍正丸」が大金星となる6.5㎏のシマアジなどもキャッチされたが、そのほかではマダイ、イサキ、メジナ、ウメイロがポツリポツリ。ジギングも思い出したように当たる程度と大苦戦。「南伊豆忠兵衛丸」はダルマと呼ばれる、少し離れたポイントにも向かったが空振り。各船ともに同様の状況のまま、終了の時間が迫ってきた。
ラスト40分というところで、まずは「龍正丸」がカンパチの群れを当てた。続いて「南伊豆忠兵衛丸」も高活性の群れを捉えた。あとは怒涛の入れ食い。最大で4㎏弱、というところだったが、ジギングで挑戦し「南伊豆忠兵衛丸」の竿頭となった三島市の長倉正治さんは、ラスト30分で11本をキャッチ! カンパチの釣果は船によって多少の高低は出たが、全体としてはまずまずの結果に落ち着くことができた。
4月中は解禁日同様の状況が続くのが例年のパターン。近年、関東近県ではカンパチを楽しめるフィールドは希少になってきた。釣るなら今の銭洲がもっとも高確率。張り切っての挑戦をおすすめする!

以上の記事は「つり丸」2014年5月1日号の掲載情報です。

関連記事
東京湾のシーバスジギングが好調!横浜新山下「渡辺釣船店」取材日は数はもちろん、スズキクラスも連発!水温が上昇に転じれば活発に食い始めるのもパターンだ!
南伊豆沖 水深500~700mで深海の巨大魚 アブラボウズが釣れている。使用するメタルジグのサイズは1㎏前後。根掛かりもあるので予備は必要だ!
船橋港「フレンドシップ」この時期の一押しターゲットは、タイラバを使ったマダイ狙いだ。同じポイントでワラサも狙える!田岡要司船長が、いま釣れるパターン」を忌憚なく公開してくれる!
東京湾のシーバスゲームが好調だ。今年は数年ぶりの当たり年!本牧「長崎屋」では1月にトップで100本オーバーという日が何日も!
東京湾の横須賀沖で、落ちのマダイが絶好調!金沢八景の「野毛屋」では取材日に3.7㎏の良型含みで船中21枚、翌日は40枚、翌々日は49枚と、まるで秋の数釣りハイシーズン!
最新記事
超高輝度!深海専用集魚フラッシュライト 仕掛け屋本舗「超! 高輝度 LED深海専用集魚フラッシュライト」
いまでは貴重になった良型オニカサゴ。下田須崎港の遊漁船の老舗「ほうえい丸」ではそんな良型がザックザク!リレーで大アラもキャッチ可能!温暖な伊豆へオニ退治へ行こう!
茨城・鹿島沖、今 期も例年通り大型ラッシュで開幕!ラッシュからの乗り継続中!コツはソフトな誘いとステイ!浅場でパラソル級の多点掛けを満喫しよう!
東京湾のシーバスジギングが好調!横浜新山下「渡辺釣船店」取材日は数はもちろん、スズキクラスも連発!水温が上昇に転じれば活発に食い始めるのもパターンだ!
コマセに混ぜるだけ!シマアジをきらめきと匂いで誘う添加剤 「シマアジキラーbyエイト」

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル