MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
大ダイチャンスの速潮流入、乗っ込みシーズン開幕!【外房・川津沖】

大ダイチャンスの速潮流入、乗っ込みシーズン開幕!【外房・川津沖】

ひとつテンヤマダイの聖地、外房。毎年恒例の春の乗っ込み大ダイシーズンに突入中だ。

perm_media 《画像ギャラリー》大ダイチャンスの速潮流入、乗っ込みシーズン開幕!【外房・川津沖】の画像をチェック! navigate_next

ひとつテンヤマダイ、春の好シーズン到来!

朝いちにヒットした良型マダイ。澄み潮時などは朝いちと夕マヅメがゴールデンタイムになるので、覚えておくとよい。

超メジャーポイントの真潮根で速潮のなか、夕マヅメに良型が連続ヒット!

ポイントは広範囲。百選錬磨の「とみ丸」は、その日の潮の流れをみてポイント選択をするエキスパート船だ。

とてもよく引く川津沖のマダイ。ドラグ調整はしっかりとチェックしてから釣りをしよう。ワラサやブリ、ヒラマサなどの青物もまじる。

若船長の吉清紘生船長が操船。タモ入れから魚の神経絞めまでしてくれる。

ボトム着底と同時にマハタがヒットした。

おなじみ笛木展雄さんはタイラバで3.5㎏のマハタをキャッチ。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・川津港「とみ丸」。

周年、ひとつテンヤマダイ専門の川津「とみ丸」吉清紘生船長によると、
「沖から速い潮が来ました。すると水温が上がって、魚の活性がガラリと変わりました。毎年これが春のパターン。おそらく乗っ込みのきっかけになるのでしょうね」
実際のところ、この時期は日ムラがあるのも事実。前日、中〜大ダイがよく釣れていたからといって翌日はさっぱり……ということがよくあるという。
「川津沖は、1枚の魚が大きいですからね。みなさん、数よりサイズを求めて釣りに来る方が多いようです。あの、ジーっというリールのドラグ音を響かせたいですよね」
ポイントは港前から岩船沖、海中公園沖までと広範囲。「とみ丸」は、こまめにパラシュートアンカーを上げ下げして、ポイント移動を繰り返すのが特長だ。その結果、群れに当たれば、大釣りもあるという。
若船長に聞くと、大ダイを掛けるか否かは、本人のやる気次第。最後まであきらめずに釣り続ける人にビッグワンがヒットするという。
自己記録更新サイズをキャッチしたいのなら、まさにいま。ぜひ、チャレンジしてみてほしい。

以上の記事は「つり丸」2014年5月1日号の掲載情報です。

関連記事
久比里「巳之助丸」のアマダイは好シーズンに突入!連日好釣果が続き、日によっては50cm級も!釣趣と食味の優れたアマダイは、秋の沖釣りにも最適だ。
新潟・間瀬沖のアラ!御当地スタイル!マイワシエサで、「タナを取ったら放置」の釣法…。新潟県間瀬港「光海丸」小林聡船長のアラ釣り。この秋のオススメ!
鹿島沖のテンヤマダイが秋の好シーズン!取材日の最大は1㎏級であったが、8月1日には5.3㎏,8月19日には4.8㎏,8月22日には9.6㎏と5.8㎏を取り込んでいる!
宮城・亘埋沖。高活性のヒラメ釣り場は、ビギナー入門オーケーのヒラメ道場!生きイワシエサで釣るヒラメが高活性!全開モード!爆釣を体感しよう!
「つり丸・10月1日号(2021年)」の巻頭第1特集に掲載された相模湾のライトイナダ五目の取材の様子を公開!
最新記事
これからの季節の必需品。肌寒い日にぴったり。コンパクトで便利なウエア「DJ-3421(撥水ポケッタブルピステ)」
周年夜釣りが楽しめる沼津湾。この時期のターゲットはタチウオ!テンヤやルアーもOK!ベタナギ率が高い沼津湾で夜タチウオ釣りを楽しもう!
カンパチ、ワラサなどの青物に加え、オオモンハタなどの根魚も狙える!西伊豆・戸田のアジ泳がせ釣り!釣行日もオオモンハタ、ワラサと連続ヒット!
久比里「巳之助丸」のアマダイは好シーズンに突入!連日好釣果が続き、日によっては50cm級も!釣趣と食味の優れたアマダイは、秋の沖釣りにも最適だ。
しばって束ねる、簡単固定したいときの万能結束バンド「まとめ太郎、まとめ太郎Lock」
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル