MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
大ダイチャンスの速潮流入、乗っ込みシーズン開幕!【外房・川津沖】

大ダイチャンスの速潮流入、乗っ込みシーズン開幕!【外房・川津沖】

ひとつテンヤマダイの聖地、外房。毎年恒例の春の乗っ込み大ダイシーズンに突入中だ。

perm_media 《画像ギャラリー》大ダイチャンスの速潮流入、乗っ込みシーズン開幕!【外房・川津沖】の画像をチェック! navigate_next

ひとつテンヤマダイ、春の好シーズン到来!

朝いちにヒットした良型マダイ。澄み潮時などは朝いちと夕マヅメがゴールデンタイムになるので、覚えておくとよい。

超メジャーポイントの真潮根で速潮のなか、夕マヅメに良型が連続ヒット!

ポイントは広範囲。百選錬磨の「とみ丸」は、その日の潮の流れをみてポイント選択をするエキスパート船だ。

とてもよく引く川津沖のマダイ。ドラグ調整はしっかりとチェックしてから釣りをしよう。ワラサやブリ、ヒラマサなどの青物もまじる。

若船長の吉清紘生船長が操船。タモ入れから魚の神経絞めまでしてくれる。

ボトム着底と同時にマハタがヒットした。

おなじみ笛木展雄さんはタイラバで3.5㎏のマハタをキャッチ。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・川津港「とみ丸」。

周年、ひとつテンヤマダイ専門の川津「とみ丸」吉清紘生船長によると、
「沖から速い潮が来ました。すると水温が上がって、魚の活性がガラリと変わりました。毎年これが春のパターン。おそらく乗っ込みのきっかけになるのでしょうね」
実際のところ、この時期は日ムラがあるのも事実。前日、中〜大ダイがよく釣れていたからといって翌日はさっぱり……ということがよくあるという。
「川津沖は、1枚の魚が大きいですからね。みなさん、数よりサイズを求めて釣りに来る方が多いようです。あの、ジーっというリールのドラグ音を響かせたいですよね」
ポイントは港前から岩船沖、海中公園沖までと広範囲。「とみ丸」は、こまめにパラシュートアンカーを上げ下げして、ポイント移動を繰り返すのが特長だ。その結果、群れに当たれば、大釣りもあるという。
若船長に聞くと、大ダイを掛けるか否かは、本人のやる気次第。最後まであきらめずに釣り続ける人にビッグワンがヒットするという。
自己記録更新サイズをキャッチしたいのなら、まさにいま。ぜひ、チャレンジしてみてほしい。

以上の記事は「つり丸」2014年5月1日号の掲載情報です。

関連記事
南房・洲崎沖のカサゴ五目が最盛期へ!狙いは35㎝級の良型!カサゴの他に、アカハタ、ハマタ、メバルなど多彩なゲストも魅力!ぜひ狙ってみよう!
外房・大原沖のイサキが本格シーズン突入!連日トップは50匹の定量!数釣りが楽しめ、食べても美味しい大原沖のイサキ。6月のイチ押しターゲットだ!
東京湾のタチウオ!王道テンビン仕掛けで激戦区でも誘って掛ける!LTタックの真骨頂!がまかつフィールドテスター田中義博さんの攻略法!
好シーズンに突入中!東京湾のビシアジ。取材日は中小型の数釣り!のち大型も数釣り!!大アジ3点掛け連発で絶好調!今後も数釣りが期待大だ!!
相模湾の初夏の風物詩「ムギイカ・マルイカ」浅場で手返し良く、数が出るので人気が非常に高い!釣行日は厳しい釣りとなったが、前日はムギイカ中心に87杯を記録している!
最新記事
大物の聖地、銭洲の一番熱いシーズンが到来!アカイカ&ムロアジの泳がせ釣りで狙う、激うま大型カンパチが乗っ込み中だ!イカorムロのタックルを準備して臨もう!
カラーバリエーション豊富なタイラバ用カーリーネクタイユニット「桜幻 マルチカーリーネクタイユニット」
ルアーアングラーにおすすめなのが、東京湾のタイラバゲーム。乗っ込み後の浅場に群れるマダイを狙い撃ち!キャストして広範囲を攻めよう!
コクハンハタ(スズキ目ハタ科ユカタハタ属)とても珍しい魚で、本州ではまだ見つかっていない模様。三重県、和歌山県で目撃したという情報があるが、残念ながら画像が不鮮明で、らしい魚としかいいようがない。
南房・洲崎沖のカサゴ五目が最盛期へ!狙いは35㎝級の良型!カサゴの他に、アカハタ、ハマタ、メバルなど多彩なゲストも魅力!ぜひ狙ってみよう!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル