MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
一竿入魂!! 外房の若大将・鈴木新太郎、ヒラメを釣る【銚子沖】

一竿入魂!! 外房の若大将・鈴木新太郎、ヒラメを釣る【銚子沖】

沖釣りの名手は、鮮やかな竿さばきで確実に本命を釣り上げていく。その様子はまるで竿に魂が宿ったようだ。その背景には、状況にあった戦略を立て、それを実行できる技術があるからこそなのだ。外房の若大将・鈴木新太郎がレクチャー。名手の戦略と釣技をマスターして、あなたも名手の域に迫ろう!

銚子沖でヒラメが好調に釣れている。銚子犬若港「孝進丸」では、3㎏級の良型まじりでトップ7枚、8枚と数釣れる日も少なくない

「夏のヒラメは浅場でライトに楽しみましょう!」。

夏のヒラメは元気いっぱい。夏の一日、鈴木新太郎はパワフルな夏ビラメの引きを満喫!

かけ上りはすぐに気が付くけど、かけ下がりは気づきにくい。探見丸があると便利です。海底に変化があるときこそチャンスです」と新太郎。

夏のヒラメはアタリが多い。ボウズも少なく初心者からベテランまで満足できるのが特徴だ。

まじりでイシナギも数釣れた。

ヒラメの口の「狙った場所にハリ掛かりさせる」という新太郎。そのためには、しっかりアタリが取れる穂先の感度が重要だ。

新太郎のヒラメ釣りは、一日手持ちでまめに底ダチを取り、積極的にアタリを出して掛けてゆくスタイル。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・銚子犬若港「孝進丸」。「これからが夏ビラメ本番です。数はもちろん大型も出ますよ」と「孝進丸」大川文博船長。

房総の他エリアに先がけて6月から解禁した銚子沖で、ヒラメが好調に釣れている。銚子犬若港「孝進丸」では、3㎏級の良型まじりでトップ7枚、8枚と数釣れる日も少なくない。
今回、この夏ビラメ釣りに挑戦したのは外房の若大将こと鈴木新太郎。
「夏ビラメの特徴は、高水温で活性が高く活発にエサを追ってくれることです。これを積極的に攻めて掛けて行くのが楽しいんです!」と新太郎は話す。
その「積極的な攻め」のために選んだ竿がシマノ「リアランサー・ヒラメS250」。「一日手持ちで釣るので、なるべく軽く、エサ交換時などに取り回しがしやすい短めの竿が、夏ビラメにはオススメです」と新太郎。
当日は低気圧の影響でウネリが大きく、底も荒れ気味で少々厳しいコンディション。しかし、手持ちでこまめに底ダチを取り直し丁寧に底をトレースする新太郎は、コンスタントにヒラメのアタリを出してゆく。
夏のヒラメ釣りは手返しの早さも大切。そのために「ヒラメの歯の内側にハリを狙って掛けるよう心がけています。そうするとバレにくいけど上がってからはハリが外しやすく、手返しがよくなるんです。モゾモゾした前アタリからカンカンカンと金属的なアタリに変わったところががアワセ時。ここで、スーッと聞きアワセるようにアワせる。こうすると狙った所にハリ掛かりしやすいんです」と新太郎。
穂先の感度がよく、食い込みのいい「リアランサー・ヒラメ」を駆使する鈴木は、この日竿頭となる5枚のヒラメを上げたが、いずれのヒラメも狙い通りの場所にハリ掛かりしていた。
「夏ビラメは楽しい!」

夏はなるべくライトタックルを

ライトな竿「ライトゲームCI4 M200」も持ち込み、それでもヒラメを釣り上げる新太郎。

「エサ付けも大切。タルの海水の中で手早くハリを付けましょう」と新太郎。

新太郎は親バリは上アゴに、孫バリ(トレブルフック)を背中に刺す。「背中のほうがハリがヒラメから見えなくて、警戒しないから」。

今回、新太郎が使った 「リアランサー・ヒラメ」は、専用に設計されたヒラメ専用竿だ。「S250」、「M270」、「MH270」、「H300」と、長さとオモリ負荷の違う4タイプがラインナップされているが、新太郎が夏ビラメ釣りにおすすめするのは2.5m、オモリ負荷30~80号の「S250」。「短くて軽い竿で手持ちで釣りましょう。短いと操作性がいいので、手返しも早くなる。夏の銚子沖では、1枚釣って手早く再投入すればすぐにアタるってことも多いですよ」とのこと。夏ビラメ釣りでは、手持ちで疲れず、感度のいい竿をチョイスしよう。

以上の記事は「つり丸」2014年8月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
うまいアジが東京湾・走水沖で好調に釣れている。「今、30㎝前後から35㎝くらいのの中大型がたくさん釣れていますよ。ここにきて水温も上がってアジの活性も高くなりました」とは、走水港「政信丸」の廣川政信船長。
更新: 2019-04-25 07:00:00
外房・飯岡沖のポイントは水深30mほど。このエリアはとても釣りやすく、ビギナーも手軽にマダイを手にできるチャンスだ。マダイだけはなく、ハナダイのアタリも多く、大型まじりでお土産の期待できるぞ!
更新: 2019-04-24 12:00:00
ほぼ周年楽しめる南房江見沖のアカムツだが、本格シーズンは4〜12月。そのロングランシーズンが開幕した。高級魚としてすっかりおなじみになったアカムツ。水深250m深場にナイスボディで美味な個体が勢ぞろい中だ。
更新: 2019-04-24 07:00:00
網代港「ゆたか丸」の遠征シマアジ・イサキ五目釣りがスタートした。イサキを主体に多彩なゲストが釣れる楽しさいっぱい。イサキはもとより、開幕直後の狙い目はシマアジ。強烈な引きが魅力の高級魚だ。
更新: 2019-04-23 12:00:00
東京湾の元気者、カサゴ!簡単に数釣りが楽しめ、食べても美味しい!子供やビギナーにもオススメだ。夏場に向けて活性が上昇してゆくので、GWあたりにはガツガツッと元気なアタリと引きで楽しませてくれるはず。
更新: 2019-04-22 07:00:00
最新記事
うまいアジが東京湾・走水沖で好調に釣れている。「今、30㎝前後から35㎝くらいのの中大型がたくさん釣れていますよ。ここにきて水温も上がってアジの活性も高くなりました」とは、走水港「政信丸」の廣川政信船長。
更新: 2019-04-25 07:00:00
外房・飯岡沖のポイントは水深30mほど。このエリアはとても釣りやすく、ビギナーも手軽にマダイを手にできるチャンスだ。マダイだけはなく、ハナダイのアタリも多く、大型まじりでお土産の期待できるぞ!
更新: 2019-04-24 12:00:00
ほぼ周年楽しめる南房江見沖のアカムツだが、本格シーズンは4〜12月。そのロングランシーズンが開幕した。高級魚としてすっかりおなじみになったアカムツ。水深250m深場にナイスボディで美味な個体が勢ぞろい中だ。
更新: 2019-04-24 07:00:00
網代港「ゆたか丸」の遠征シマアジ・イサキ五目釣りがスタートした。イサキを主体に多彩なゲストが釣れる楽しさいっぱい。イサキはもとより、開幕直後の狙い目はシマアジ。強烈な引きが魅力の高級魚だ。
更新: 2019-04-23 12:00:00
静浦、多比、久料、古宇と小さな漁港が散在する沼津地区は、午前午後と二便制のマダイ船が特徴だ。港から釣り場までは近く、移動時間がかからないため、半日船でも十分な実釣時間が確保できるのは沼津沖ならではだ。
更新: 2019-04-23 07:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読