MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
横浜新名物「ベイブリッジアジ」が絶好調!【東京湾・横浜沖】

横浜新名物「ベイブリッジアジ」が絶好調!【東京湾・横浜沖】

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・横浜新山下「渡辺釣船店」。東京湾のLTアジは、現在では欠かせない釣り物のひとつとなっているが、ここ最近の釣れっぷりは特にすごいことになっていて、ファンを喜ばせてくれている。

perm_media 《画像ギャラリー》横浜新名物「ベイブリッジアジ」が絶好調!【東京湾・横浜沖】の画像をチェック! navigate_next

ビックリするぐらいいいサイズが揃って、ビックリするぐらい激ウマだぁ〜!!

幅広で丸々としたアジがメイン。22cmほどと、LTにしてはかなり良いサイズがそろうぞ!

みなさんこのアジを味わいたくて通っている。

後半食いが上昇。連日50匹以上の釣果が続いている。

現在、八景以北の船が集結するベイブリッジ沖。このエリアにはかなりのアジがいるという。

ピッチピチでうまそう!

さばきやすいサイズで下処理もあっという間。脂が多いので皮も手で簡単にむけるぞ!

刺身はもちろん、ナメロウや寿司も超おすすめ!

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・横浜新山下「渡辺釣船店」。

いま、ベイブリッジ前のアジが熱いことをご存知だろうか? 現在、湾奥部のLTアジのほとんどの船が集結しているのが横浜ベイブリッジ前。ここで釣れるアジがサイズがよくて激ウマと評判なのだ。
「LTでもサイズが揃っていますね。だいたい22〜23㎝くらいあります。これが数釣れていますが、特筆すべきはその味です!」と、熱く語るのは横浜新山下「渡辺釣船店」の杉村裕二船長。
水深は15m前後。2月3月の水温が低い時期でも食い渋るどころか食い活発! 脂をどんどん蓄えて数もうなぎのぼりだ。
「半日で50匹以上は珍しくありません。初めてやっても20匹や30匹はチャンスがあります」
帰宅後にさばいてみると、脂で手はテッカテカに。お刺身を口の中に運べばさわやかな香りと甘みがふわっと広がり幸せを実感。いま、おいしくて幸せになりたいのなら、ここのアジ、絶対におすすめです!

レンタルもOK。気軽にチャレンジ!

船宿仕掛けとレンタルのビシ&テンビン。

魚をはさむグッズや魚外し、ハサミは便利なので持参しよう。

アオイソメはタラシを1〜2cmほどに。

タックルは、ビシ40号を使用できる1.8m前後のLTロッド、ゲームロッドなどを使用する。7対3から8対2程度の調子が扱いやすい。リールは小型両軸でPE1〜2号程度を巻いておく。
仕掛けは、片テンビンに40号のアンドンタイプのビシを装着し、クッションゴムは1.5〜2㎜を20〜30㎝。仕掛けはハリス1.5〜2号の2本バリ仕掛け、全長は1.8〜2mほどが基本。
数釣りを狙う場合、3本バリを使用してもいいが、魚が大きく回収時に暴れて仕掛けが絡むことも多い。それに時間を取られるなら、2本バリで手返しよく釣ったほうが効率的だ。
タックルはすべてレンタル可能で、ビシやテンビンも借りられるので、ビギナーの人はクーラーボックスのみでの釣行もいいだろう。
このほか、ハサミ、魚を外すグッズ、魚をつかむグッズなどがあると便利だ。
魚はおいしく食べるために、キンキンに冷やして持ち帰りたい。そのためには、ポイントに着いたら氷の入ったクーラーボックスの中に海水を入れて冷え冷え状態にしておこう。

コマセワークとタナ取りがすべて

引き味もよく、スリリングなやり取りが楽しめる。

コマセはイワシミンチ、付けエサはアオイソメ。

コマセは8分目ぐらい詰める。

ポイントまでは近いので、出船前にいつでも投入できる準備をすませておこう。水深は15〜20mほど。
「ウチの付けエサはアオイソメです。これをハリにつけて、タラシは1〜2㎝ほどでカットします」
コマセはイワシのミンチで、8分目ほど詰める。軽めに詰める感じでいいだろう。
釣り方は、
①まずビシを海底まで落とす
②糸フケを取って糸がまっすぐになるようにする
③1m巻いて、コマセを強めに振る
④1m巻いてコマセを振って2mで待つ
コマセの振り出しは、竿先を海面に向けて、左手で竿を持つ場合は右手を竿のバット部分に添えて行うとスムーズに振りやすい。
コマセは出ていないと思ったら、同じ場所で2回振ってもいいし、1mでまいて、50㎝くらい上げてまいて、また50㎝くらいと、小刻みにやってもいいだろう。
現在は結構食っているので、タナは大体でも食うが、やはりしっかりと把握しておきたい。このためには、海面で道糸のマーカーを見ておこう。
2mのタナにセットしたら、しばらくアタリを待ってみよう。アタリはクンクンとかキュンキュンといった感じで、ハリが勝手に掛かってくれるイメージだ。アタリがあったら慌てずに軽く竿を持ち上げて1m巻いて少し待つ。うまくいけばダブルになることも。
巻き上げは竿を手に持って一定のスピードで巻き上げる。今のアジはサイズがいいので、ビックリするくらいの引きを味わえる。
海面にビシが見えたら竿を立ててビシをつかみ、コマセオケの中にビシを置き、身体を乗り出してアジを海面まで持ってきて、できるだけアジに近い位置の糸をつかんで抜き上げる。
巻き上げのときはしっかりと海面を見ておき、巻き上げすぎに注意しよう。竿いっぱいまで巻き上げると鯉のぼりの状態になって危ないし魚も落ちてしまう。
●タナの取り直し
最初にタナを取って食わないときはもう一度タナを取り直す。アジ釣りではこれが一番重要になる。最初のタナ取りは道糸が斜めに入っていて正しいタナになっていない場合も多い。ヘタをすると、タナを取り直そうとビシを落としたら、ほぼ海底についていた、なんてこともある。
2回目のタナ取り時もコマセをまいて正確にタナにセットしよう。この2回目のタナ取り時にヒットする可能性が高い。2回やって食わなければ回収して再投入しよう。このとき、ビシのコマセがカラになっている場合は、待つ時間を短めに、残っている場合は長めにするなど調整する。
ただし、全然コマセが出ていないようなときは、コマセのまき方が悪いか、コマセカゴが詰まっていて出ないかのどちらか。コマセが詰まっている場合は、一度中身を出して詰めなおそう。
タナは基本は2mだが、多少上下に調整してもいいだろう。2本バリの場合、毎回上のハリに掛かるようなときは、少し上げてみる。ダブルになるときはビシに近い場所から食ったほうがいいが、1匹ずつのときは先バリに食うようにしたほうが取り込み時にバラシが少なくなる。もし、取り込み時にバラシが多いようなら少しタナを上げてみるのも一手だろう。
「釣れているときは、手前マツリすることも多いですが、こんなときは時間がもったいないので新しい仕掛けに交換して釣ったほうがいいですよ。効率よく釣ってください」

以上の記事は「つり丸」2018年4月15日号の掲載情報です。

関連記事
今回は熱心に通いつめる常連さんの多い新子安恵比須橋の「だてまき丸」さんからマゴチ釣りにチャレンジしてきました。取材当日は、64㎝の超ビックサイズも飛び出しました。
ロンリー侍ドクターことダイワフィールドスタッフの近藤惣一郎さんが、乗っ込みシーズンを目前に控えた三浦半島剣崎沖でマダイを狙う!!
周年を通して楽しめる飯岡沖のハナダイが、早くも絶好モードに突入している。メリハリを効かせたシャクリで良型デコダイの数釣りを楽しもう!!
勝浦沖のヤリイカが急上昇!ようやく本格化した!ヤリイカは全てジャンボ級でパラソル級オンリー!乗り味抜群速い潮と小サバを避けて爆乗りだ!
「つり丸・4月1日号(2021年)」の巻頭第1特集に掲載された外房・飯岡沖のテンヤマダイ取材の様子を公開! 
最新記事
東京湾では、いよいよ乗っ込みマダイのXデー間近!各地ではマダイ好調の報せがちらほらと入り始めた。走水港の「政信丸」でもお腹はパンパン良型が上がっている!
今回は熱心に通いつめる常連さんの多い新子安恵比須橋の「だてまき丸」さんからマゴチ釣りにチャレンジしてきました。取材当日は、64㎝の超ビックサイズも飛び出しました。
ロンリー侍ドクターことダイワフィールドスタッフの近藤惣一郎さんが、乗っ込みシーズンを目前に控えた三浦半島剣崎沖でマダイを狙う!!
周年を通して楽しめる飯岡沖のハナダイが、早くも絶好モードに突入している。メリハリを効かせたシャクリで良型デコダイの数釣りを楽しもう!!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル