MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
【相模湾のLT五目釣り】マダイ、サバなどの釣り方と仕掛けを紹介!

【相模湾のLT五目釣り】マダイ、サバなどの釣り方と仕掛けを紹介!

ライトタックル&ウイリー仕掛けで、その季節に釣れるいろいろな魚を手軽に狙ってしまおう! というのが、この「庄治郎丸」の「ライト五目」だ。五目というだけあって、春はアジを主体に、マダイ、クロダイ、イシダイ、ハナダイ、サバなど、とにかくいろいろな魚が釣れるのがこの釣りの大きな魅力だ。

perm_media 《画像ギャラリー》【相模湾のLT五目釣り】マダイ、サバなどの釣り方と仕掛けを紹介!の画像をチェック! navigate_next

お手軽で釣り方カンタン、 いろんな魚がいっぱい釣れるヨ!!

ポイントは港から出てわずか10分程度の平塚沖を中心に攻めていく。岸から近く、水深も30〜40mと浅いので、初心者も安心して楽しめる。

みんなで協力してコマセをまき、船にアジが付くと次々とヒットしてくる!

コジレイ、トリプル!

「手軽なのにこんないいアジも!」。当日のアジは小型も多かったが、このような良型のアジもまじった。

手軽に楽しめるライト五目は、夫婦やカップルで、親子で、そして友達同士で訪れるにも最適な釣り物。また、五目というだけあって、いろんな魚が釣れるのも楽しい。

春の主要ターゲットのひとつマダイ。桜の季節にふさわしいピンク色が本当に綺麗だ。

釣れたアジやイワシを泳がせれば、こんなヒラメも! 「庄治郎丸」ではハモノ狙いは釣り座に関係なく可能だが、楽しむ際には必ず船長に許可を取ろう。混雑している場合やオマツリが頻発する状況ではできない場合もある。

根や漁礁周りではカサゴも。根掛かりには注意しよう。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・平塚港「庄治郎丸」。

平塚港「庄治郎丸」で楽しめるこの釣りは、“ライト五目”というだけあって、ライトタックルでその季節に釣れるいろんな魚を手軽に釣ってしまおう! というもの。春はアジをメインに、マダイ、ハナダイ(チダイ)、クロダイ、イシダイなど、食べて美味しい多彩な魚たちが楽しませてくれる。
さらに、釣れた小型のアジやイワシを泳がせるハモノ狙いでは、なんとヒラメも釣れる可能性があるというのも嬉しい。取材当日は船中1枚だけだったが、釣れるときには一人で複数枚釣るというから驚きだ。
メインとなる釣り方は、ウイリー仕掛けを使用したウイリーシャクリ。擬餌バリを使用しているだけにルアー的感覚で、釣り方もそんなに難しくない。したがって、初心者はもちろん、子供たちも楽しめる。船宿にはレンタルタックルも用意されているので、カップルや親子連れ、友達同士など、みんなでワイワイ賑やかに楽しむにはまさに最適な釣りだ。
「ポイントの水深は20〜30m前後が中心で、深くても50mほど。そのため、道具が軽く、釣り方も難しくありません。初心者の方も安心して楽しんでいただけますよ!」とは、「庄治郎丸」の長田ヒカル船長。コジレイも大好きで、心から癒やされたというこの釣り。ぜひチャレンジしてみてネ!

短めの竿と小型両軸、リールがあればOK!

ビシは40号を使用。コマセはアミエビ。

右が船宿仕掛け、左がコジレイが使用した仕掛け。

一番下のハリが空バリの場合はオキアミを付ける。

「庄治郎丸」のライト五目で使用するタックルを紹介しよう。
竿は、2m前後のLT用、またはゲームロッドなど。その他、シーバスやタチウオ狙いのライトジギング用ロッド、さらにはバスロッドなどでも釣りが可能だ。長さは、この釣りは終始竿を手に持って釣るので、短めのほうが操作性がよく、持ち重りも少なくラクである。
リールは小型両軸タイプがあればOK。取材時コジレイは小型の電動リールを使用したが、カラーページでも紹介したように「庄治郎丸」のライト五目はポイントの水深が30m前後、深くても50m程度と浅いので、電動リールがなければ釣りにならないということはない。道糸はPEの1〜2号で、ビシは40号である。
もし、このような道具を持っていないのであれば、まずは船宿に用意されている「レンタルタックル」を利用するのがオススメ。「庄治郎丸」では竿、道糸付きのリール、テンビン、ビシなど一式を貸してくれる。ライフジャケットも貸してくれるので、あとは仕掛けを買えば釣りが楽しめてしまうというわけだ。
仕掛けは、全長2.5〜3m、2〜3本バリのウイリー仕掛け。
船宿や船で売られている「庄治郎丸」推奨仕掛けは3本バリで、上2本がウイリー、下が空バリとなっている。この空バリにはオキアミを付ける。ハリスは2〜3号で、この時期は2号でOK。秋など青物の回遊が期待できる時期は3号を使用する。

「シャクって」「待って」 「リールを巻く」

ウイリーを使った釣りは、ビギナーには最初は難しく感じるかもしれないが、慣れてしまえばとってもカンタン。子供でも十分に楽しめる。
ポイントは3つ。「シャクって」「待って」「リールを巻く」ただコレだけである。これを頭の中で繰り返しながら釣れば、きっとすぐにできるはずだ。
さて、船に乗ったらまずは釣り座や道具の準備。港からポイントまでが近いので、出船前にはすべての準備を終わらせておこう。
ポイントに着いたらビシにコマセを詰め、空バリがある仕掛けの場合はオキアミを付ける。
船長から合図があったらいよいよ釣り開始。まずは仕掛けを船ベリから外に出し、次に竿を持ち、ビシを投入する。
ここからは、左ページのイラストを参照しながら釣り方を紹介していこう。
①ビシ着底。
②すぐに3mほど(仕掛けの長さ分)巻き上げる。漁礁周りを狙うこともあるので、この動作は素早く行おう。モタモタしていると、根掛かりしてしまう。
③竿先を水面に向けた状態から目線の位置までシャクり上げ、その後しっかりと止める。
④竿を止めると、竿先はビシの重さでクンとお辞儀する(このときにビシの上の窓からコマセが出る)。
⑤そのまましばらく待つ。
⑥アタリがなければ竿を下げながらリールを巻き、枝間(仕掛けの枝ス=ハリと枝スの間隔。ここで紹介している仕掛けでは70〜80㎝)分から1mほど道糸を巻き取る。こうすることで、次にシャクったときにハリがコマセの中にしっかりと入る。
そして再び③に戻り、⑥までの動作を繰り返す。
つまりこの釣りは、竿をシャクることでコマセを出し、そのコマセの帯(煙幕)にウイリーバリやハリの付いたオキアミを紛れ込ませることで、コマセを食いに集まって来た魚を釣ろうというわけだ。

以上の記事は「つり丸」2018年4月15日号の掲載情報です。

関連記事
今回は熱心に通いつめる常連さんの多い新子安恵比須橋の「だてまき丸」さんからマゴチ釣りにチャレンジしてきました。取材当日は、64㎝の超ビックサイズも飛び出しました。
ロンリー侍ドクターことダイワフィールドスタッフの近藤惣一郎さんが、乗っ込みシーズンを目前に控えた三浦半島剣崎沖でマダイを狙う!!
周年を通して楽しめる飯岡沖のハナダイが、早くも絶好モードに突入している。メリハリを効かせたシャクリで良型デコダイの数釣りを楽しもう!!
勝浦沖のヤリイカが急上昇!ようやく本格化した!ヤリイカは全てジャンボ級でパラソル級オンリー!乗り味抜群速い潮と小サバを避けて爆乗りだ!
「つり丸・4月1日号(2021年)」の巻頭第1特集に掲載された外房・飯岡沖のテンヤマダイ取材の様子を公開! 
最新記事
東京湾では、いよいよ乗っ込みマダイのXデー間近!各地ではマダイ好調の報せがちらほらと入り始めた。走水港の「政信丸」でもお腹はパンパン良型が上がっている!
今回は熱心に通いつめる常連さんの多い新子安恵比須橋の「だてまき丸」さんからマゴチ釣りにチャレンジしてきました。取材当日は、64㎝の超ビックサイズも飛び出しました。
ロンリー侍ドクターことダイワフィールドスタッフの近藤惣一郎さんが、乗っ込みシーズンを目前に控えた三浦半島剣崎沖でマダイを狙う!!
周年を通して楽しめる飯岡沖のハナダイが、早くも絶好モードに突入している。メリハリを効かせたシャクリで良型デコダイの数釣りを楽しもう!!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル