MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
周年キロ級が釣れるアカムツの穴場はここだ!【遠州灘・浜名湖沖】

周年キロ級が釣れるアカムツの穴場はここだ!【遠州灘・浜名湖沖】

遠州灘には何本もの海溝があり、そのそれぞれに深海魚であるアカムツが生息している。近年では遠州灘産のアカムツもブランド化され魚市場では高値で取引されている。

perm_media 《画像ギャラリー》周年キロ級が釣れるアカムツの穴場はここだ!【遠州灘・浜名湖沖】の画像をチェック! navigate_next

最盛期突入中! 高速ボートで狙う水深300m! オモリは150号でOK!

見事なボディの良型アカムツが揃う浜名湖沖。まさにいまがシーズンだ。

名古屋市の山本真生さんは今期絶好調! 乗船するたびに竿頭。仕掛けの工夫とタナ取り法がカギという。

常連さんの使用PEはなんと2号。このボート釣りならでは。LTで深海のルビーアカムツが釣れる!

キロ級が連発中!

バッテリーは最新リチウムバッテリーがおススメ。ハイパワーの小型中型電動リールには必須だ。

名古屋市の岡崎さんは、凪ぎさえあれば、このボートでアカムツ釣りへ出る常連。ここの釣りにどっぷりハマっているという。

キロムツ狙いではこんな良型ばかりなのだ。

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・浜名湖「ボートクラブ カナル」。

遠州灘の有力なポイントのひとつに浜名湖沖がある。地元で“舞阪掘り”と“サメ掘り”と呼ばれる2つの海溝がこの場所にあり、その両方でほぼ周年アカムツがコンスタントに釣れるているのだ。
実際には、遊漁船ではプレジャーボートでの釣果がほとんどであまりネット上にはアップされない。つまり、知る人ぞ知るポイントなのだ。
そんな穴場ポイントを案内してくれるのがボートクラブ「カナル」の柴田昌宏さんだ。
「浜名湖沖は大型遊漁船は少ないので場荒れすることはほとんどないのが魅力です。小型は数釣れますが、うちではキロムツと呼ばれる、1㎏以上の大型アカムツをメインに狙ってます。釣らせますよ!」と柴田さんは話す。
ポイントの水深は200〜300m。「カナル」では、カロライナスキッフという、フラット底の高速ボートを使用。船外機船だが、究極の安定性能と高速性能を併せもつので、ポイントではオモリ150号のライトな深海釣りが実現。なんとPE2号でアカムツ釣りが快適にできてしまう。
ボートも今年から6人乗りの大型船になり、より快適性がアップ。アカムツの釣果に困ったり、確実に激うまを味わいたいと思ったら、「カナル」へ足を運ぶべしだ!!

以上の記事は「つり丸」2018年4月15日号の掲載情報です。

関連記事
今回は熱心に通いつめる常連さんの多い新子安恵比須橋の「だてまき丸」さんからマゴチ釣りにチャレンジしてきました。取材当日は、64㎝の超ビックサイズも飛び出しました。
ロンリー侍ドクターことダイワフィールドスタッフの近藤惣一郎さんが、乗っ込みシーズンを目前に控えた三浦半島剣崎沖でマダイを狙う!!
周年を通して楽しめる飯岡沖のハナダイが、早くも絶好モードに突入している。メリハリを効かせたシャクリで良型デコダイの数釣りを楽しもう!!
勝浦沖のヤリイカが急上昇!ようやく本格化した!ヤリイカは全てジャンボ級でパラソル級オンリー!乗り味抜群速い潮と小サバを避けて爆乗りだ!
「つり丸・4月1日号(2021年)」の巻頭第1特集に掲載された外房・飯岡沖のテンヤマダイ取材の様子を公開! 
最新記事
東京湾では、いよいよ乗っ込みマダイのXデー間近!各地ではマダイ好調の報せがちらほらと入り始めた。走水港の「政信丸」でもお腹はパンパン良型が上がっている!
今回は熱心に通いつめる常連さんの多い新子安恵比須橋の「だてまき丸」さんからマゴチ釣りにチャレンジしてきました。取材当日は、64㎝の超ビックサイズも飛び出しました。
ロンリー侍ドクターことダイワフィールドスタッフの近藤惣一郎さんが、乗っ込みシーズンを目前に控えた三浦半島剣崎沖でマダイを狙う!!
周年を通して楽しめる飯岡沖のハナダイが、早くも絶好モードに突入している。メリハリを効かせたシャクリで良型デコダイの数釣りを楽しもう!!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル