MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
春はチャンス! 良型も期待できる相模湾のアコウダイ【相模湾】

春はチャンス! 良型も期待できる相模湾のアコウダイ【相模湾】

海面にボコッと真っ赤な魚体が浮かび上がる。この時、叫びたくなるほど気持ちが高揚する至福の瞬間があるアコウダイ釣り。一度、この感動を味わうと、また行きたくなる。そんな魅力のあるアコウダイを、手軽に楽しませてくれるのが平塚港「豊漁丸」。相模湾で専門に狙える数少ない船宿だ。

perm_media 《画像ギャラリー》春はチャンス! 良型も期待できる相模湾のアコウダイ【相模湾】の画像をチェック! navigate_next

釣りやすい今が入門するにはちょうどいい時期だ

取材当日の最大は2.3㎏。

ポイントは平塚港から10分ほどの水深500m前後。

船中最初の1匹がこれ!

本命が浮上!

本命ゲットは嬉しい!

「豊漁丸」ではハリ数は8本まで。エサはサバの切り身。このほかイカなど持参するといいだろう。

アコウダイとホウズキの判別は、尾ビレを見るのが分かりやすい。アコウダイ(右)は尾ビレの中央が湾曲する。ホウズキ(左)の尾ビレは湾曲しない。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・平塚「豊漁丸」。

深場釣りの代表的な魚であるアコウダイが狙いやすい季節を迎えた。通常は500m超えの水深に生息していることの多いアコウダイだが、2月から5月にかけて産卵のために浅場へと移動。群れが固まり、そして産卵前後に荒食いすることもあるので、釣り人にとってチャンスが増える時期なのだ。
「マメにタナを取り直してください。その動きが誘いにもなります」と話してくれたのは、平塚港「豊漁丸」の後藤武船長。
アコウダイのタナは海底付近。ポイントは起伏のある場所を流すので、オモリが常に底スレスレの位置をキープするようにタナ取りすることがポイントだ。
ヘビータックルを使い、敷居が高いと思われがちな深場の釣りだが、その心配は不要。PEライン6〜8号を700m以上巻けるリールが必要となるが、使用オモリが300号のライトタックルなので、キハダ用タックルがそのまま使える。「豊漁丸」ではハリ数は8本までと少ないので、船ベリにハリを並べて簡単に投入できる。
周年狙うことのできる相模湾のアコウダイだが、釣りやすい今が入門するにはちょうどいい時期。この春オススメの釣り物だ!

以上の記事は「つり丸」2018年4月15日号の掲載情報です。

関連記事
久比里「巳之助丸」のアマダイは好シーズンに突入!連日好釣果が続き、日によっては50cm級も!釣趣と食味の優れたアマダイは、秋の沖釣りにも最適だ。
新潟・間瀬沖のアラ!御当地スタイル!マイワシエサで、「タナを取ったら放置」の釣法…。新潟県間瀬港「光海丸」小林聡船長のアラ釣り。この秋のオススメ!
鹿島沖のテンヤマダイが秋の好シーズン!取材日の最大は1㎏級であったが、8月1日には5.3㎏,8月19日には4.8㎏,8月22日には9.6㎏と5.8㎏を取り込んでいる!
宮城・亘埋沖。高活性のヒラメ釣り場は、ビギナー入門オーケーのヒラメ道場!生きイワシエサで釣るヒラメが高活性!全開モード!爆釣を体感しよう!
「つり丸・10月1日号(2021年)」の巻頭第1特集に掲載された相模湾のライトイナダ五目の取材の様子を公開!
最新記事
これからの季節の必需品。肌寒い日にぴったり。コンパクトで便利なウエア「DJ-3421(撥水ポケッタブルピステ)」
周年夜釣りが楽しめる沼津湾。この時期のターゲットはタチウオ!テンヤやルアーもOK!ベタナギ率が高い沼津湾で夜タチウオ釣りを楽しもう!
カンパチ、ワラサなどの青物に加え、オオモンハタなどの根魚も狙える!西伊豆・戸田のアジ泳がせ釣り!釣行日もオオモンハタ、ワラサと連続ヒット!
久比里「巳之助丸」のアマダイは好シーズンに突入!連日好釣果が続き、日によっては50cm級も!釣趣と食味の優れたアマダイは、秋の沖釣りにも最適だ。
しばって束ねる、簡単固定したいときの万能結束バンド「まとめ太郎、まとめ太郎Lock」
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル