MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
春はチャンス! 良型も期待できる相模湾のアコウダイ【相模湾】

春はチャンス! 良型も期待できる相模湾のアコウダイ【相模湾】

海面にボコッと真っ赤な魚体が浮かび上がる。この時、叫びたくなるほど気持ちが高揚する至福の瞬間があるアコウダイ釣り。一度、この感動を味わうと、また行きたくなる。そんな魅力のあるアコウダイを、手軽に楽しませてくれるのが平塚港「豊漁丸」。相模湾で専門に狙える数少ない船宿だ。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

釣りやすい今が入門するにはちょうどいい時期だ

取材当日の最大は2.3㎏。

ポイントは平塚港から10分ほどの水深500m前後。

船中最初の1匹がこれ!

本命が浮上!

本命ゲットは嬉しい!

「豊漁丸」ではハリ数は8本まで。エサはサバの切り身。このほかイカなど持参するといいだろう。

アコウダイとホウズキの判別は、尾ビレを見るのが分かりやすい。アコウダイ(右)は尾ビレの中央が湾曲する。ホウズキ(左)の尾ビレは湾曲しない。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・平塚「豊漁丸」。

深場釣りの代表的な魚であるアコウダイが狙いやすい季節を迎えた。通常は500m超えの水深に生息していることの多いアコウダイだが、2月から5月にかけて産卵のために浅場へと移動。群れが固まり、そして産卵前後に荒食いすることもあるので、釣り人にとってチャンスが増える時期なのだ。
「マメにタナを取り直してください。その動きが誘いにもなります」と話してくれたのは、平塚港「豊漁丸」の後藤武船長。
アコウダイのタナは海底付近。ポイントは起伏のある場所を流すので、オモリが常に底スレスレの位置をキープするようにタナ取りすることがポイントだ。
ヘビータックルを使い、敷居が高いと思われがちな深場の釣りだが、その心配は不要。PEライン6〜8号を700m以上巻けるリールが必要となるが、使用オモリが300号のライトタックルなので、キハダ用タックルがそのまま使える。「豊漁丸」ではハリ数は8本までと少ないので、船ベリにハリを並べて簡単に投入できる。
周年狙うことのできる相模湾のアコウダイだが、釣りやすい今が入門するにはちょうどいい時期。この春オススメの釣り物だ!

以上の記事は「つり丸」2018年4月15日号の掲載情報です。

関連記事
茨城・鹿島沖、今 期も例年通り大型ラッシュで開幕!ラッシュからの乗り継続中!コツはソフトな誘いとステイ!浅場でパラソル級の多点掛けを満喫しよう!
鹿島沖では例年になく水温が高く、活性が高い魚が多く、いろいろな魚種がまじって五目釣り感覚で楽しめている。取材当日は本命マダイがまじる展開!中ダイクラスのヒットも!!
南房江見沖のコマセ五目釣りが元気一杯!アマダイ、オニカサゴ、キダイなどの底物中心の冬・春バージョンへとスタイルチェンジ!イサキは、すごい勢いで食い盛っている。
御宿岩和田港「太平丸」の外房・早春限定リレー!朝イチに寒サバを狙って!ヤリイカ狙いへ移行する!寒サバは良型が多く特大サイズも!ヤリイカはトップ30杯台を記録する日もあり、今後が楽しみだ。
「アタリを出して、掛ける」という釣りを手軽に楽しむなら、東京湾のシロギスがオススメだ。金沢八景「荒川屋」では、午前、午後船でトップ20匹前後の釣果が記録されている。
最新記事
茨城・鹿島沖、今 期も例年通り大型ラッシュで開幕!ラッシュからの乗り継続中!コツはソフトな誘いとステイ!浅場でパラソル級の多点掛けを満喫しよう!
東京湾のシーバスジギングが好調!横浜新山下「渡辺釣船店」取材日は数はもちろん、スズキクラスも連発!水温が上昇に転じれば活発に食い始めるのもパターンだ!
コマセに混ぜるだけ!シマアジをきらめきと匂いで誘う添加剤 「シマアジキラーbyエイト」
鹿島沖では例年になく水温が高く、活性が高い魚が多く、いろいろな魚種がまじって五目釣り感覚で楽しめている。取材当日は本命マダイがまじる展開!中ダイクラスのヒットも!!
開拓から5年目を迎えた犬吠沖のアカムツは、人気・実績ともにますますヒートアップ!波崎港「仁徳丸」の取材日では、大型まじりで3名が規定数の10匹に到達。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル