MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
春はチャンス! 良型も期待できる相模湾のアコウダイ【相模湾】

春はチャンス! 良型も期待できる相模湾のアコウダイ【相模湾】

海面にボコッと真っ赤な魚体が浮かび上がる。この時、叫びたくなるほど気持ちが高揚する至福の瞬間があるアコウダイ釣り。一度、この感動を味わうと、また行きたくなる。そんな魅力のあるアコウダイを、手軽に楽しませてくれるのが平塚港「豊漁丸」。相模湾で専門に狙える数少ない船宿だ。

perm_media 《画像ギャラリー》春はチャンス! 良型も期待できる相模湾のアコウダイ【相模湾】の画像をチェック! navigate_next

釣りやすい今が入門するにはちょうどいい時期だ

取材当日の最大は2.3㎏。

ポイントは平塚港から10分ほどの水深500m前後。

船中最初の1匹がこれ!

本命が浮上!

本命ゲットは嬉しい!

「豊漁丸」ではハリ数は8本まで。エサはサバの切り身。このほかイカなど持参するといいだろう。

アコウダイとホウズキの判別は、尾ビレを見るのが分かりやすい。アコウダイ(右)は尾ビレの中央が湾曲する。ホウズキ(左)の尾ビレは湾曲しない。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・平塚「豊漁丸」。

深場釣りの代表的な魚であるアコウダイが狙いやすい季節を迎えた。通常は500m超えの水深に生息していることの多いアコウダイだが、2月から5月にかけて産卵のために浅場へと移動。群れが固まり、そして産卵前後に荒食いすることもあるので、釣り人にとってチャンスが増える時期なのだ。
「マメにタナを取り直してください。その動きが誘いにもなります」と話してくれたのは、平塚港「豊漁丸」の後藤武船長。
アコウダイのタナは海底付近。ポイントは起伏のある場所を流すので、オモリが常に底スレスレの位置をキープするようにタナ取りすることがポイントだ。
ヘビータックルを使い、敷居が高いと思われがちな深場の釣りだが、その心配は不要。PEライン6〜8号を700m以上巻けるリールが必要となるが、使用オモリが300号のライトタックルなので、キハダ用タックルがそのまま使える。「豊漁丸」ではハリ数は8本までと少ないので、船ベリにハリを並べて簡単に投入できる。
周年狙うことのできる相模湾のアコウダイだが、釣りやすい今が入門するにはちょうどいい時期。この春オススメの釣り物だ!

以上の記事は「つり丸」2018年4月15日号の掲載情報です。

関連記事
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
外房・飯岡沖のひとつテンヤマダイで、数釣りと大ダイ、両方狙える面白いシーズンがやってきた。「梅花丸」では毎年大ダイダービーもやっているので是非チャレンジを!
平塚港「庄三郎丸」のヒラメ五目は、朝イチにサビキ仕掛けでイワシを釣り、それをエサにヒラメを狙う!高級ゲストもいろいろまじり、最初のエサ釣りから超楽しい!
【東京湾・久比里沖~剣崎沖】一年で一番難しい時期だからこそおもしろい!誘いのパターン、スピード、そして食わせの間。試行錯誤で釣った1匹はいつも以上の価値があるカワハギ釣り!
最新記事
アカナマダ(アカマンボウ目アカナマダ科アカナマダ)たぶん国内で発見された個体数はそんなに多くない。しかもほとんどが浜に打ち上げられた個体である。
大きなブリやマグロに輸送に最適な保冷バッグ「保冷トライアングル」鰤バッグ/鮪バッグ
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル