MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
パラソル級の爆乗りが楽しめる勝浦沖のヤリイカ【外房・勝浦沖周辺】

パラソル級の爆乗りが楽しめる勝浦沖のヤリイカ【外房・勝浦沖周辺】

今回お邪魔した勝浦川津港「基吉丸」。5月頃にピークを迎える超巨大魚「イシナギ」釣りの高い実績が非常に有名な釣り宿。この時期、平日はおもにキンメダイの漁へ。そして週末はヤリイカの乗合船を出している。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

釣行日も午前6時の第一投から4点掛け、5点掛けの多点掛けフィーバー。しばらくの間はヤリイカフィーバーを楽しめそうだ

取材当日の朝イチは爆乗り! 多点掛けが連発した。

取材者も、このとおり。

「今年のヤリイカは久しぶりにいいですよ」と渡邊清志・大船長。

渡邊清志・大船長もダブル!

オーソドックスなヤリイカ仕掛けでOK。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・川津「基吉丸」。

2018年は広いエリアでヤリイカフィーバーに沸いている。着底と同時にイカヅノにイカが乗る「着乗り」も頻繁に経験できる。
ヤリイカの一級ポイントで、50㎝に迫る「パラソルサイズ」がコンスタントにまじる外房・勝浦沖一帯。このエリアでも連日パラソルフィーバーで活況に満ちている。
お膝下の勝浦川津漁港に船宿を構える「基吉丸」の渡邊優船長によると「ここのところ今一つ芳しくない年が続いていたけれども、今年は数年ぶりにいい釣りができているよ! ヤリイカをやるなら今だよ!」と景気のいい話が聞けた。
釣行したのは3月18日。一週間前は行川沖がメインの漁場だったが、時化を経て当日は若干南下した鴨川沖が漁場となった。
南下? 通常ヤリイカは季節の経過とともに北上をするのではと思い、質問をぶつけてみると、「次から次に新しい群れが入って来ている。新しい群れが鴨川沖まで来たってことじゃないかな?」とのこと。そんなにたくさんの群れがあるのか! これは本当に期待できるということ。
釣行日も午前6時の第一投から4点掛け、5点掛けの多点掛けフィーバー。この状況を見るとまだしばらくの間はヤリイカフィーバーを楽しめそうだ。
まだヤリイカに挑戦したことがない方も、この好調なシーズンにアタリの出方、やり取りを経験しておいた方がいい。それほど今年は好調なのだ。

以上の記事は「つり丸」2018年4月15日号の掲載情報です。

関連記事
南伊豆沖 水深500~700mで深海の巨大魚 アブラボウズが釣れている。使用するメタルジグのサイズは1㎏前後。根掛かりもあるので予備は必要だ!
船橋港「フレンドシップ」この時期の一押しターゲットは、タイラバを使ったマダイ狙いだ。同じポイントでワラサも狙える!田岡要司船長が、いま釣れるパターン」を忌憚なく公開してくれる!
東京湾のシーバスゲームが好調だ。今年は数年ぶりの当たり年!本牧「長崎屋」では1月にトップで100本オーバーという日が何日も!
東京湾の横須賀沖で、落ちのマダイが絶好調!金沢八景の「野毛屋」では取材日に3.7㎏の良型含みで船中21枚、翌日は40枚、翌々日は49枚と、まるで秋の数釣りハイシーズン!
東京湾・冬期のシーバスゲームは、イワシを追いかけているシーバスの群れを釣るので、確実に数釣りが楽しめる。手軽だけどじつは奥が深い。この魅力をぜひ体験してほしい。
最新記事
御宿岩和田港「太平丸」の外房・早春限定リレー!朝イチに寒サバを狙って!ヤリイカ狙いへ移行する!寒サバは良型が多く特大サイズも!ヤリイカはトップ30杯台を記録する日もあり、今後が楽しみだ。
南伊豆沖 水深500~700mで深海の巨大魚 アブラボウズが釣れている。使用するメタルジグのサイズは1㎏前後。根掛かりもあるので予備は必要だ!
究極の耐久性能を実現した小型スピニングリール「ITXカーボンスピニングリール」ITX-3000H
船橋港「フレンドシップ」この時期の一押しターゲットは、タイラバを使ったマダイ狙いだ。同じポイントでワラサも狙える!田岡要司船長が、いま釣れるパターン」を忌憚なく公開してくれる!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル