MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
パラソル級の爆乗りが楽しめる勝浦沖のヤリイカ【外房・勝浦沖周辺】

パラソル級の爆乗りが楽しめる勝浦沖のヤリイカ【外房・勝浦沖周辺】

今回お邪魔した勝浦川津港「基吉丸」。5月頃にピークを迎える超巨大魚「イシナギ」釣りの高い実績が非常に有名な釣り宿。この時期、平日はおもにキンメダイの漁へ。そして週末はヤリイカの乗合船を出している。

perm_media 《画像ギャラリー》パラソル級の爆乗りが楽しめる勝浦沖のヤリイカ【外房・勝浦沖周辺】の画像をチェック! navigate_next

釣行日も午前6時の第一投から4点掛け、5点掛けの多点掛けフィーバー。しばらくの間はヤリイカフィーバーを楽しめそうだ

取材当日の朝イチは爆乗り! 多点掛けが連発した。

取材者も、このとおり。

「今年のヤリイカは久しぶりにいいですよ」と渡邊清志・大船長。

渡邊清志・大船長もダブル!

オーソドックスなヤリイカ仕掛けでOK。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・川津「基吉丸」。

2018年は広いエリアでヤリイカフィーバーに沸いている。着底と同時にイカヅノにイカが乗る「着乗り」も頻繁に経験できる。
ヤリイカの一級ポイントで、50㎝に迫る「パラソルサイズ」がコンスタントにまじる外房・勝浦沖一帯。このエリアでも連日パラソルフィーバーで活況に満ちている。
お膝下の勝浦川津漁港に船宿を構える「基吉丸」の渡邊優船長によると「ここのところ今一つ芳しくない年が続いていたけれども、今年は数年ぶりにいい釣りができているよ! ヤリイカをやるなら今だよ!」と景気のいい話が聞けた。
釣行したのは3月18日。一週間前は行川沖がメインの漁場だったが、時化を経て当日は若干南下した鴨川沖が漁場となった。
南下? 通常ヤリイカは季節の経過とともに北上をするのではと思い、質問をぶつけてみると、「次から次に新しい群れが入って来ている。新しい群れが鴨川沖まで来たってことじゃないかな?」とのこと。そんなにたくさんの群れがあるのか! これは本当に期待できるということ。
釣行日も午前6時の第一投から4点掛け、5点掛けの多点掛けフィーバー。この状況を見るとまだしばらくの間はヤリイカフィーバーを楽しめそうだ。
まだヤリイカに挑戦したことがない方も、この好調なシーズンにアタリの出方、やり取りを経験しておいた方がいい。それほど今年は好調なのだ。

以上の記事は「つり丸」2018年4月15日号の掲載情報です。

関連記事
ライトルアーゲームで楽しむ東京湾の春。ターゲットはシーバスをメインにいろいろ!シーバス、マゴチ、マダイetc釣れる魚を楽しく釣っていくシーバス五目ゲームを紹介!
今期は当たり年という外房川津沖周辺のマダイ!アベレージは堂々のロクマル!外房屈指の大ダイ場も乗っ込み中だ!一定の速度で巻き巻きしてゲットしよう!
オールシーズンゲームとなっている東京湾タチウオジギング!今回は前半戦だけで30本を記録した猛者がいるほどの食いっぷり!気軽に楽しめる釣りとしてジギングデビューにもおすすめだ。
何が掛かるか分からない!小さなジグで大きな魚を獲る!外房・大原沖でスーパーライトジギングが大盛況だ!潮況が合えばワラサやサワラの回遊魚も期待十分!
最新記事
アカナマダ(アカマンボウ目アカナマダ科アカナマダ)たぶん国内で発見された個体数はそんなに多くない。しかもほとんどが浜に打ち上げられた個体である。
大きなブリやマグロに輸送に最適な保冷バッグ「保冷トライアングル」鰤バッグ/鮪バッグ
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル