MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
パラソル級の爆乗りが楽しめる勝浦沖のヤリイカ【外房・勝浦沖周辺】

パラソル級の爆乗りが楽しめる勝浦沖のヤリイカ【外房・勝浦沖周辺】

今回お邪魔した勝浦川津港「基吉丸」。5月頃にピークを迎える超巨大魚「イシナギ」釣りの高い実績が非常に有名な釣り宿。この時期、平日はおもにキンメダイの漁へ。そして週末はヤリイカの乗合船を出している。

perm_media 《画像ギャラリー》パラソル級の爆乗りが楽しめる勝浦沖のヤリイカ【外房・勝浦沖周辺】の画像をチェック! navigate_next

釣行日も午前6時の第一投から4点掛け、5点掛けの多点掛けフィーバー。しばらくの間はヤリイカフィーバーを楽しめそうだ

取材当日の朝イチは爆乗り! 多点掛けが連発した。

取材者も、このとおり。

「今年のヤリイカは久しぶりにいいですよ」と渡邊清志・大船長。

渡邊清志・大船長もダブル!

オーソドックスなヤリイカ仕掛けでOK。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・川津「基吉丸」。

2018年は広いエリアでヤリイカフィーバーに沸いている。着底と同時にイカヅノにイカが乗る「着乗り」も頻繁に経験できる。
ヤリイカの一級ポイントで、50㎝に迫る「パラソルサイズ」がコンスタントにまじる外房・勝浦沖一帯。このエリアでも連日パラソルフィーバーで活況に満ちている。
お膝下の勝浦川津漁港に船宿を構える「基吉丸」の渡邊優船長によると「ここのところ今一つ芳しくない年が続いていたけれども、今年は数年ぶりにいい釣りができているよ! ヤリイカをやるなら今だよ!」と景気のいい話が聞けた。
釣行したのは3月18日。一週間前は行川沖がメインの漁場だったが、時化を経て当日は若干南下した鴨川沖が漁場となった。
南下? 通常ヤリイカは季節の経過とともに北上をするのではと思い、質問をぶつけてみると、「次から次に新しい群れが入って来ている。新しい群れが鴨川沖まで来たってことじゃないかな?」とのこと。そんなにたくさんの群れがあるのか! これは本当に期待できるということ。
釣行日も午前6時の第一投から4点掛け、5点掛けの多点掛けフィーバー。この状況を見るとまだしばらくの間はヤリイカフィーバーを楽しめそうだ。
まだヤリイカに挑戦したことがない方も、この好調なシーズンにアタリの出方、やり取りを経験しておいた方がいい。それほど今年は好調なのだ。

以上の記事は「つり丸」2018年4月15日号の掲載情報です。

関連記事
「つり丸・8月1日号(2021年)」の巻頭第1特集に掲載された石川県・金沢港「北龍丸」の夜釣りで大人気のケンサキイカのメタルスッテゲームの取材の様子を動画で公開。
東京湾のタイラバゲームは終盤戦に突入しているが、まだまだ入門者にもお手軽な時期だ!取材日もマダイ初挑戦という女性が見事にキャッチに成功!
黒潮洗う絶海の孤島、イナンバでジギング&キャスティング!大型[キハダ・カツオ・ヒラマサ・カンパチ]を狙う!モンスターフィッシュとの出会いがあるのがイナンバの魅力!
黒潮の申し子シイラがやってきた!相模湾のシイラが好調だ。60㎝から90㎝クラスを主体にメーターオーバーがまじる!早めの挑戦で短いシーズンを堪能しよう!
最新記事
集魚効果抜群!餌木史上初のレンズ&透明布採用餌木登場「LQ(レンズエギ透明布巻)3.5号」
今年もカツオの当たり年!御前崎沖の金洲が好調だ。一粒で二度おいしいリレーで高級魚[ウメイロ・ヒメダイ・ジャンボイサキetc]のお土産をゲットしよう!
「つり丸・8月1日号(2021年)」の巻頭第1特集に掲載された石川県・金沢港「北龍丸」の夜釣りで大人気のケンサキイカのメタルスッテゲームの取材の様子を動画で公開。
日本海の7月8月は夜釣りがメイン。メタルスッテゲームでケンサキイカが最盛期に!昼はライト泳がせでキジハタ&ヒラメを狙う!
「浜名湖で一番アカムツを釣らせる」を自負する「ボートクラブ カナル」取材当日もキロムツ含め13ヒット11キャッチ!結果を残した!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル