MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
激うま! 春のオキメバル、シーズンイン【佐渡島沖・小木の瀬】

激うま! 春のオキメバル、シーズンイン【佐渡島沖・小木の瀬】

新潟県の春告げ魚であるオキメバル釣りが中越地域で開幕した。なんといってもこの時期のオキメバル(ご当地では「ハチメ」と呼ぶ。標準和名はウスメバル)の魅力は上品な脂をまとった美味しさだ。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

アミを飽食した脂のりのりのメバルを釣ろう!!

地元長岡市の清水イヅミ名人の誘い動作。リール側から2つ目のガイド付近を支点にして2秒かけて竿先をポンピングする。5、6回ポンピングしたら5秒程度誘いを停止してオキメバルが食う間を取ってやる。

朝一番は追い食い数釣りのチャンスタイム!! スムーズな仕掛けの投入を心掛けよう。

良型のオキメバルは刺身で食してみよう。春先はアミを主食にしているので身に脂が乗っている。

清水名人は誘い動作を掛け続けて追い食いさせる。良型ばかりを4点掛け。

アシスタントの小柳さんはじっくり追い食いさせて良型5点掛けに成功。

ポンピングの誘い動作はゲストのマダラにも非常に効果がある。

道糸のダメージを防ぐ中型のヨリ取りリングは必需品。竿先一杯まで巻上げると移動時に仕掛けが竿に絡むのを防止する効果もある。

付けエサはホタルイカのゲソが鉄板。市販の付けエサ用の漬けダレやアミノ酸をふりかけてみるのも効果大。ハリはムツの金色、赤色、緑色が使われていた。フロート系の夜行玉は必須アイテム。

今回、取材にご協力いただいたのは、新潟・寺泊港「作十丸」。

オキメバルの旨さの秘密は海水温度の低下に伴い大量発生する大型プランクトンである「アミ」を飽食しているから。
「釣ったハチメを生け簀に入れておくと口からアミを吐き出すよ。それくらい大量のアミを食べているから、逆にそれ以外のエサには見向きもしない魚が多いんだよね。釣れればこの時期のオキメバルは激うまなんだけれど、なかなか数があがらないんだよね」とは、寺泊港「作十丸」のアシスタントの小柳さん。何とも悩ましい話しである。
ポイントは寺泊港から約1時間30分の佐渡島小木港の沖合いの通称〝小木の瀬〟。
水深は75〜80m程度と浅いが潮流が速いためオモリは200号を使う。付けエサはホタルイカのゲソが鉄板であるが、他人との釣果の差をつけるためにアミノ酸や市販の漬けダレ、ニンニクのスリおろしや焼酎をまぶす等の工夫を凝らしている常連さんも多い。
「この時期のハチメ釣りは難しいよ。誘い動作で数を伸ばしていく事が大事。ロッドキーパーの竿受け部分を支点にしてポンピング動作で誘うのが効果的。あとはマメな底取りも誘いの一つになるよ」と五十嵐利男船長は話す。
小木の瀬は東西に広大なポイントを有し、ゲストも多彩である。産卵後ではあるが3㎏クラスのマダラは定番のゲスト。他にマハタやクロソイ、大カサゴやアラといった高級魚がまじるのが嬉しい。「水温が上がればアミはいなくなるよ。例年どおりであれば4月以降はハチメの数釣りが楽しめる様になるはず。6月上旬迄はハチメ釣りをメインに出船しますよ」と船長は言う。激うまのハチメ釣りは乗船時間10時間、実釣時間7時間で1万円と非常にリーズナブルな料金設定であるため人気が高い。早めの予約をおススメする。

以上の記事は「つり丸」2018年4月15日号の掲載情報です。

関連記事
茨城・鹿島沖、今 期も例年通り大型ラッシュで開幕!ラッシュからの乗り継続中!コツはソフトな誘いとステイ!浅場でパラソル級の多点掛けを満喫しよう!
鹿島沖では例年になく水温が高く、活性が高い魚が多く、いろいろな魚種がまじって五目釣り感覚で楽しめている。取材当日は本命マダイがまじる展開!中ダイクラスのヒットも!!
南房江見沖のコマセ五目釣りが元気一杯!アマダイ、オニカサゴ、キダイなどの底物中心の冬・春バージョンへとスタイルチェンジ!イサキは、すごい勢いで食い盛っている。
御宿岩和田港「太平丸」の外房・早春限定リレー!朝イチに寒サバを狙って!ヤリイカ狙いへ移行する!寒サバは良型が多く特大サイズも!ヤリイカはトップ30杯台を記録する日もあり、今後が楽しみだ。
「アタリを出して、掛ける」という釣りを手軽に楽しむなら、東京湾のシロギスがオススメだ。金沢八景「荒川屋」では、午前、午後船でトップ20匹前後の釣果が記録されている。
最新記事
茨城・鹿島沖、今 期も例年通り大型ラッシュで開幕!ラッシュからの乗り継続中!コツはソフトな誘いとステイ!浅場でパラソル級の多点掛けを満喫しよう!
東京湾のシーバスジギングが好調!横浜新山下「渡辺釣船店」取材日は数はもちろん、スズキクラスも連発!水温が上昇に転じれば活発に食い始めるのもパターンだ!
コマセに混ぜるだけ!シマアジをきらめきと匂いで誘う添加剤 「シマアジキラーbyエイト」
鹿島沖では例年になく水温が高く、活性が高い魚が多く、いろいろな魚種がまじって五目釣り感覚で楽しめている。取材当日は本命マダイがまじる展開!中ダイクラスのヒットも!!
開拓から5年目を迎えた犬吠沖のアカムツは、人気・実績ともにますますヒートアップ!波崎港「仁徳丸」の取材日では、大型まじりで3名が規定数の10匹に到達。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル