MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
タイラバゲーム好調! これからは乗っ込み大ダイシーズン【東京湾】

タイラバゲーム好調! これからは乗っ込み大ダイシーズン【東京湾】

数を楽しむ釣りではない。一枚一枚を大事に楽しむ。そんな釣りのひとつが東京湾のタイラバゲームだ。

perm_media 《画像ギャラリー》タイラバゲーム好調! これからは乗っ込み大ダイシーズン【東京湾】の画像をチェック! navigate_next

我慢の時間が続いたが、2㎏クラスを皮切りにポツリポツリ…。潮が上げに転じてからはバタバタと食いが立つ場面もあった

扁平な魚体ならではの、竿先を叩くような独特の引き込み! マダイだ!

船中第一号はキレイな2㎏クラス! 釣り人は横浜市の氏家重樹さん。「海底から3mくらいで小さくアタったので巻き続けて乗せました!」

なんか引きが変だよ、と言いながらファイト。姿を見せたのはシーバスだった。

バレるな! と念じながら巻き続ける。これがタイラバゲームの醍醐味だ。

キャッチしたあとの満足感。小型でもキレイな魚体で楽しめるのがマダイの魅力。

風次第では船を立てるが、片舷に並んでのドテラ流しで広く探るのが基本であり理想。

余計なアクションは不要。規則正しく巻き続けることが大切だ。

マダイのポイントとイナダ、サワラポイントは近い。状況次第でジギング、キャスティングタックルが活躍することも!

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・磯子「釣福丸」。

「出船するごとに型は出ているよ。一年中釣れるけど、これからは乗っ込みシーズン。型も期待できるよね」
とは、東京湾のルアーゲームを幅広く楽しませてくれる、横浜磯子「釣福丸」の福住武彦船長。
三寒四温の言葉通りの陽気が続いた3月下旬。マダイのご機嫌伺いに、同船取材をお願いした。
時合いがはっきりすることが多いタイラバゲーム。当日は中潮。下げ3分前後からスタート。昼前に干潮という潮周りだった。やはり潮が動きだす、または止まる直前に集中したいところだが、常に釣り続けることも大切だ。
スロースタートの一日だった。干潮前まで船中ノーフィッシュ。我慢の時間が続いたが、2㎏クラスを皮切りにポツリポツリ。潮が上げに転じてからはバタバタと食いが立つ場面もあった。やはり、釣れるタイミングで確実にキャッチすることが大切、ということを実感した展開となった。
「難しい釣りじゃないからね。誰でも楽しめる。いい時期だからおすすめですよ」と福住船長。
暖かい陽光を浴びながらのタイラバゲーム。春の訪れを実感できること、うけ合いだ!

以上の記事は「つり丸」2018年4月15日号の掲載情報です。

関連記事
ライトルアーゲームで楽しむ東京湾の春。ターゲットはシーバスをメインにいろいろ!シーバス、マゴチ、マダイetc釣れる魚を楽しく釣っていくシーバス五目ゲームを紹介!
今期は当たり年という外房川津沖周辺のマダイ!アベレージは堂々のロクマル!外房屈指の大ダイ場も乗っ込み中だ!一定の速度で巻き巻きしてゲットしよう!
オールシーズンゲームとなっている東京湾タチウオジギング!今回は前半戦だけで30本を記録した猛者がいるほどの食いっぷり!気軽に楽しめる釣りとしてジギングデビューにもおすすめだ。
何が掛かるか分からない!小さなジグで大きな魚を獲る!外房・大原沖でスーパーライトジギングが大盛況だ!潮況が合えばワラサやサワラの回遊魚も期待十分!
最新記事
アカナマダ(アカマンボウ目アカナマダ科アカナマダ)たぶん国内で発見された個体数はそんなに多くない。しかもほとんどが浜に打ち上げられた個体である。
大きなブリやマグロに輸送に最適な保冷バッグ「保冷トライアングル」鰤バッグ/鮪バッグ
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル