MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
ヒラマサ&ワラサ+αが嬉しい、春の青物シーズン到来【千葉・外房】

ヒラマサ&ワラサ+αが嬉しい、春の青物シーズン到来【千葉・外房】

いよいよ外房に青物ルアーゲームの好機到来だ。例年この時期は、ヒラマサやワラサが大きな群れでここ外房に回遊して来るのだ。

perm_media 《画像ギャラリー》ヒラマサ&ワラサ+αが嬉しい、春の青物シーズン到来【千葉・外房】の画像をチェック! navigate_next

ここは外房。10㎏オーバーはもちろん、20〜30㎏というサイズも泳いでいる!

「船中を見てみると、ロングやセミロングでヒットしていなかったので、ショート系にしてみたところヒットしました」と和田さん。浅場でのファイトはスリリング!

吉清晃朗船長と仲乗りさんのダブルネットで無事ランディング。

和田さんはさらにもう一本追加! このヒラマサもショート系ジグにヒット。

後半、再び灘のイワシ反応を攻め、和田さんは今度は98㎝の特大サワラ!

灘でアタリが続かなくなったので、中盤は沖の深場70〜90mラインへ。ワラサをメインで狙ったものの、この1本のみだった。今後新群れとイワシの回遊が期待され、再び上向くはずだ!

サワラは鰆と書くだけあって、春はメインゲストのひとつ。ボトムだけでなく、海面付近までしっかりと誘おう。

イワシの反応では3kgオーバーのマダイもジギングでヒット。

水深90m以上を攻めることもあるので、ジグは200gまで用意しよう。

タックルはキャスティングもジギングもスピニングがメインだが、沖の深場でのジギングはベイトも快適だ。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・川津港「不動丸」。

これから迎えるゴールデンウイーク過ぎ頃までは、“春マサシーズン”と呼ばれるヒラマサ狙いには絶好のタイミング。2〜3㎏の小型サイズ主体ながら、ルアーアングラー憧れのターゲットが初心者も釣りやすいとあって、青物ルアーゲームの入門にも最適なのだ。
とはいえ、ここは外房。10㎏オーバーはもちろん、20〜30㎏というサイズも泳いでいる。ベテランアングラーも落ち着いてはいられない時期である。
さらに、春は本命のヒラマサとワラサにくわえ、漢字で魚へんに春と書く、まさに春が旬の魚・サワラ、そして桜色が美しいマダイ、今回の取材では登場しなかったがヒラメなどといったプラスαの多彩なゲストも嬉しい。
「春は天候も安定せず釣果にも日ムラはありますが、最近はイワシの反応が多く見られるようになってきましたので、それにいろんな魚が着いて回遊して来ます。これから増々楽しくなりますよ!」とは、勝浦川津港「不動丸」の吉清晃朗船長。
ぜひこの最高のタイミングで、青物ルアーゲームにチャレンジしよう!

以上の記事は「つり丸」2018年4月15日号の掲載情報です。

関連記事
東京湾のマダイが好機突入中!タイラバを使ったマダイゲームは安定感抜群。二大好機の春は大型が出やすいのが魅力!基本釣法をおさらいして大ダイをゲットしよう!
ナイトゲームのシーバス乗合はシーズン前期の最終盤に突入中!夜のキャスティングゲームでシーバス&メバルと遊ぶ!ぜひ一度体験してほしい。
東京湾では、いよいよ乗っ込みマダイのXデー間近!各地ではマダイ好調の報せがちらほらと入り始めた。走水港の「政信丸」でもお腹はパンパン良型が上がっている!
関東屈指の大ダイ場で、乗っ込みマダイが開幕だ!勝浦川津港「とみ丸」ではプレシーズンで大ダイが爆釣中!夢の大ダイを狙ってみよう!
最新記事
「つり丸・4月15日号(2021年)」の第3特集に掲載され波崎「信栄丸」の波崎沖の春のヤリイカ釣り取材の様子を動画で公開。
西伊豆戸田沖の夜ムギイカ釣りがシーズンイン!アンカーを打ってのカカリ釣りだから、ビギナーでも対応しやすい。盛期ともなれば束釣りは日常茶飯事、2束、3束なんて釣果も飛び出す。
4 月に解禁した大物釣りの聖地“銭洲”でシマアジが絶好調だ。解禁日も凪ぎ日に恵まれ、五目釣りを得意とする沼津「舵丸」船上では、シマアジとカンパチが乱舞した。
「つり丸・5月15日号(2021年)」の第1特集に掲載された東京湾・走水沖のビシアジ取材の様子を公開!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル