ヒラマサ&ワラサ+αが嬉しい、春の青物シーズン到来【千葉・外房】

ヒラマサ&ワラサ+αが嬉しい、春の青物シーズン到来【千葉・外房】

いよいよ外房に青物ルアーゲームの好機到来だ。例年この時期は、ヒラマサやワラサが大きな群れでここ外房に回遊して来るのだ。


ここは外房。10㎏オーバーはもちろん、20〜30㎏というサイズも泳いでいる!

「船中を見てみると、ロングやセミロングでヒットしていなかったので、ショート系にしてみたところヒットしました」と和田さん。浅場でのファイトはスリリング!

吉清晃朗船長と仲乗りさんのダブルネットで無事ランディング。

和田さんはさらにもう一本追加! このヒラマサもショート系ジグにヒット。

後半、再び灘のイワシ反応を攻め、和田さんは今度は98㎝の特大サワラ!

灘でアタリが続かなくなったので、中盤は沖の深場70〜90mラインへ。ワラサをメインで狙ったものの、この1本のみだった。今後新群れとイワシの回遊が期待され、再び上向くはずだ!

サワラは鰆と書くだけあって、春はメインゲストのひとつ。ボトムだけでなく、海面付近までしっかりと誘おう。

イワシの反応では3kgオーバーのマダイもジギングでヒット。

水深90m以上を攻めることもあるので、ジグは200gまで用意しよう。

タックルはキャスティングもジギングもスピニングがメインだが、沖の深場でのジギングはベイトも快適だ。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・川津港「不動丸」。

これから迎えるゴールデンウイーク過ぎ頃までは、“春マサシーズン”と呼ばれるヒラマサ狙いには絶好のタイミング。2〜3㎏の小型サイズ主体ながら、ルアーアングラー憧れのターゲットが初心者も釣りやすいとあって、青物ルアーゲームの入門にも最適なのだ。
とはいえ、ここは外房。10㎏オーバーはもちろん、20〜30㎏というサイズも泳いでいる。ベテランアングラーも落ち着いてはいられない時期である。
さらに、春は本命のヒラマサとワラサにくわえ、漢字で魚へんに春と書く、まさに春が旬の魚・サワラ、そして桜色が美しいマダイ、今回の取材では登場しなかったがヒラメなどといったプラスαの多彩なゲストも嬉しい。
「春は天候も安定せず釣果にも日ムラはありますが、最近はイワシの反応が多く見られるようになってきましたので、それにいろんな魚が着いて回遊して来ます。これから増々楽しくなりますよ!」とは、勝浦川津港「不動丸」の吉清晃朗船長。
ぜひこの最高のタイミングで、青物ルアーゲームにチャレンジしよう!

以上の記事は「つり丸」2018年4月15日号の掲載情報です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

http://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


カモシ釣りヒラマサ&マダイの仕掛けをご紹介します(作栄丸)

カモシ釣りヒラマサ&マダイの仕掛けをご紹介します(作栄丸)

昨年に続いてカモシ釣りで伺ったのは「作栄丸」。昨年の取材時には10㎏級のヒラマサが三連発という驚愕の釣りを体験した。今年もヒラマサは好調に釣れているとのこと、大型ヒラマサの期待を胸に行川港へと向かった。


今、まさに大物ラッシュの銭州! 大型カンパチを釣る!(龍正丸)

今、まさに大物ラッシュの銭州! 大型カンパチを釣る!(龍正丸)

大物、そして高級魚たちがひしめく釣りの聖地・銭洲。今期は、まだそのポテンシャルを十二分に発揮していない当地だったが、黒潮の接岸と共に水温が上昇。大物がいつスパークするかの秒読み態勢になったとのことで、7月9日に下田港「龍正丸」より出船してきた。


2ケタ釣果もある! 夏のヒラメの仕掛け&釣り方をご紹介(孝進丸)

2ケタ釣果もある! 夏のヒラメの仕掛け&釣り方をご紹介(孝進丸)

真夏のヒラメ釣りと言えば、真っ先に思い浮かぶのが外房、銚子、飯岡エリア。毎年6月1日から解禁し翌年3月までのロングランでヒラメが狙え、他の釣り場の多くが禁漁となる夏場もコンスタントな釣果が期待できるのが特徴だ。


昼はウイリー五目&夜は生きエサの泳がせでBIGな魚を釣ろう(光海丸)

昼はウイリー五目&夜は生きエサの泳がせでBIGな魚を釣ろう(光海丸)

下越の間瀬沖では、アジが乗っ込み期に入り、大アジが数釣れている。昼間はむろん夜も好調だ。昨年からスタートした、夜釣りの泳がせでは大ビラメのほか、ワラサ、ブリが高確率でヒット中だ。


人気の釣り技法”落とし込み釣り”を鴨川沖で試す!(第三新生合同丸)

人気の釣り技法”落とし込み釣り”を鴨川沖で試す!(第三新生合同丸)

「落とし込み」の釣りとは、九州・平戸発祥の釣りと言われ、現在では玄海灘などでもとても高い人気を誇る釣りだ。魚探で小魚(ベイト)の反応を見つけ、サビキでエサを付けて、その下についた大型魚を狙うという釣りである。「食わせサビキ」などとも呼び、大型青物からヒラメ、根魚まで小魚を捕食するあらゆる魚がターゲットと言ってもいい。


最新の投稿


大型も数も期待大! 夏のルアータチウオタックルをご紹介(太田屋)

大型も数も期待大! 夏のルアータチウオタックルをご紹介(太田屋)

東京湾の夏タチウオがいよいよベストシーズンに突入だ。夏場は水深10〜40m前後と浅いポイントを攻めることが多く、釣りやすいので初心者が入門するには最適な時期。また、浅いということは手返しもよくなり、釣果も伸びやすい。


爆釣を体感せよ! 駿河湾のシイラ…今後はカツオやキハダも(福将丸)

爆釣を体感せよ! 駿河湾のシイラ…今後はカツオやキハダも(福将丸)

台風の影響によるウネリが大きい。次第に風が強まる予報もあった。ピーカン&ベタ凪ぎが最高とされるシイラ狙いには、決して好条件とは言えない。そんな取材日だった。


東京湾の人気魚カサゴをファミリーで手軽に楽しく釣ろう!(新健丸)

東京湾の人気魚カサゴをファミリーで手軽に楽しく釣ろう!(新健丸)

夏が来れば思い出すのは遥かな尾瀬だけではない。山上の湿地帯では水芭蕉かも知れないが、身近な所では紫陽花が見頃である。花をめでながらの山歩きも良いが海の上もホントに気持ちの良い季節。浅場の根魚釣りもベストシーズンの到来だ。


手軽に美味しいアジが狙える! 絶品東京湾のLTアジ(黒川丸)

手軽に美味しいアジが狙える! 絶品東京湾のLTアジ(黒川丸)

夏休みのこの時期、家族や友人とともに沖釣りを楽しむのにおすすめな釣り物の一つが東京湾のLTアジだ。


一束釣りも!ジャンボシロギスの穴場はココにあり!(山天丸釣船店)

一束釣りも!ジャンボシロギスの穴場はココにあり!(山天丸釣船店)

「小型のキスを狙えば、もっと数が出るんでしょうけど、良型に的を絞ってポイントを流しますから」と、話すのは久比里「やまてん丸」の臼井弘船長。そう、臼井船長が得意とする久里浜沖をメインとしたシロギス釣りは、ジャンボサイズが看板だ。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読