沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果報告、仕掛け、タックル、釣り方、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

ヒラマサ&ワラサ+αが嬉しい、春の青物シーズン到来【千葉・外房】

ヒラマサ&ワラサ+αが嬉しい、春の青物シーズン到来【千葉・外房】

いよいよ外房に青物ルアーゲームの好機到来だ。例年この時期は、ヒラマサやワラサが大きな群れでここ外房に回遊して来るのだ。


ここは外房。10㎏オーバーはもちろん、20〜30㎏というサイズも泳いでいる!

「船中を見てみると、ロングやセミロングでヒットしていなかったので、ショート系にしてみたところヒットしました」と和田さん。浅場でのファイトはスリリング!

吉清晃朗船長と仲乗りさんのダブルネットで無事ランディング。

和田さんはさらにもう一本追加! このヒラマサもショート系ジグにヒット。

後半、再び灘のイワシ反応を攻め、和田さんは今度は98㎝の特大サワラ!

灘でアタリが続かなくなったので、中盤は沖の深場70〜90mラインへ。ワラサをメインで狙ったものの、この1本のみだった。今後新群れとイワシの回遊が期待され、再び上向くはずだ!

サワラは鰆と書くだけあって、春はメインゲストのひとつ。ボトムだけでなく、海面付近までしっかりと誘おう。

イワシの反応では3kgオーバーのマダイもジギングでヒット。

水深90m以上を攻めることもあるので、ジグは200gまで用意しよう。

タックルはキャスティングもジギングもスピニングがメインだが、沖の深場でのジギングはベイトも快適だ。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・川津港「不動丸」。

これから迎えるゴールデンウイーク過ぎ頃までは、“春マサシーズン”と呼ばれるヒラマサ狙いには絶好のタイミング。2〜3㎏の小型サイズ主体ながら、ルアーアングラー憧れのターゲットが初心者も釣りやすいとあって、青物ルアーゲームの入門にも最適なのだ。
とはいえ、ここは外房。10㎏オーバーはもちろん、20〜30㎏というサイズも泳いでいる。ベテランアングラーも落ち着いてはいられない時期である。
さらに、春は本命のヒラマサとワラサにくわえ、漢字で魚へんに春と書く、まさに春が旬の魚・サワラ、そして桜色が美しいマダイ、今回の取材では登場しなかったがヒラメなどといったプラスαの多彩なゲストも嬉しい。
「春は天候も安定せず釣果にも日ムラはありますが、最近はイワシの反応が多く見られるようになってきましたので、それにいろんな魚が着いて回遊して来ます。これから増々楽しくなりますよ!」とは、勝浦川津港「不動丸」の吉清晃朗船長。
ぜひこの最高のタイミングで、青物ルアーゲームにチャレンジしよう!

以上の記事は「つり丸」2018年4月15日号の掲載情報です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

http://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


沖釣り専門誌が取材した【棒面丸】の釣り情報3選!

沖釣り専門誌が取材した【棒面丸】の釣り情報3選!

沖釣り専門誌「つり丸」編集部が取材した【剣崎松輪港・棒面丸】でのタックル、仕掛け、釣り方、注意点などをご紹介。マダイ、カサゴ、ワラサなどがターゲット。


ヒラマサ炸裂! キャスティング&ジギングで狙う!(松鶴丸)

ヒラマサ炸裂! キャスティング&ジギングで狙う!(松鶴丸)

例年ならすでに秋のベストシーズンに突入している外房のヒラマサ。しかし今年は高水温の影響なのか、本格化が少し遅れていた。


ワラサの有名ポイントで確実に本命をしとめる方法とは?(清貢丸)

ワラサの有名ポイントで確実に本命をしとめる方法とは?(清貢丸)

近年、タックルの性能は向上し、軟らかいマダイロッドを使ったタックルでも容易にワラサが釣れるようになった。だが、ロッドが軟らかくなった分、コマセワークが肝となるワラサ釣りには、理想のコマセまきができなくなっている、と稲本貢一船長は話す。


ジギング&キャスティングで攻略! 秋の青物ゲーム(松鶴丸)

ジギング&キャスティングで攻略! 秋の青物ゲーム(松鶴丸)

外房もについに秋の青物シーズン到来! 9月に入ってから大本命・ヒラマサを筆頭に、とくにイナダやワラサがジギングで好調だ。


解禁から好調で数釣りも! 大原沖・大判ヒラメの期待高まる(春栄丸)

解禁から好調で数釣りも! 大原沖・大判ヒラメの期待高まる(春栄丸)

11月に入って茨城エリアでもヒラメが解禁したが、房総エリアも解禁からコンスタントに釣れ続いている。外房大原沖もヒラメ好調ポイントのひとつ


最新の投稿


沖釣り専門誌が取材した【棒面丸】の釣り情報3選!

沖釣り専門誌が取材した【棒面丸】の釣り情報3選!

沖釣り専門誌「つり丸」編集部が取材した【剣崎松輪港・棒面丸】でのタックル、仕掛け、釣り方、注意点などをご紹介。マダイ、カサゴ、ワラサなどがターゲット。


バーチカルな釣りに特化!ベイトリール「エラン SW VTN 73R/73L」

バーチカルな釣りに特化!ベイトリール「エラン SW VTN 73R/73L」

ライトジギングやタイラバなどのライトゲームに最適なベイトリールシリーズ「ELAN」の新モデルをご紹介!


派手なアタリと安定感抜群のイシモチ釣りにでかけよう!(小柴丸)

派手なアタリと安定感抜群のイシモチ釣りにでかけよう!(小柴丸)

東京湾のイシモチは、近場で手軽に数釣りが楽しめ、食べても美味しいターゲットだ。9月の後半になり、水温の低下とともにトップ40~60匹の好釣果が続いている、数ある沖釣りターゲットの中でも安定感は抜群の釣りだ。


タナを見極め誘いで食わせる! アマダイ仕掛け&誘い方(巳之助丸)

タナを見極め誘いで食わせる! アマダイ仕掛け&誘い方(巳之助丸)

東京湾口のアマダイのタックルはノーマルタックルで狙うのが基本だ。竿はオモリ80号を背負えて、穂先でアタリの取りやすい、8対2調子から7対3調子のものが扱いやすい。底を取り直して、タナを小まめに調整する必要があるので、あまり軟らかい竿は向かないので注意しよう。長さは一日手持ちでやるので2m前後が扱いやすいだろう。


船の小物釣りに便利!大洋ベンダーズの「マグ太郎Light」がおすすめ!

船の小物釣りに便利!大洋ベンダーズの「マグ太郎Light」がおすすめ!

軽量&コンパクトで小物釣りに便利な3本バリ対応のマグネット板!使い勝手抜群なフックプレートのご紹介です。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読