ヒラマサ&ワラサ+αが嬉しい、春の青物シーズン到来【千葉・外房】

ヒラマサ&ワラサ+αが嬉しい、春の青物シーズン到来【千葉・外房】

いよいよ外房に青物ルアーゲームの好機到来だ。例年この時期は、ヒラマサやワラサが大きな群れでここ外房に回遊して来るのだ。


ここは外房。10㎏オーバーはもちろん、20〜30㎏というサイズも泳いでいる!

「船中を見てみると、ロングやセミロングでヒットしていなかったので、ショート系にしてみたところヒットしました」と和田さん。浅場でのファイトはスリリング!

吉清晃朗船長と仲乗りさんのダブルネットで無事ランディング。

和田さんはさらにもう一本追加! このヒラマサもショート系ジグにヒット。

後半、再び灘のイワシ反応を攻め、和田さんは今度は98㎝の特大サワラ!

灘でアタリが続かなくなったので、中盤は沖の深場70〜90mラインへ。ワラサをメインで狙ったものの、この1本のみだった。今後新群れとイワシの回遊が期待され、再び上向くはずだ!

サワラは鰆と書くだけあって、春はメインゲストのひとつ。ボトムだけでなく、海面付近までしっかりと誘おう。

イワシの反応では3kgオーバーのマダイもジギングでヒット。

水深90m以上を攻めることもあるので、ジグは200gまで用意しよう。

タックルはキャスティングもジギングもスピニングがメインだが、沖の深場でのジギングはベイトも快適だ。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・川津港「不動丸」。

これから迎えるゴールデンウイーク過ぎ頃までは、“春マサシーズン”と呼ばれるヒラマサ狙いには絶好のタイミング。2〜3㎏の小型サイズ主体ながら、ルアーアングラー憧れのターゲットが初心者も釣りやすいとあって、青物ルアーゲームの入門にも最適なのだ。
とはいえ、ここは外房。10㎏オーバーはもちろん、20〜30㎏というサイズも泳いでいる。ベテランアングラーも落ち着いてはいられない時期である。
さらに、春は本命のヒラマサとワラサにくわえ、漢字で魚へんに春と書く、まさに春が旬の魚・サワラ、そして桜色が美しいマダイ、今回の取材では登場しなかったがヒラメなどといったプラスαの多彩なゲストも嬉しい。
「春は天候も安定せず釣果にも日ムラはありますが、最近はイワシの反応が多く見られるようになってきましたので、それにいろんな魚が着いて回遊して来ます。これから増々楽しくなりますよ!」とは、勝浦川津港「不動丸」の吉清晃朗船長。
ぜひこの最高のタイミングで、青物ルアーゲームにチャレンジしよう!

以上の記事は「つり丸」2018年4月15日号の掲載情報です。

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

http://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


仕立ならでは…豪華! ワラサ&キハダリレー釣り⁉︎(昇丸)

仕立ならでは…豪華! ワラサ&キハダリレー釣り⁉︎(昇丸)

かつてこんな夢のような釣りがあっただろうか。ワラサ・キハダリレーだ。朝一番で剣崎沖から城ヶ島沖のワラサを狙い、お土産を確保してからキハダを狙う。


丸々太って美味しいワラサを釣りに行こう!(ゆたか丸)

丸々太って美味しいワラサを釣りに行こう!(ゆたか丸)

東伊豆エリアのワラサは、9月中旬過ぎから初島沖で開幕。その数日後、川奈沖でも開幕した。10月前半の時点では初島沖でも川奈沖でも釣れている。まだ爆釣はしていないが、トップ2〜4本という日が目立つ。サイズは3㎏前後がアベレージで、イナワラサイズから4㎏オーバーの良型もまじっている。


カッタクリ&泳がせで狙う! カンパチ五目釣り(寿々木丸)

カッタクリ&泳がせで狙う! カンパチ五目釣り(寿々木丸)

一度の釣行で、いろいろな釣りを楽しみつつ、狙った獲物も高確率で仕留めたい…。そんな、欲張り派の釣り人にもってこいで、さらに、さまざまな魚が顔を出す五目釣りが外房・小湊沖で展開されている!


水深浅く、釣り味抜群! 飯岡沖のヒラメの釣り方&仕掛け(梅花丸)

水深浅く、釣り味抜群! 飯岡沖のヒラメの釣り方&仕掛け(梅花丸)

6月から開幕している外房・飯岡沖のヒラメ。今年は開幕から良型、大型が取り込まれるのが目立っている。今回取材した飯岡港「梅花丸」も開幕から大型をコンスタントに取り込んでいる。開幕初日、二日目と5kgオーバーを取り込み、その後も4kg台の大型を何枚も取り込んでいるのだ。


水深も浅く釣りやすい! 外房・大原沖ひとつテンヤマダイ(LT広布号)

水深も浅く釣りやすい! 外房・大原沖ひとつテンヤマダイ(LT広布号)

秋の大原沖は例に漏れず、浅場で中小型の数釣りが期待できる時期。水深20m前後のポイントで、条件がそろえばキロ前後ぐらいまでのサイズをトップ2桁釣果も珍しくない。中小型がメインになるが、状況次第では大型のヒットもあるのだ。


最新の投稿


何を狙うか? どう狙うか? 相模湾カツオのコマセ釣り(洋征丸)

何を狙うか? どう狙うか? 相模湾カツオのコマセ釣り(洋征丸)

8月1日に開幕した相模湾のコマセのキハダ&カツオ。昨年はいきなりデカキハダが出現したし、一昨年は良型カツオのラッシュでスタートしたが、今年はちょっと静かなスタートになった。どちらも黒潮の影響を受け、今年は遅れ気味との事前情報があった。


好反応続き視界良好! 鹿島沖のひとつテンヤマダイ(義心丸)

好反応続き視界良好! 鹿島沖のひとつテンヤマダイ(義心丸)

茨城・鹿島沖のひとつテンヤマダイが秋シーズンに突入した。「今年はお盆過ぎあたりから食いだしました。キロ前後主体ですが2㎏前後まじりで順調に食っていますよ」と、鹿島港「義心丸」の大森誠船長は言う。


爆発力は計り知れず! トップ2桁釣果もあり! コマセマダイ(忠彦丸)

爆発力は計り知れず! トップ2桁釣果もあり! コマセマダイ(忠彦丸)

8月後半からマダイ、ワラサが好調に釣れている久里浜沖。10月前半の時点では、マダイがまずまずの好調でそれにワラサやイシダイ、イサキなどがまじっている。「これから年内いっぱいぐらいまでは、潮次第でマダイの数釣りが楽しめます。そのほかワラサ、イナダの青物やイシダイ、イサキがまじります」と話す金沢漁港「忠彦丸」の生駒剛船長。


ショートロッドで大ダイと勝負! 西川名沖のコマセマダイ(竜一丸)

ショートロッドで大ダイと勝負! 西川名沖のコマセマダイ(竜一丸)

西川名港「竜一丸」は、8月から12月までマダイを狙う。得意としているポイントは、基地としている西川名港前。モロコも多く生息するポイントだけにさまざまな条件が整った海である。今期は、例年どおり8月にイサキ釣りからバトンタッチし、マダイ釣りを開始。開幕直後から順調にマダイがあがっている。


狙いは3kg級! 激うまトロキンメダイを釣る!(惠丸)

狙いは3kg級! 激うまトロキンメダイを釣る!(惠丸)

「潮が速くてね、上手いこと釣りになるか分からないよ」ちょっと自信なさげなコメントからスタートした新島沖のキンメゲーム。言葉の主は「惠丸」の良川福一船長だ。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読