MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
10㎏モンスターマダイも夢ではないぞ!【沼津沖】

10㎏モンスターマダイも夢ではないぞ!【沼津沖】

駿河湾最奥部沼津の内浦湾も乗っ込みマダイシーズンに突入中だ。今シーズンは、広範囲にマダイが回遊しているので、各船深場から浅場まで、攻めるポイントはさまざまだ。

perm_media 《画像ギャラリー》10㎏モンスターマダイも夢ではないぞ!【沼津沖】の画像をチェック! navigate_next

波静かな湾内の釣りは仕掛けのバランスが大事、午前と午後の2便制を活用しよう!

沖揚がりの合図と同時にヒットした3.4㎏の乗っ込みマダイ。いつヒットするかわからないので最後まで諦めないことが大切だ。

毎年10㎏オーバーの実績がある湾内。慎重なやり取りが大切だ。

夕マヅメはゴールデンタイム。沖揚がり直前に入れ食いになることも。

港前のイケス周りも釣果が出ている。アタれば大型。エサ取り魚も少ないので、アタリが少なくても我慢しよう。

湾内は曇天や雨天の日も狙い目だ。荒食いすることがある。

乗っ込みだがきれいな魚体のマダイが多い。

クロダイはこの時期常連ゲスト。食べておいしいぞ。

珍しいマハタが浮上。小魚にバイトした。

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・沼津静浦港「真成丸」。

「今年はイケス周りから根周りまでどこでも食ってるよ」とは、沼津静浦港「真成丸」の高橋判船長。
湾内のマダイはいつ食うかわからない。分かりやすい時合いは朝マヅメと夕マヅメ。それ以外の時間は釣り人の工夫が必要だと高橋船長はいう。
「マダイはかなりいますよ。湾内で一番大事なことは、タナ取りです。指示ダナは出しますが、各自で食いダナを探ることが必要です。ビシを下げ過ぎると魚が逃げてしまうのでダメですが、指示ダナ付近である程度のビシの上下はオッケーです」
仕掛けはハリス4号12m。だが、これより短い仕掛けでマダイがよく釣れることもある。食いダナが当たるとよくあることだという。
湾内のマダイ釣りは、午前と午後の2便制。これを上手に活用して乗っ込み大ダイをキャッチしよう。習うより通って慣れろ、が湾内の釣り。10㎏オーバーモンスターも夢ではないぞ。

以上の記事は「つり丸」2012年5月15日号の掲載情報です。

関連記事
「浜名湖で一番アカムツを釣らせる」を自負する「ボートクラブ カナル」取材当日もキロムツ含め13ヒット11キャッチ!結果を残した!
外房・御宿沖の伝統釣法・カモシ釣りが好機!良型マダイがラッシュ中で、ヒラマサの回遊もあり!夢のある釣りを絶賛展開中だ!この機会にぜひ!
新潟県上越・直江津沖。夏のイチオシターゲットがオキメバルだ!活性が高いと良型ばかりズラズラズラリと多点掛けするのが特徴。夜は半夜で楽しむアカイカシーズンが開幕!
東京湾がいよいよ照りゴチシーズン突入!産卵後の荒食いが期待できる この時期は入門にもオススメ!とても美味なので食のほうでも楽しめる。
最新記事
「つり丸・8月1日号(2021年)」の巻頭第1特集に掲載された石川県・金沢港「北龍丸」の夜釣りで大人気のケンサキイカのメタルスッテゲームの取材の様子を動画で公開。
日本海の7月8月は夜釣りがメイン。メタルスッテゲームでケンサキイカが最盛期に!昼はライト泳がせでキジハタ&ヒラメを狙う!
「浜名湖で一番アカムツを釣らせる」を自負する「ボートクラブ カナル」取材当日もキロムツ含め13ヒット11キャッチ!結果を残した!
東京湾のタイラバゲームは終盤戦に突入しているが、まだまだ入門者にもお手軽な時期だ!取材日もマダイ初挑戦という女性が見事にキャッチに成功!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル