MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
10㎏モンスターマダイも夢ではないぞ!【沼津沖】

10㎏モンスターマダイも夢ではないぞ!【沼津沖】

駿河湾最奥部沼津の内浦湾も乗っ込みマダイシーズンに突入中だ。今シーズンは、広範囲にマダイが回遊しているので、各船深場から浅場まで、攻めるポイントはさまざまだ。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

波静かな湾内の釣りは仕掛けのバランスが大事、午前と午後の2便制を活用しよう!

沖揚がりの合図と同時にヒットした3.4㎏の乗っ込みマダイ。いつヒットするかわからないので最後まで諦めないことが大切だ。

毎年10㎏オーバーの実績がある湾内。慎重なやり取りが大切だ。

夕マヅメはゴールデンタイム。沖揚がり直前に入れ食いになることも。

港前のイケス周りも釣果が出ている。アタれば大型。エサ取り魚も少ないので、アタリが少なくても我慢しよう。

湾内は曇天や雨天の日も狙い目だ。荒食いすることがある。

乗っ込みだがきれいな魚体のマダイが多い。

クロダイはこの時期常連ゲスト。食べておいしいぞ。

珍しいマハタが浮上。小魚にバイトした。

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・沼津静浦港「真成丸」。

「今年はイケス周りから根周りまでどこでも食ってるよ」とは、沼津静浦港「真成丸」の高橋判船長。
湾内のマダイはいつ食うかわからない。分かりやすい時合いは朝マヅメと夕マヅメ。それ以外の時間は釣り人の工夫が必要だと高橋船長はいう。
「マダイはかなりいますよ。湾内で一番大事なことは、タナ取りです。指示ダナは出しますが、各自で食いダナを探ることが必要です。ビシを下げ過ぎると魚が逃げてしまうのでダメですが、指示ダナ付近である程度のビシの上下はオッケーです」
仕掛けはハリス4号12m。だが、これより短い仕掛けでマダイがよく釣れることもある。食いダナが当たるとよくあることだという。
湾内のマダイ釣りは、午前と午後の2便制。これを上手に活用して乗っ込み大ダイをキャッチしよう。習うより通って慣れろ、が湾内の釣り。10㎏オーバーモンスターも夢ではないぞ。

以上の記事は「つり丸」2012年5月15日号の掲載情報です。

関連記事
黄金色に輝く魚体が美味しさを象徴している東京湾の〝金アジ〟が超激アツ!水深浅く入門にも最適!寒くても絶好調の激うま金アジ!LTで手軽に釣って堪能しよう!!
東京湾のカワハギが復調気配。今シーズンはこの時期になっても良型主体で高活性が続いてる!肝もまだまだパンパンでまさに釣って良し食べて良しの最盛期状態だ。
南房・白浜沖でヤリイカがいよいよ本格シーズンに突入! 群れは濃厚、誰でも数釣り!サバが多い時は一工夫で乗り切れ!今なら誰でも激アツだ!
御前崎沖のマダイ五目に注目。海はまだ高水温秋の様子でいろんな魚たちが高活性!新たなメインターゲット!?のメイチダイにも注目だ!ハリス全長8m・2本バリで釣ろう!
城ケ島沖〜沖ノ瀬でクロムツ&アカムツが好調!この時期は高確率でダイヤをゲットできる。黒から赤の夢のダイヤリレー!今シーズンもダイヤはザクザクだ!!
最新記事
黄金色に輝く魚体が美味しさを象徴している東京湾の〝金アジ〟が超激アツ!水深浅く入門にも最適!寒くても絶好調の激うま金アジ!LTで手軽に釣って堪能しよう!!
東京湾のシーバスゲームが好調だ。今年は数年ぶりの当たり年!本牧「長崎屋」では1月にトップで100本オーバーという日が何日も!
東京湾のカワハギが復調気配。今シーズンはこの時期になっても良型主体で高活性が続いてる!肝もまだまだパンパンでまさに釣って良し食べて良しの最盛期状態だ。
伝統のモデルが大進化!最上位機種の性能を継承したスピニングリール「アルテグラ」

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル