MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
城ヶ島で開幕! 関東のマルイカシーン、本格シーズン突入【棒面丸】

城ヶ島で開幕! 関東のマルイカシーン、本格シーズン突入【棒面丸】

大変長らくお待たせいたしました。待ちに待った! ついに大場所“城ヶ島”周辺でマルイカが釣れ始めたぞーーー!今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・剣崎松輪港「棒面丸」。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

開幕当初は大型のパラソル級ヤリイカが主体だったが、数日経つとマルイカの比率が高くなり、ついにシーズンインを迎えた

通称・島下と呼ばれる場所には多くのマルイカ船が集結。ついに始まったぞ!

この掛かり方ならまあままかな!?

「恥ずかしいから撮らないでよ~」

グローブライドの長沢博也さんも、やっちゃいました~触腕拝み掛け!

この赤帽スッテは当日のアタリスッテのひとつ。

プランクトンの死骸のような浮遊物が多く、天気も雨模様だったので、ピンク系カラーに乗りがよかった。

開幕当初はこんな大型ヤリイカが多かったが、数日後にはマルイカ主体に。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・剣崎松輪港「棒面丸」。

城ヶ島の西側や東側など通称“島下”と呼ばれるポイントがメイン、その脇には毘沙門沖などもあり、城ヶ島はマルイカ釣りを総合的に楽しめるエリアなのだ。深場、浅場、根あり砂地ありとポイントバリエーションに富んでいる。新群れも入りやすいのでマルイカ初心者も存分に楽しめ、激戦区でもあるので百戦錬磨のベテランの闘争心もあおる。
開幕当初は大型のパラソル級ヤリイカが主体だったが、数日経つとマルイカの比率が高くなり、ついにシーズンインを迎えた。
「潮が安定すれば浅場に入って来ると思いますが、状況がなかなか安定しないのでオモリは30号、40号、50号を持参してください」と「棒面丸」鈴木洋一船長。いよいよマルイカシーズンの本格開幕ですよ!

以上の記事は「つり丸」2012年5月15日号の掲載情報です。

関連記事
船橋港「フレンドシップ」この時期の一押しターゲットは、タイラバを使ったマダイ狙いだ。同じポイントでワラサも狙える!田岡要司船長が、いま釣れるパターン」を忌憚なく公開してくれる!
東京湾のシーバスゲームが好調だ。今年は数年ぶりの当たり年!本牧「長崎屋」では1月にトップで100本オーバーという日が何日も!
東京湾の横須賀沖で、落ちのマダイが絶好調!金沢八景の「野毛屋」では取材日に3.7㎏の良型含みで船中21枚、翌日は40枚、翌々日は49枚と、まるで秋の数釣りハイシーズン!
東京湾・冬期のシーバスゲームは、イワシを追いかけているシーバスの群れを釣るので、確実に数釣りが楽しめる。手軽だけどじつは奥が深い。この魅力をぜひ体験してほしい。
良型中心、だがテクニカルな攻略が必要とされる。そんな状況が続く東京湾のタチウオジギング。「静かなジギング」をキーワードに突破口を探ってみよう。
最新記事
船橋港「フレンドシップ」この時期の一押しターゲットは、タイラバを使ったマダイ狙いだ。同じポイントでワラサも狙える!田岡要司船長が、いま釣れるパターン」を忌憚なく公開してくれる!
「アタリを出して、掛ける」という釣りを手軽に楽しむなら、東京湾のシロギスがオススメだ。金沢八景「荒川屋」では、午前、午後船でトップ20匹前後の釣果が記録されている。
オキメバルをもっと手軽に楽しむために開発された専用ロッド「スーパーディープクルーザー オキメバル」
【富山湾】厳寒期の日本海でも高出船率!陸から近いところで良型スルメイカのノリノリと繊細な釣り方で美味オニカサゴをリレーで楽しもう!
黄金色に輝く魚体が美味しさを象徴している東京湾の〝金アジ〟が超激アツ!水深浅く入門にも最適!寒くても絶好調の激うま金アジ!LTで手軽に釣って堪能しよう!!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル