MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
シイラゲームはやらないヤツは人生損してます!?【相模湾】

シイラゲームはやらないヤツは人生損してます!?【相模湾】

相模湾のシイラがいよいよ活況を呈している。戦略、テクニックを存分に駆使した果てに釣り上げた巨大魚。その瞬間は脳汁噴出。これぞ、ゲームフィッシング醍醐味だ!

今年はシイラの当たり年。数多く、アベレージはメーター前後だが大型も!

見よ! このド迫力。気分はバケモノ退治だぜ。

ジャンプして、横に突っ走って、下に突っ込む。シイラは最高のファイターだ。

水面まで寄せてきても、ネットインするまで油断は禁物だ。

「テイルウォーク」の中村宗彦さんはオスの良型。シンキングペンシルをバックリ!

「サンヨーナイロン」の大澤康広さんはトッププラグでメスの良型!

鳥付きナブラには活性の高いシイラが多くついていて、同時ヒットも珍しくない。船上は大騒ぎだ!

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・平塚港「浅八丸」。

相模湾のシイラがいよいよベストシーズンに突入! 「今年はシイラの当たり年。数は多く、アベレージはメーター前後ですが、大型もいます!」と「浅八丸」石井信幸船長は話す。
オフショアルアーゲームの入門に最適なシイラ。しかし、ベテランアングラーの中村宗彦さんと大澤康広さんは、パワーギアリールを使ってシイラにじっくりルアーを見せ、テクニックで食わせていく。また二人は、キャスティング時のトラブルが少なく、PEに比べバレも少ないナイロンラインをメインで使った。このようにターゲットに合わせてタックルセッティングをすれば、これほどおもしろいターゲットもない。まさに“ゲームフィッシング”と呼ぶにふさわしい、非常にテクニカルなゲームが楽しめるのだ。
キハダで盛り上がる相模湾。シイラもかなりおもしろいよ!

VSシイラのタックルはこんな感じ

シイラゲームではリールのドラグ性能が重要。

取材当日はトッププラグに高反応!

当日は鳥付きナブラを主に攻めた。下にはイワシが。

ラインはPEまたはナイロン。好みでチョイスを。

ルアーはトップウォーターとシンキングペンシルの2タイプは必携!

中村さんと大澤さんの使用タックルは、ロッドが「スプリントスティック74L」「クロシオS70M」、リールが「クロシオ43PG」(いずれもテイルウォーク)。

以上の記事は「つり丸」2014年8月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
相模湾のシイラが例年にないほどのロケットスタートを切っている。特大クラスはまだキャッチでできてないが、メーターオーバーはけっこう出ている。梅雨があければ期待は特大!早めの釣行がおすすめ!
更新: 2019-06-23 07:00:00
今全国各地で盛り上がっている釣り“スーパーライトジギング”とは文字通りPE0.8号前後のライトライン&タックルで楽しむジギング。イサキが代表的ターゲットだが狙いは全国各地に生息するすべての魚たちが対象!
更新: 2019-06-16 07:00:00
鹿島沖の青物がようやく本格化して来た。まだ日ムラはあるものの、ヒラマサにワラサ・イナダがジギングで好調に釣れているのだ。
更新: 2019-06-14 07:00:00
南伊豆出船で狙う、御蔵島のジギング&キャスティングゲームが好調。大型のヒラマサ、キハダが御蔵島に回遊中だ。釣法はジギング、キャスティングともに有効だ。状況によって、両タックルを準備しておくと安心だ!
更新: 2019-06-09 07:00:00
外房の青物ルアーゲームが絶好調!メインターゲットはヒラマサとワラサ。この時期のヒラマサは“春マサ”と呼ばれ、秋と並んで2大シーズンのひとつだ。夢の外房ヒラマサ10㎏オーバーをキャッチするチャンス!!
更新: 2019-06-04 12:00:00
最新記事
エサ釣りとルアー釣りが胴船で釣果を競ってみるとどうなるのか…!? 東京湾のアジ釣りで検証してみました! LTのコマセ釣りとバチコン、果たしてどちらが勝つか…!?
更新: 2019-06-24 13:40:26
昨年、大山沖のイサキ釣りを初経験。「幅広、身厚で良型でこんな美味しいとは」と。関東周辺で釣りをしていると、なかなかイサキ釣行までたどり着かない。その時決意した。「来年こそは、真っ先釣るぞ!」と。
更新: 2019-06-24 13:39:36
釣り人憧れの聖地『銭洲』でアカイカカンパチが始まった。カンパチの大好物アカイカを生きたままエサにするこの釣りは、時として爆発的な釣果を叩き出す。泳がせだけでなくコマセ五目釣りもOK!今年も好調だ!
更新: 2019-06-24 12:00:00
6月1日、関東エリアで先陣を切って開幕した外房飯岡沖の生きイワシエサのヒラメ釣り。夏ビラメは産卵を終え、活発にエサを追うため、数釣りも簡単。大型まじりで、ヒラメ釣り入門にももってこいだ!
更新: 2019-06-23 12:00:00
相模湾のシイラが例年にないほどのロケットスタートを切っている。特大クラスはまだキャッチでできてないが、メーターオーバーはけっこう出ている。梅雨があければ期待は特大!早めの釣行がおすすめ!
更新: 2019-06-23 07:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読