MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
シイラゲームはやらないヤツは人生損してます!?【相模湾】

シイラゲームはやらないヤツは人生損してます!?【相模湾】

相模湾のシイラがいよいよ活況を呈している。戦略、テクニックを存分に駆使した果てに釣り上げた巨大魚。その瞬間は脳汁噴出。これぞ、ゲームフィッシング醍醐味だ!

今年はシイラの当たり年。数多く、アベレージはメーター前後だが大型も!

見よ! このド迫力。気分はバケモノ退治だぜ。

ジャンプして、横に突っ走って、下に突っ込む。シイラは最高のファイターだ。

水面まで寄せてきても、ネットインするまで油断は禁物だ。

「テイルウォーク」の中村宗彦さんはオスの良型。シンキングペンシルをバックリ!

「サンヨーナイロン」の大澤康広さんはトッププラグでメスの良型!

鳥付きナブラには活性の高いシイラが多くついていて、同時ヒットも珍しくない。船上は大騒ぎだ!

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・平塚港「浅八丸」。

相模湾のシイラがいよいよベストシーズンに突入! 「今年はシイラの当たり年。数は多く、アベレージはメーター前後ですが、大型もいます!」と「浅八丸」石井信幸船長は話す。
オフショアルアーゲームの入門に最適なシイラ。しかし、ベテランアングラーの中村宗彦さんと大澤康広さんは、パワーギアリールを使ってシイラにじっくりルアーを見せ、テクニックで食わせていく。また二人は、キャスティング時のトラブルが少なく、PEに比べバレも少ないナイロンラインをメインで使った。このようにターゲットに合わせてタックルセッティングをすれば、これほどおもしろいターゲットもない。まさに“ゲームフィッシング”と呼ぶにふさわしい、非常にテクニカルなゲームが楽しめるのだ。
キハダで盛り上がる相模湾。シイラもかなりおもしろいよ!

VSシイラのタックルはこんな感じ

シイラゲームではリールのドラグ性能が重要。

取材当日はトッププラグに高反応!

当日は鳥付きナブラを主に攻めた。下にはイワシが。

ラインはPEまたはナイロン。好みでチョイスを。

ルアーはトップウォーターとシンキングペンシルの2タイプは必携!

中村さんと大澤さんの使用タックルは、ロッドが「スプリントスティック74L」「クロシオS70M」、リールが「クロシオ43PG」(いずれもテイルウォーク)。

以上の記事は「つり丸」2014年8月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
オフショアルアーゲームのなかで、最もライトな釣りに入るメバル・カサゴゲーム。水温上昇に転じれば、バチ抜けも活発になり、メバルの活性も一気に上向く。ここでは「アイランドクルーズFC」の釣りを紹介する。
多彩なルアーゲームを展開する船橋港の「フレンドシップ」はタイラバゲームを得意とする船のひとつ。魅了されるアングラーも数多いタイラバゲームを紹介する。
東京湾のシーバスが爆釣トップシーズン!千葉・寒川港「小峯丸」では人数限定片舷乗合というオンリーワンシステムを取っているため、ジギングはもちろんキャスティングも思う存分楽しめる!
東京湾・湾奥シーバスゲームが好調!釣り方はジギングが主体で、少し深場を攻める!タックルはベイトがオススメ!寒川港「小峯丸」では取材日に66cmが登場!
横浜新山下「アイランドクルーズFC」では、「メバカサ乗合&仕立」が盛況!メバル狙いの基本ルアーはジグヘッド&ソフトルアー!同船主催「デカメバルトーナメント」覇者、椎野さんオススメタックルも紹介!
最新記事
東京湾のマゴチ釣りが開幕絶好調だ!新子安恵比須橋「だてまき丸」は3月からマゴチ乗合をスタート。60㎝オーバーの大型、トップ5本以上の日も!近年増えているヒラメのほかイカもまじる!このチャンスにぜひ!
震災から6年。福島・相馬港の「明神丸」が年明けに復活!ポイントは原町から相馬沖の岩礁帯。釣れるカレイは、マガレイ、マコガレイ、イシガレイなど。注目すべきはナメタガレイ!トップ22枚という激釣の日も!
サブクーラーとしてさまざまな用途に使えるミニクーラー「マーク無しクーラーミニ」
外房・大原沖は周年マダイが狙え、早春から好釣果が継続。日によってポイントや水深などが変わるので、どんな状況にも対応できるよう準備が大事だ。そこで、テンヤ&タイラバのタックル、釣り方を詳しく解説!
スーパーライトジギングのエントリーモデル「ヴェデル SLJ エアポータブル(マルチピース)」
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読