MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
大物釣りの聖地“銭洲”解禁! メタルジグにカンパチ好反応【銭洲】

大物釣りの聖地“銭洲”解禁! メタルジグにカンパチ好反応【銭洲】

ネープルス周りを漂いながら午前7時を待つ。舵を握る船長から投入開始の合図が出た。「水深32m。どうぞ」、期待とともにルアーマンはメタルジグを、五目釣り師は仕掛けを投じる。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

5人のルアーマンすべてが同時にヒットするという盛り上がりもあったが、基本的には拾い釣りの展開

大物釣りの聖地“銭洲”。夢をかなえる舞台はココだ。

同時ヒットだ! チャンスタイム継続!!

1匹ヒットしたら、フィーバースタート!! 次々にヒットする銭洲のカンパチ。毎年、解禁直後はジギング有利。

この冬黒潮の流入で水温が高かったため、南方系のヒレナガカンパチが多い。

シマアジ乱舞、オオカミ回遊中。

伊豆遠征ジギングシーズン開幕。メタルジグにカンパチ好反応!!

最後までトルクフルなファイトを楽しませてくれる銭洲のカンパチ。

同時ヒットはしばしば。6人同時ヒットもあった。

メタルジグは100〜200g。メインウエイトは120〜150g。ノーマルからセミロングクラスまでの、オーソドックスなものが使いやすい。カラーはシルバー系とゴールド系。

例年4月1日に解禁を迎えている銭洲。今年も同日の解禁が予定されていたが、悪天候に阻まれ続けた結果、銭洲解禁は一週間後にズレ込んだ。解禁当初はエサ釣りよりもジギング有利、とりわけ中小型カンパチ狙いがメインゲームとなることが多いというのが定説。
取材日もやはり最初のヒットはジギングにきた。1㎏クラスのヒレナガカンパチを皮切りに、ポツリポツリとヒットが続く。途中、5人のルアーマンすべてが同時にヒットするという盛り上がりもあったが、基本的には拾い釣りの展開。キャッチできたカンパチは最大で4㎏弱だったが、グッドサイズのバラシもあり、銭洲ならではの潜在能力をちらりと見せてもくれた。
まったくの空振りに終わることもある解禁当初のエサ釣りだが、この日は小型ながらもシマアジが釣れ盛り、これにイサキ、ウメイロなどがまじった。まずまずの釣果と言えよう。 
まだしばらくは、ほぼ同様の状況が期待される。また、5月の連休明け(中?)には泳がせファン待望のアカイカの回遊が始まるはず。
ジギング&エサ釣り、いずれも楽しめる春の銭洲だ。

以上の記事は「つり丸」2012年5月15日号の掲載情報です。

関連記事
東京湾のシーバスゲームが好調だ。今年は数年ぶりの当たり年!本牧「長崎屋」では1月にトップで100本オーバーという日が何日も!
東京湾の横須賀沖で、落ちのマダイが絶好調!金沢八景の「野毛屋」では取材日に3.7㎏の良型含みで船中21枚、翌日は40枚、翌々日は49枚と、まるで秋の数釣りハイシーズン!
東京湾・冬期のシーバスゲームは、イワシを追いかけているシーバスの群れを釣るので、確実に数釣りが楽しめる。手軽だけどじつは奥が深い。この魅力をぜひ体験してほしい。
良型中心、だがテクニカルな攻略が必要とされる。そんな状況が続く東京湾のタチウオジギング。「静かなジギング」をキーワードに突破口を探ってみよう。
鹿島灘名物・青物祭り開催中!ワラサ級主体に釣果安定でジギング入門の大チャンス!サンパク~ワラサ級が大群をつくり、超連発劇を見せてくれる!
最新記事
「アタリを出して、掛ける」という釣りを手軽に楽しむなら、東京湾のシロギスがオススメだ。金沢八景「荒川屋」では、午前、午後船でトップ20匹前後の釣果が記録されている。
オキメバルをもっと手軽に楽しむために開発された専用ロッド「スーパーディープクルーザー オキメバル」
【富山湾】厳寒期の日本海でも高出船率!陸から近いところで良型スルメイカのノリノリと繊細な釣り方で美味オニカサゴをリレーで楽しもう!
黄金色に輝く魚体が美味しさを象徴している東京湾の〝金アジ〟が超激アツ!水深浅く入門にも最適!寒くても絶好調の激うま金アジ!LTで手軽に釣って堪能しよう!!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル