MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
大物釣りの聖地“銭洲”解禁! メタルジグにカンパチ好反応【銭洲】

大物釣りの聖地“銭洲”解禁! メタルジグにカンパチ好反応【銭洲】

ネープルス周りを漂いながら午前7時を待つ。舵を握る船長から投入開始の合図が出た。「水深32m。どうぞ」、期待とともにルアーマンはメタルジグを、五目釣り師は仕掛けを投じる。

5人のルアーマンすべてが同時にヒットするという盛り上がりもあったが、基本的には拾い釣りの展開

大物釣りの聖地“銭洲”。夢をかなえる舞台はココだ。

同時ヒットだ! チャンスタイム継続!!

1匹ヒットしたら、フィーバースタート!! 次々にヒットする銭洲のカンパチ。毎年、解禁直後はジギング有利。

この冬黒潮の流入で水温が高かったため、南方系のヒレナガカンパチが多い。

シマアジ乱舞、オオカミ回遊中。

伊豆遠征ジギングシーズン開幕。メタルジグにカンパチ好反応!!

最後までトルクフルなファイトを楽しませてくれる銭洲のカンパチ。

同時ヒットはしばしば。6人同時ヒットもあった。

メタルジグは100〜200g。メインウエイトは120〜150g。ノーマルからセミロングクラスまでの、オーソドックスなものが使いやすい。カラーはシルバー系とゴールド系。

例年4月1日に解禁を迎えている銭洲。今年も同日の解禁が予定されていたが、悪天候に阻まれ続けた結果、銭洲解禁は一週間後にズレ込んだ。解禁当初はエサ釣りよりもジギング有利、とりわけ中小型カンパチ狙いがメインゲームとなることが多いというのが定説。
取材日もやはり最初のヒットはジギングにきた。1㎏クラスのヒレナガカンパチを皮切りに、ポツリポツリとヒットが続く。途中、5人のルアーマンすべてが同時にヒットするという盛り上がりもあったが、基本的には拾い釣りの展開。キャッチできたカンパチは最大で4㎏弱だったが、グッドサイズのバラシもあり、銭洲ならではの潜在能力をちらりと見せてもくれた。
まったくの空振りに終わることもある解禁当初のエサ釣りだが、この日は小型ながらもシマアジが釣れ盛り、これにイサキ、ウメイロなどがまじった。まずまずの釣果と言えよう。 
まだしばらくは、ほぼ同様の状況が期待される。また、5月の連休明け(中?)には泳がせファン待望のアカイカの回遊が始まるはず。
ジギング&エサ釣り、いずれも楽しめる春の銭洲だ。

以上の記事は「つり丸」2012年5月15日号の掲載情報です。

関連記事
ホウボウゲームが開幕した。犬吠埼沖のホウボウはアベレージサイズがいい。50㎝以上もある大型がヒットする。開幕当初は群れも固まっていなかったが、今後は群れが固まり、釣りやすく、数も伸びやすくなる予想だ。
更新: 2019-03-22 07:00:00
例年、厳寒期から春に向けては、ジギングによるシーバスゲームが絶好期! 爆釣とまではいかないが安定感があるので、楽しめる!
更新: 2019-03-17 12:00:00
東京湾・海ほたる、風の塔周辺はジビングの定番ポイント。この周辺で数も出て、型もまじって好調な釣果とのこと。4月いっぱいまで楽しめるシーバス!ナイトシーバスもあり、昼夜問わずに楽しんでいただきたい。
更新: 2019-03-09 07:00:00
東京湾のライトな好敵手がメバル&カサゴ。横浜新山下を拠点にルアーゲームを提案してくれるのが「アイランドクルーズFC」。ここではチャーターはもちろん、メバカサ乗合と称して、気軽に利用できる体制でも出撃。
更新: 2019-03-06 12:00:00
最新記事
春の仙台湾は点在する岩礁、人工魚礁にイサダと呼ぶアミエビやメロウド(イカナゴ)が沸く時期にメバルが捕食に集まり、それをサビキで狙う釣りが盛んだ。クロメバルはもちろん、マガレイ&マコガレイも釣れる。
更新: 2019-03-23 12:00:00
今シーズンは各地でマルイカの感触がすこぶるいい!注目ポイントの一つ、東京湾・久里浜沖でも上々のスタートを切っている。「今年は反応は多いですね。群れは多いと思います」とは、走水港「吉明丸」の鈴木船長。
更新: 2019-03-23 07:00:00
ウシサワラは、スズキ目サバ科サワラ属の魚。国内では、日本海は秋田県から山口県の日本海沿岸の各地、相模湾~和歌山県の各地、九州西岸や五島列島などでときどき水揚げされる。
更新: 2019-03-22 12:00:00
ホウボウゲームが開幕した。犬吠埼沖のホウボウはアベレージサイズがいい。50㎝以上もある大型がヒットする。開幕当初は群れも固まっていなかったが、今後は群れが固まり、釣りやすく、数も伸びやすくなる予想だ。
更新: 2019-03-22 07:00:00
2月に入ると外房・川津沖のヤリイカが開幕した。この時期、川津沖には産卵を控えたヤリイカが集結するため、爆発的な数釣りが期待できる。
更新: 2019-03-21 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読