MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
型まじりの多点掛け連発! 勝浦沖の乗っ込みヤリイカ好調【勝浦沖】

型まじりの多点掛け連発! 勝浦沖の乗っ込みヤリイカ好調【勝浦沖】

例年、春になると勝浦沖でヤリイカが好調に釣れ始める。ここのヤリイカの特徴は、浅場で大型が乗ってくること。イカの重量感がダイレクトに竿に伝わり、楽しさ抜群の釣りだ。4月15日の日曜日、釣友を誘って勝浦川津港の「不動丸」にお邪魔した。

perm_media 《画像ギャラリー》型まじりの多点掛け連発! 勝浦沖の乗っ込みヤリイカ好調【勝浦沖】の画像をチェック! navigate_next

ツノ全部に乗るパーフェクト掛けも珍しくはなく、最高で9点掛けまで飛び出す好調さ

大型ヤリイカの多点掛けが楽しめる勝浦沖。最大級に育ったオスのヤリイカが多い。

ズッシリとした重量感。大型の多点掛けは快感だ!

ツノ全部に乗るパーフェクトも珍しくはなく、最高は9点掛け!

入れれば多点掛けという時間帯も多い。手返しよく釣りたい。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・川津港「不動丸」。

勝浦沖で大型ヤリイカが絶好期を迎えている。例年、春先になると水深100m前後の浅場に産卵のために乗っ込んできたヤリイカの大釣りがあるが、今年は3月の終わりから始まった。浅いためイカの乗りがわかりやすいうえ、最大級に育ったオスヤリイカが多いので、多点掛けしたときの釣趣は格別だ。
勝浦沖は広いポイントを流し釣りで狙う。吉清晃朗船長は乗りが悪いとみると流し替えを繰り返してポイントを探る。その甲斐あって「不動丸」の船上は大型ヤリイカの多点掛けに沸き始めた。ツノ全部に乗るパーフェクト掛けも珍しくはなく、最高で9点掛けまで飛び出す好調さだ。
水深が浅いことは手返しの早さにつながり、数が伸びる。また、浅場はサバに邪魔されにくいメリットもある。この日は潮具合も良くトップ束釣り、ほとんどの人がクーラー満タン。ツノ数分だけ掛かった胴長40㎝のヤリイカを次々と抜き上げる快感を味わうなら今がチャンスだ。

以上の記事は「つり丸」2012年5月15日号の掲載情報です。

関連記事
東京湾では、いよいよ乗っ込みマダイのXデー間近!各地ではマダイ好調の報せがちらほらと入り始めた。走水港の「政信丸」でもお腹はパンパン良型が上がっている!
関東屈指の大ダイ場で、乗っ込みマダイが開幕だ!勝浦川津港「とみ丸」ではプレシーズンで大ダイが爆釣中!夢の大ダイを狙ってみよう!
ソフトルアーを使って海底付近を攻める東京湾のチニングゲーム!ターゲットはキビレ&クロダイ。注目の新釣法!ぜひ挑戦をおすすめしたい、NEWスタイルだ!
東京湾のシーバスがシーズン終了まであともう少し!水温も上昇に転じ、高活性化する時期!大型&数釣りも可能なジギングゲーム!ラストスパート!!
江戸川放水路の「林遊船」で大人気なのが「カスタム和船」と呼ばれるフラットボートによる湾奥のシーバスゲーム。新江戸前の釣りにぜひ挑戦してほしい。
最新記事
東京湾では、いよいよ乗っ込みマダイのXデー間近!各地ではマダイ好調の報せがちらほらと入り始めた。走水港の「政信丸」でもお腹はパンパン良型が上がっている!
今回は熱心に通いつめる常連さんの多い新子安恵比須橋の「だてまき丸」さんからマゴチ釣りにチャレンジしてきました。取材当日は、64㎝の超ビックサイズも飛び出しました。
ロンリー侍ドクターことダイワフィールドスタッフの近藤惣一郎さんが、乗っ込みシーズンを目前に控えた三浦半島剣崎沖でマダイを狙う!!
周年を通して楽しめる飯岡沖のハナダイが、早くも絶好モードに突入している。メリハリを効かせたシャクリで良型デコダイの数釣りを楽しもう!!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル