MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
型まじりの多点掛け連発! 勝浦沖の乗っ込みヤリイカ好調【勝浦沖】

型まじりの多点掛け連発! 勝浦沖の乗っ込みヤリイカ好調【勝浦沖】

例年、春になると勝浦沖でヤリイカが好調に釣れ始める。ここのヤリイカの特徴は、浅場で大型が乗ってくること。イカの重量感がダイレクトに竿に伝わり、楽しさ抜群の釣りだ。4月15日の日曜日、釣友を誘って勝浦川津港の「不動丸」にお邪魔した。

perm_media 《画像ギャラリー》型まじりの多点掛け連発! 勝浦沖の乗っ込みヤリイカ好調【勝浦沖】の画像をチェック! navigate_next

ツノ全部に乗るパーフェクト掛けも珍しくはなく、最高で9点掛けまで飛び出す好調さ

大型ヤリイカの多点掛けが楽しめる勝浦沖。最大級に育ったオスのヤリイカが多い。

ズッシリとした重量感。大型の多点掛けは快感だ!

ツノ全部に乗るパーフェクトも珍しくはなく、最高は9点掛け!

入れれば多点掛けという時間帯も多い。手返しよく釣りたい。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・川津港「不動丸」。

勝浦沖で大型ヤリイカが絶好期を迎えている。例年、春先になると水深100m前後の浅場に産卵のために乗っ込んできたヤリイカの大釣りがあるが、今年は3月の終わりから始まった。浅いためイカの乗りがわかりやすいうえ、最大級に育ったオスヤリイカが多いので、多点掛けしたときの釣趣は格別だ。
勝浦沖は広いポイントを流し釣りで狙う。吉清晃朗船長は乗りが悪いとみると流し替えを繰り返してポイントを探る。その甲斐あって「不動丸」の船上は大型ヤリイカの多点掛けに沸き始めた。ツノ全部に乗るパーフェクト掛けも珍しくはなく、最高で9点掛けまで飛び出す好調さだ。
水深が浅いことは手返しの早さにつながり、数が伸びる。また、浅場はサバに邪魔されにくいメリットもある。この日は潮具合も良くトップ束釣り、ほとんどの人がクーラー満タン。ツノ数分だけ掛かった胴長40㎝のヤリイカを次々と抜き上げる快感を味わうなら今がチャンスだ。

以上の記事は「つり丸」2012年5月15日号の掲載情報です。

関連記事
「つり丸・8月1日号(2021年)」の巻頭第1特集に掲載された石川県・金沢港「北龍丸」の夜釣りで大人気のケンサキイカのメタルスッテゲームの取材の様子を動画で公開。
東京湾のタイラバゲームは終盤戦に突入しているが、まだまだ入門者にもお手軽な時期だ!取材日もマダイ初挑戦という女性が見事にキャッチに成功!
黒潮洗う絶海の孤島、イナンバでジギング&キャスティング!大型[キハダ・カツオ・ヒラマサ・カンパチ]を狙う!モンスターフィッシュとの出会いがあるのがイナンバの魅力!
黒潮の申し子シイラがやってきた!相模湾のシイラが好調だ。60㎝から90㎝クラスを主体にメーターオーバーがまじる!早めの挑戦で短いシーズンを堪能しよう!
最新記事
集魚効果抜群!餌木史上初のレンズ&透明布採用餌木登場「LQ(レンズエギ透明布巻)3.5号」
今年もカツオの当たり年!御前崎沖の金洲が好調だ。一粒で二度おいしいリレーで高級魚[ウメイロ・ヒメダイ・ジャンボイサキetc]のお土産をゲットしよう!
「つり丸・8月1日号(2021年)」の巻頭第1特集に掲載された石川県・金沢港「北龍丸」の夜釣りで大人気のケンサキイカのメタルスッテゲームの取材の様子を動画で公開。
日本海の7月8月は夜釣りがメイン。メタルスッテゲームでケンサキイカが最盛期に!昼はライト泳がせでキジハタ&ヒラメを狙う!
「浜名湖で一番アカムツを釣らせる」を自負する「ボートクラブ カナル」取材当日もキロムツ含め13ヒット11キャッチ!結果を残した!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル