MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
館山湾名物! イワシエサの泳がせ五目がおもしろい【館山湾】

館山湾名物! イワシエサの泳がせ五目がおもしろい【館山湾】

4月某日、携帯電話が鳴った。編集部からの電話だ。「館山でヒラメやマゴチなんかが釣れる面白い五目釣りがあるんですよ!」、「何ぃ? ヒラメとマゴチが?」、底モノ釣りが大好きな私のボルテージは一気にMAX。「行く! 行きます! 行かせてくださ〜い!!」

perm_media 《画像ギャラリー》館山湾名物! イワシエサの泳がせ五目がおもしろい【館山湾】の画像をチェック! navigate_next

館山湾名物! 豪華な魚がいっぱいだ

本命のヒラメほか、高級魚がいっぱい。高校の入学祝いできたという内堀陽介くん。

館山湾は穏やかな海だ。

丸々太ったカサゴも多い。

アタリからアワセまで「ドキドキ」が楽しめるのは泳がせ釣りならでは。

ホウボウ。

カタクチイワシがたっぷり使えてうれしい。

筆者も作戦どおりヒラメをゲット。

場の底モノ釣りの王道と言えばヒラメ。夏場の底モノ釣りの王道と言えばマゴチ。これが同時に狙える釣りものがあるとしたら、行ってみたいと思いませんか? さらに、良型カサゴやホウボウ、ときにはハタやオニカサゴまで釣れることもあるというこの超豪華五目釣りは、館山港「鯨丸」の「イワシ泳がせ五目」だ。
取材日もヒラメ、マゴチ、ワニゴチ、ホウボウ、カサゴと5種の魚が釣れ、いずれも納得のサイズだった。
さらに驚きの情報としては、今後マダイが入ってくれば、これらを置き竿で狙い、ひとつテンヤで同時にマダイを釣るのも可能というのだ。ひとつテンヤマダイの付けエサは要持参だが、館山港のすぐそばに24時間営業の釣りエサ店もある。
例年であればマダイが入ってくるのは5月中旬ごろだという。
この豪華五目釣りを体験したい人は、館山港「鯨丸」へ行こう!!

以上の記事は「つり丸」2012年5月15日号の掲載情報です。

関連記事
今回は熱心に通いつめる常連さんの多い新子安恵比須橋の「だてまき丸」さんからマゴチ釣りにチャレンジしてきました。取材当日は、64㎝の超ビックサイズも飛び出しました。
ロンリー侍ドクターことダイワフィールドスタッフの近藤惣一郎さんが、乗っ込みシーズンを目前に控えた三浦半島剣崎沖でマダイを狙う!!
周年を通して楽しめる飯岡沖のハナダイが、早くも絶好モードに突入している。メリハリを効かせたシャクリで良型デコダイの数釣りを楽しもう!!
勝浦沖のヤリイカが急上昇!ようやく本格化した!ヤリイカは全てジャンボ級でパラソル級オンリー!乗り味抜群速い潮と小サバを避けて爆乗りだ!
「つり丸・4月1日号(2021年)」の巻頭第1特集に掲載された外房・飯岡沖のテンヤマダイ取材の様子を公開! 
最新記事
東京湾では、いよいよ乗っ込みマダイのXデー間近!各地ではマダイ好調の報せがちらほらと入り始めた。走水港の「政信丸」でもお腹はパンパン良型が上がっている!
今回は熱心に通いつめる常連さんの多い新子安恵比須橋の「だてまき丸」さんからマゴチ釣りにチャレンジしてきました。取材当日は、64㎝の超ビックサイズも飛び出しました。
ロンリー侍ドクターことダイワフィールドスタッフの近藤惣一郎さんが、乗っ込みシーズンを目前に控えた三浦半島剣崎沖でマダイを狙う!!
周年を通して楽しめる飯岡沖のハナダイが、早くも絶好モードに突入している。メリハリを効かせたシャクリで良型デコダイの数釣りを楽しもう!!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル