MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
手バネシャクリ釣りで楽しむ東京湾の乗っ込みマダイ【内房・上総湊】

手バネシャクリ釣りで楽しむ東京湾の乗っ込みマダイ【内房・上総湊】

東京湾にマダイが乗っ込んできた。「金谷沖の西根で釣れだしましたからね、潮がよいときなら、もう乗っ込みものの型がいいのを狙えると思いますよ。3㎏クラスも出ていますよ…」とは内房・上総湊港「とう市丸」の吉野泰治朗船長。

perm_media 《画像ギャラリー》手バネシャクリ釣りで楽しむ東京湾の乗っ込みマダイ【内房・上総湊】の画像をチェック! navigate_next

「とう市丸」では伝統釣法の手バネを使用したシャクリ釣り、リールシャクリ、ひとつテンヤ、タイラバの釣りいずれもOK

仕立船でも乗っ込みの大ダイが上がった。

上総湊港の「とう市丸」では、伝統的な手バネに中オモリスタイルの釣りと、リールシャクリの釣りどちらも楽しめる。

ストでイトヨリが上がった。

「つり丸」の愛読者、持田昌宏さんは3㎏オーバーのマダイを掛けたが、本誌記者がタモ入れを失敗し、痛恨のバラシ。

船長が釣り上げた大ダイ。

手バネとリール竿の両方を持参する人も。

操船しながら吉野泰治朗船長が釣り上げたマダイの3.3㎏。

中オモリ10号、テンヤ3号を使用。

今回、取材にご協力いただいたのは、内房・上総湊港「とう市丸」。

今年は荒天の日が多く、出船のチャンスが少なかったこともあって、いまひとつ盛り上がらないまま乗っ込みのシーズンを迎えた。おまけにシケ続きでタイ釣りのエサにするサルエビを捕る漁船も出漁できず、エサ不足が起こっていた。しかし、ようやく天候も安定してきて、それも解消された。いよいよ大型狙いの絶好のチャンス到来だ!
「とう市丸」では伝統釣法の手バネを使用したシャクリ釣り、リールシャクリ、ひとつテンヤ、タイラバの釣りいずれもOK。だが、西根のポイントは水深が56mと深く、二枚潮の日もよくある。そのため、慣れないとひとつテンヤでは底が取れないことが多い難しいポイント。
おすすめの釣り方は、船長手作りの手バネ道具で指示ダナ(船長がヒロで指示する)にピタリと照準を合わせてシャクる伝統の釣り方。貸し道具もあるので、常連やベテランの仲間入りをして、マダイの手バネシャクリの釣りを楽しんでみてはどうだろう。

以上の記事は「つり丸」2012年5月15日号の掲載情報です。

関連記事
手軽に高級魚を多点掛け可能!深場入門にぴったりだけど本格釣果!クーラー一つでの挑戦もOK!小坪港「太郎丸」のキンメ五目が沸騰中だ!
チーム岡本2020年締めくくり!一年のラストは一発逆転を狙う超深海でも大物でもなく、静岡県伊豆多賀「千とせ丸」から少なからぬ想い入れがあるアマダイ釣りへ。
東京湾のシロギスが落ちの好食いを見せ始めた。金沢八景「荒川屋」では、初心者からベテランまで多くの釣り人が冬の落ちギス釣りを楽しんでいる。
大原沖のマハタが今シーズン絶好調!マハタを狙うなら、今が絶好のチャンス!!希少な超高級魚を高確率で楽しもう!
鴨川港「第三新生合同丸」では朝イチはフラッシャーサビキで美味しいクロムツ狙い!その後はイカなどで楽しめる!鴨川沖の豪華リレー釣りが大人気!
最新記事
手軽に高級魚を多点掛け可能!深場入門にぴったりだけど本格釣果!クーラー一つでの挑戦もOK!小坪港「太郎丸」のキンメ五目が沸騰中だ!
チーム岡本2020年締めくくり!一年のラストは一発逆転を狙う超深海でも大物でもなく、静岡県伊豆多賀「千とせ丸」から少なからぬ想い入れがあるアマダイ釣りへ。
沖釣り入門に最適!コストパフォーマンス追求したオールラウンドロッド登場「ホリデーマリン」6:4調子
相模湾の定番メニューになりうる、タチウオゲームのタックルとは!?ロングランで楽しめている相模湾のタチウオジギング。エキスパート2人のタックルセレクトを中心に紹介する。
シマアジはスズキ目アジ科シマアジ属。本州以南に生息。意外に沖縄県ではあまり見られない。古くは南半球のシマアジは別種とされていたが、国内のシマアジと同種であることが判明する。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル