MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
手バネシャクリ釣りで楽しむ東京湾の乗っ込みマダイ【内房・上総湊】

手バネシャクリ釣りで楽しむ東京湾の乗っ込みマダイ【内房・上総湊】

東京湾にマダイが乗っ込んできた。「金谷沖の西根で釣れだしましたからね、潮がよいときなら、もう乗っ込みものの型がいいのを狙えると思いますよ。3㎏クラスも出ていますよ…」とは内房・上総湊港「とう市丸」の吉野泰治朗船長。

perm_media 《画像ギャラリー》手バネシャクリ釣りで楽しむ東京湾の乗っ込みマダイ【内房・上総湊】の画像をチェック! navigate_next

「とう市丸」では伝統釣法の手バネを使用したシャクリ釣り、リールシャクリ、ひとつテンヤ、タイラバの釣りいずれもOK

仕立船でも乗っ込みの大ダイが上がった。

上総湊港の「とう市丸」では、伝統的な手バネに中オモリスタイルの釣りと、リールシャクリの釣りどちらも楽しめる。

ストでイトヨリが上がった。

「つり丸」の愛読者、持田昌宏さんは3㎏オーバーのマダイを掛けたが、本誌記者がタモ入れを失敗し、痛恨のバラシ。

船長が釣り上げた大ダイ。

手バネとリール竿の両方を持参する人も。

操船しながら吉野泰治朗船長が釣り上げたマダイの3.3㎏。

中オモリ10号、テンヤ3号を使用。

今回、取材にご協力いただいたのは、内房・上総湊港「とう市丸」。

今年は荒天の日が多く、出船のチャンスが少なかったこともあって、いまひとつ盛り上がらないまま乗っ込みのシーズンを迎えた。おまけにシケ続きでタイ釣りのエサにするサルエビを捕る漁船も出漁できず、エサ不足が起こっていた。しかし、ようやく天候も安定してきて、それも解消された。いよいよ大型狙いの絶好のチャンス到来だ!
「とう市丸」では伝統釣法の手バネを使用したシャクリ釣り、リールシャクリ、ひとつテンヤ、タイラバの釣りいずれもOK。だが、西根のポイントは水深が56mと深く、二枚潮の日もよくある。そのため、慣れないとひとつテンヤでは底が取れないことが多い難しいポイント。
おすすめの釣り方は、船長手作りの手バネ道具で指示ダナ(船長がヒロで指示する)にピタリと照準を合わせてシャクる伝統の釣り方。貸し道具もあるので、常連やベテランの仲間入りをして、マダイの手バネシャクリの釣りを楽しんでみてはどうだろう。

以上の記事は「つり丸」2012年5月15日号の掲載情報です。

関連記事
「つり丸・5月1日号(2021年)」の巻頭第1特集に掲載された外房・大原沖のテンヤマダイ取材の様子を公開! 
外房・大原沖のテンヤマダイがおもしろくなってきた。水温上昇して上向き傾向!マヅメのチャンスタイムには中大ダイのヒットも期待できる!ぜひチャレンジしてみよう!
茅ヶ崎沖のライトタックル五目釣りは子供に大人気。釣り方はウイリー仕掛けのコマセシャクリ。GWにも夏休みにもオススメだ!
3 月に開幕した南房のイサキが全開だ。狙いは美味ジャンボイサキ!ソフトで静かな誘いで大型イサキの数釣りをしよう!
東京湾周辺エリアの超一級マダイポ イント、内房富浦沖のマダイが乗っ込み本番を迎えている。少量のオキアミでマダイを浮かせて!!自己記録更新サイズの大ダイを釣ろう!!
最新記事
「つり丸・5月1日号(2021年)」の巻頭第1特集に掲載された外房・大原沖のテンヤマダイ取材の様子を公開! 
外房・大原沖のテンヤマダイがおもしろくなってきた。水温上昇して上向き傾向!マヅメのチャンスタイムには中大ダイのヒットも期待できる!ぜひチャレンジしてみよう!
コンパクトなロッドキーパーがさらに強く軽くなって登場「ライトホルダーα」90CH/160CH/240CH
茅ヶ崎沖のライトタックル五目釣りは子供に大人気。釣り方はウイリー仕掛けのコマセシャクリ。GWにも夏休みにもオススメだ!
3 月に開幕した南房のイサキが全開だ。狙いは美味ジャンボイサキ!ソフトで静かな誘いで大型イサキの数釣りをしよう!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル