MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
手バネシャクリ釣りで楽しむ東京湾の乗っ込みマダイ【内房・上総湊】

手バネシャクリ釣りで楽しむ東京湾の乗っ込みマダイ【内房・上総湊】

東京湾にマダイが乗っ込んできた。「金谷沖の西根で釣れだしましたからね、潮がよいときなら、もう乗っ込みものの型がいいのを狙えると思いますよ。3㎏クラスも出ていますよ…」とは内房・上総湊港「とう市丸」の吉野泰治朗船長。

perm_media 《画像ギャラリー》手バネシャクリ釣りで楽しむ東京湾の乗っ込みマダイ【内房・上総湊】の画像をチェック! navigate_next

「とう市丸」では伝統釣法の手バネを使用したシャクリ釣り、リールシャクリ、ひとつテンヤ、タイラバの釣りいずれもOK

仕立船でも乗っ込みの大ダイが上がった。

上総湊港の「とう市丸」では、伝統的な手バネに中オモリスタイルの釣りと、リールシャクリの釣りどちらも楽しめる。

ストでイトヨリが上がった。

「つり丸」の愛読者、持田昌宏さんは3㎏オーバーのマダイを掛けたが、本誌記者がタモ入れを失敗し、痛恨のバラシ。

船長が釣り上げた大ダイ。

手バネとリール竿の両方を持参する人も。

操船しながら吉野泰治朗船長が釣り上げたマダイの3.3㎏。

中オモリ10号、テンヤ3号を使用。

今回、取材にご協力いただいたのは、内房・上総湊港「とう市丸」。

今年は荒天の日が多く、出船のチャンスが少なかったこともあって、いまひとつ盛り上がらないまま乗っ込みのシーズンを迎えた。おまけにシケ続きでタイ釣りのエサにするサルエビを捕る漁船も出漁できず、エサ不足が起こっていた。しかし、ようやく天候も安定してきて、それも解消された。いよいよ大型狙いの絶好のチャンス到来だ!
「とう市丸」では伝統釣法の手バネを使用したシャクリ釣り、リールシャクリ、ひとつテンヤ、タイラバの釣りいずれもOK。だが、西根のポイントは水深が56mと深く、二枚潮の日もよくある。そのため、慣れないとひとつテンヤでは底が取れないことが多い難しいポイント。
おすすめの釣り方は、船長手作りの手バネ道具で指示ダナ(船長がヒロで指示する)にピタリと照準を合わせてシャクる伝統の釣り方。貸し道具もあるので、常連やベテランの仲間入りをして、マダイの手バネシャクリの釣りを楽しんでみてはどうだろう。

以上の記事は「つり丸」2012年5月15日号の掲載情報です。

関連記事
今年もカツオの当たり年!御前崎沖の金洲が好調だ。一粒で二度おいしいリレーで高級魚[ウメイロ・ヒメダイ・ジャンボイサキetc]のお土産をゲットしよう!
「浜名湖で一番アカムツを釣らせる」を自負する「ボートクラブ カナル」取材当日もキロムツ含め13ヒット11キャッチ!結果を残した!
外房・御宿沖の伝統釣法・カモシ釣りが好機!良型マダイがラッシュ中で、ヒラマサの回遊もあり!夢のある釣りを絶賛展開中だ!この機会にぜひ!
新潟県上越・直江津沖。夏のイチオシターゲットがオキメバルだ!活性が高いと良型ばかりズラズラズラリと多点掛けするのが特徴。夜は半夜で楽しむアカイカシーズンが開幕!
東京湾がいよいよ照りゴチシーズン突入!産卵後の荒食いが期待できる この時期は入門にもオススメ!とても美味なので食のほうでも楽しめる。
最新記事
集魚効果抜群!餌木史上初のレンズ&透明布採用餌木登場「LQ(レンズエギ透明布巻)3.5号」
今年もカツオの当たり年!御前崎沖の金洲が好調だ。一粒で二度おいしいリレーで高級魚[ウメイロ・ヒメダイ・ジャンボイサキetc]のお土産をゲットしよう!
「つり丸・8月1日号(2021年)」の巻頭第1特集に掲載された石川県・金沢港「北龍丸」の夜釣りで大人気のケンサキイカのメタルスッテゲームの取材の様子を動画で公開。
日本海の7月8月は夜釣りがメイン。メタルスッテゲームでケンサキイカが最盛期に!昼はライト泳がせでキジハタ&ヒラメを狙う!
「浜名湖で一番アカムツを釣らせる」を自負する「ボートクラブ カナル」取材当日もキロムツ含め13ヒット11キャッチ!結果を残した!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル