MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
沖釣り歳時記 アイナメ・ベッコウゾイ編【宮城県牡鹿半島周辺】

沖釣り歳時記 アイナメ・ベッコウゾイ編【宮城県牡鹿半島周辺】

ご存知、笛木展雄が新たなる道具を手に一路北へ。狙うはアイナメにベッコウゾイ。さぁさぁ、今回はどんな釣行となるのでしょうか。

午前中に早々と船のイケスが多数の良型ベッコウゾイやアイナメで大漁となった

ベッコウゾイは、北の魚。地元では人気ターゲットだ。

はるばる来た甲斐があります。

アイナメは常連です。

ベッコウゾイの大きさはこのとおり。40㎝級がヒットする。

ベッコウゾイがダブルヒット!

今回、取材にご協力いただいたのは、宮城県石巻市田代島「漁師民宿 はま屋」。マスターの浜温さんが案内してくれた。

宮城県石巻市田代島へ行きアイナメやベッコウゾイ(タケノコメバル)を狙った。毎年、釣友たち数人と度々遠征釣行しているエリアだが、今回は金華山、えのしまなど牡鹿半島周辺の島の岸寄りポイントをテキサスリグやひとつテンヤ用のフラッシュテンヤなどにワームをセットし実釣。
新製品のデュエル「アーマードF+」は、特に耐摩耗性、低伸度による感度の良さ、表面が滑らかなことにより糸通しの摩擦やガイドがらみなどのトラブルも少ないため、ベイトリールを使ったメソッドにも相性が抜群。
ここでは岩盤のスリットや起伏の激しい根周りをタイトに狙うため、使いやすいベイトタックルで好期を迎えるハードロックゲームを楽しんだ。
初日は、車での長距離移動もあり、準備運動、肩慣らし程度の実釣。強風による荒天の中、アイナメなどを多数キャッチしてまずまずの釣果。
そして翌日、ベタ凪ぎの好条件で最近好調の金華山周辺へ。根が荒い岩盤を集中的に攻めると、アイナメより貴重なベッコウゾイが船中で連発。初挑戦の釣友が45㎝オーバーの良型をキャッチ。さらに同船者全員が良型のムラソイをゲット。
その後、女川周辺のポイントをラン&ガン。午前中に早々と船のイケスが多数の良型ベッコウゾイやアイナメで大漁となった。小型のヒラマサやシーバスなども狙える時期なので、途中、ナブラへ数投してみると、小型のヒラマサのバイトがあったが、移動が早かったためあきらめて、本命のロックフィッシュ狙いに戻す。
今度は砂地でマゴチを狙う。「フラッシュテンヤ」にワームをセットしキャスト。ボトムをとった後、リフト&フォールすると良型のマゴチがヒット。
昨年も同じリグでマゴチやアイナメが連発したので、ぜひお試し頂きたい。
終盤は、最近流行のゼロダンリグや定番のテキサスリグなどのワーム仕掛けでラン&ガンし、アイナメ、ベッコウゾイ、クロソイ、マゴチなどのロックフィッシュのオンパレード。
今回「アーマードF+」を使用したが、通常のPEラインよりも根ずれに強く快適に釣りができた。東北エリアでは、ロックフィッシュは秋にも好期があるという。キジハタやカサゴも狙えるというので、この機会にぜひ「アーマードF+」を活用して楽しんで頂きたい。

ボートロックフィッシュゲームには、 新製品「アーマードF+」がベストマッチ!

通常のPEラインよりも強度がある「アーマードF+」。ボトムフィッシュゲームには最適な最新ラインである。

ハードルアーも試してみたい。魚種が多い、この海域ではなにが釣れるかわからないのも魅力だ。

以上の記事は「つり丸」2014年8月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
沼津沖は3月中旬ぐらいから4〜5㎏級の大型が上がり始めている。反応はしっかりとあるが、警戒心が強く、気難しい乗っ込みマダイ!波静かな海でじっくりと狙おう!条件がそろえばアタリは増えてくるぞ。
更新: 2019-04-25 12:00:00
うまいアジが東京湾・走水沖で好調に釣れている。「今、30㎝前後から35㎝くらいのの中大型がたくさん釣れていますよ。ここにきて水温も上がってアジの活性も高くなりました」とは、走水港「政信丸」の廣川政信船長。
更新: 2019-04-25 07:00:00
外房・飯岡沖のポイントは水深30mほど。このエリアはとても釣りやすく、ビギナーも手軽にマダイを手にできるチャンスだ。マダイだけはなく、ハナダイのアタリも多く、大型まじりでお土産の期待できるぞ!
更新: 2019-04-24 12:00:00
ほぼ周年楽しめる南房江見沖のアカムツだが、本格シーズンは4〜12月。そのロングランシーズンが開幕した。高級魚としてすっかりおなじみになったアカムツ。水深250m深場にナイスボディで美味な個体が勢ぞろい中だ。
更新: 2019-04-24 07:00:00
網代港「ゆたか丸」の遠征シマアジ・イサキ五目釣りがスタートした。イサキを主体に多彩なゲストが釣れる楽しさいっぱい。イサキはもとより、開幕直後の狙い目はシマアジ。強烈な引きが魅力の高級魚だ。
更新: 2019-04-23 12:00:00
最新記事
伊豆遠征ファンが心待ちしていた銭洲が解禁日を迎えた。日帰りでカンパチ狙いができる希少なフィールド。シーズン初期は小型が中心ながらもまさに入れ食いが期待できる。シマアジ、カンパチなど大物釣りを楽しもう。
更新: 2019-04-26 12:00:00
春告魚、メバルが活況だ。「うちでは2月からスタートしましたが、昨年より数が多いです。特大はなかなかお目にかかれませんが、25㎝位までならけっこうまじって楽しめますよ」とは、長浦港「こなや」の進藤船長。
更新: 2019-04-26 07:00:00
沼津沖は3月中旬ぐらいから4〜5㎏級の大型が上がり始めている。反応はしっかりとあるが、警戒心が強く、気難しい乗っ込みマダイ!波静かな海でじっくりと狙おう!条件がそろえばアタリは増えてくるぞ。
更新: 2019-04-25 12:00:00
うまいアジが東京湾・走水沖で好調に釣れている。「今、30㎝前後から35㎝くらいのの中大型がたくさん釣れていますよ。ここにきて水温も上がってアジの活性も高くなりました」とは、走水港「政信丸」の廣川政信船長。
更新: 2019-04-25 07:00:00
外房・飯岡沖のポイントは水深30mほど。このエリアはとても釣りやすく、ビギナーも手軽にマダイを手にできるチャンスだ。マダイだけはなく、ハナダイのアタリも多く、大型まじりでお土産の期待できるぞ!
更新: 2019-04-24 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読