MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
これからが本番! 西伊豆のアコウダイ好機到来!【西伊豆】

これからが本番! 西伊豆のアコウダイ好機到来!【西伊豆】

「ダメだ、波勝崎に戻りましょう」藤井明男船長が転進を告げたのは昼過ぎ。 久々の「ヘビータックル深海釣り」は西伊豆安良里港出船のアコウダイ。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

1.5〜2㎏のダブルにシマガツオ2枚、ドンコ2匹と6本バリに満艦飾を披露する

西伊豆のアコウダイはこれからが本格シーズン。良型まじりの「提灯行列」も期待できるぞ!

激渋りながら、なんとか本命ゲット。

食いの渋い一日だったが、いい場所に入ると連続ヒットも。

筆者にとって久々の深海釣りだった。チャンスを逃さず、仕掛けをポイントに入れ本命を食わせた。

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・西伊豆安良里港「ふじなみ丸」。

最盛期目前の4月14日は期待に反して「激渋り」。風波を覚悟で挑んだ石廊崎沖でスカされた「ふじなみ丸」は最後の望みを波勝崎沖に託す。
13時。待望のアタリはミヨシの秋山君。1.5〜2㎏のダブルにシマガツオ2枚、ドンコ2匹と6本バリに満艦飾を披露する。
続く流しは初挑戦の中村君、隣席の若船長と立て続けにアタリ。この機を逃してならじ、と渾身の仕掛け操作が奏功し、ポイントを外れる寸前で筆者も何とかアタリを出すことがかなう。海面に浮かんだ緋色は1.2〜2㎏級。いずれも単発ながら何とか全員が本命との対面がかない、船長含めて安堵の笑顔。
「まだ群れが薄い感じ。本番はこれからだね」と藤井船長。波勝崎〜石廊崎沖のアコウ釣りは、これからが期待大だ。

以上の記事は「つり丸」2012年5月15日号の掲載情報です。

関連記事
【富山湾】厳寒期の日本海でも高出船率!陸から近いところで良型スルメイカのノリノリと繊細な釣り方で美味オニカサゴをリレーで楽しもう!
黄金色に輝く魚体が美味しさを象徴している東京湾の〝金アジ〟が超激アツ!水深浅く入門にも最適!寒くても絶好調の激うま金アジ!LTで手軽に釣って堪能しよう!!
東京湾のカワハギが復調気配。今シーズンはこの時期になっても良型主体で高活性が続いてる!肝もまだまだパンパンでまさに釣って良し食べて良しの最盛期状態だ。
南房・白浜沖でヤリイカがいよいよ本格シーズンに突入! 群れは濃厚、誰でも数釣り!サバが多い時は一工夫で乗り切れ!今なら誰でも激アツだ!
御前崎沖のマダイ五目に注目。海はまだ高水温秋の様子でいろんな魚たちが高活性!新たなメインターゲット!?のメイチダイにも注目だ!ハリス全長8m・2本バリで釣ろう!
最新記事
オキメバルをもっと手軽に楽しむために開発された専用ロッド「スーパーディープクルーザー オキメバル」
【富山湾】厳寒期の日本海でも高出船率!陸から近いところで良型スルメイカのノリノリと繊細な釣り方で美味オニカサゴをリレーで楽しもう!
黄金色に輝く魚体が美味しさを象徴している東京湾の〝金アジ〟が超激アツ!水深浅く入門にも最適!寒くても絶好調の激うま金アジ!LTで手軽に釣って堪能しよう!!
東京湾のシーバスゲームが好調だ。今年は数年ぶりの当たり年!本牧「長崎屋」では1月にトップで100本オーバーという日が何日も!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル