MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
中型めちゃうまブランドアジがバンバン釣れる!【東京湾・走水沖】

中型めちゃうまブランドアジがバンバン釣れる!【東京湾・走水沖】

東京湾・走水沖のアジ釣りは、いわゆる「ビシアジ」と呼ばれる釣り方で釣る。130号のビシを用いて、コマセにはイワシのミンチを使う。イワシのミンチは匂いが強く、海中で煙幕状に広がる。これでアジをおびき寄せ、その中にある付けエサを食わせる、というのがこの釣りの要諦だ。

perm_media 《画像ギャラリー》中型めちゃうまブランドアジがバンバン釣れる!【東京湾・走水沖】の画像をチェック! navigate_next

釣って納得見て納得、食べたらわかる走水の魅力

ねらいどおりダブルを決めた北本茂照さん。「今日はすっごい楽しみだったんだよ!」

ポイントは港を出てスグの場所中心にねらった。

女性にも大人気。貸し道具でどんどん挑戦しよう。

絶品アジに舌が喜びキモチイー!

30cm弱の中型主体だ。

ビシ130号イワシミンチのコマセ釣りだ。

付けエサはイカタン。アオイソメを持参してもいい。

多点掛けをねらうなら3本バリ。扱いやすさなら2本バリがいい。

今回北本さんがここのアジで作ったアジ料理。

アジは沖釣りの中でもっともポピュラーな釣り物と言えるだろう。
「アジ釣りしかやらない」という釣り人も多く、誰でも楽しめる簡単さと、ベテランがのめり込む奥深さを併せ持ち高い人気を誇っている。
ここ、走水沖は、そんなアジファンたちから絶大の支持を受けているポイントだ。ボトルネック状になった地形が速い潮流を生み、遊泳力の高いアジが育まれている。そんな走水沖のアジの最大の魅力はやはり「味」だ。丸まると太っていながらも顔が精悍に引き締まり、体高のある身には脂が行き届き、うっとりとするような味わいを楽しませてくれる。
「コマセさえちゃんとまいて、タナにさえ仕掛けがあれば誰でも簡単に釣れるよ」と、平日のほとんどはアジ釣りにくるという超ベテランたちは口をそろえる。
現在、超ベテランたちがねらっているのは、「こんなに近いの?」とビックリするほどの近場の40mダチ前後。ここでは25〜30㎝級の食べ頃、釣りやすいサイズが好調に釣れ盛っている。半日で50匹以上の大釣りも可能だ。
帰ってからの楽しみも大きいアジ釣り。ぜひ、自分の舌で確かめてみてください。ホント、ウマイよ!!

以上の記事は「つり丸」2012年6月1日号の掲載情報です。

関連記事
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
外房・飯岡沖のひとつテンヤマダイで、数釣りと大ダイ、両方狙える面白いシーズンがやってきた。「梅花丸」では毎年大ダイダービーもやっているので是非チャレンジを!
平塚港「庄三郎丸」のヒラメ五目は、朝イチにサビキ仕掛けでイワシを釣り、それをエサにヒラメを狙う!高級ゲストもいろいろまじり、最初のエサ釣りから超楽しい!
【東京湾・久比里沖~剣崎沖】一年で一番難しい時期だからこそおもしろい!誘いのパターン、スピード、そして食わせの間。試行錯誤で釣った1匹はいつも以上の価値があるカワハギ釣り!
最新記事
アカナマダ(アカマンボウ目アカナマダ科アカナマダ)たぶん国内で発見された個体数はそんなに多くない。しかもほとんどが浜に打ち上げられた個体である。
大きなブリやマグロに輸送に最適な保冷バッグ「保冷トライアングル」鰤バッグ/鮪バッグ
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル