MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
マゴチ“超”炸裂! 大型連発&ツ抜け続出!! 【東京湾・大貫沖】

マゴチ“超”炸裂! 大型連発&ツ抜け続出!! 【東京湾・大貫沖】

築地市場では、活けともなればキロ5000円以上もするという、超がつくほどの高級魚・マゴチ。そんなマゴチが4月後半、東京湾大貫沖で大爆発! ツ抜け当たり前、トップ20本前後という、まさに異常な釣れっぷりとなった。

〝異常〟な釣れっぷり! 超高級魚がこんなに釣れるなんて…

どうです、この太さ。堂々たる体格の60cmオーバー! こんなマゴチが毎日のように上がってるなんて、ホント凄すぎ!!

アワセが決まった瞬間が気持ちいい~!!

50㎝オーバーのこのマゴチから爆釣スタート。ポイントは大貫沖水深10m前後。

これも50㎝オーバー。超が付く高級魚がイレグイだ~。

これも60㎝オーバー! どうなっちゃってるの、いったい!!

ネットインは船長が素早く駆けつけてくれるので安心。

船内のカメはマゴチでビッシリ! ちなみにこの手前にもうひとつあり、こちらも同じような状況です…。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・磯子八幡橋「鴨下丸」。

「これはさすがに異常ですよ。夏場ならこんな釣れ方をすることはあるけれど、この時期にこれだけ釣れるのは珍しいです」と話すのは、“マゴチ船長”の異名を持つ磯子八幡橋「鴨下丸」の望月亮英船長。
取材日の釣果は、トップ19本、二番手17本、三番手12本、スソ7本。しかも12時早揚がり(釣れすぎで!)。天気は悪かったけど、これだけ釣れれば、ホント気持ちいい~!
凄いのは数だけではない。当日は60㎝オーバー3本、50㎝オーバー9割。サイズも抜群にいいのだ。
「ただ、本が出る頃にはこのフィーバーは落ち着いている可能性はあります。でも、例年7月頃からは横浜沖を半日船で狙う、前述の夏場の釣りが始まります。今年は全体的にサイズがいいので、ぜひ価値ある一本を狙ってほしいですね」
さて、マゴチ釣りで一番難しいのが“アワセのタイミング”だろう。
「即アワセで掛かるときは掛かってしまいますから、待ちすぎないことですね。強い引き込みがあったら、躊躇せずに一気にアワせることです」
コツコツ、コツコツ…ギュン! と来た瞬間にバシッとアワセが決まり、グンと竿に重みが乗ったったときの、あの快感。それはそれは、マジで気持ちいい~! ですよ。

以上の記事は「つり丸」2012年6月1日号の掲載情報です。

関連記事
「山天丸」のアマダイ仕掛けは片テン2本バリ仕掛けが基本となる。ハリス3号全長2mほど。ハリは丸カイズやオキアミチヌなど。ノーマル仕掛けは通常の2本バリ仕掛け。釣り方によって仕掛けをチェンジする。
ヤリイカのタックルは、いわゆるノーマルな先調子のヤリイカ専用竿を使用する。最近はしっかりとアタリを取って乗せる傾向にあるので、感度の良いものをセレクトしよう。ヤリイカの仕掛けはプラヅノ11㎝5〜8本。
ライト五目仕掛けは、全長2.5〜3m、ハリ数3〜4本のウイリー仕掛け。「庄治郎丸」オリジナル仕掛けは3本バリで、先端は空バリとなっている。空バリにはオキアミを付ける。ハリスは一般的には2〜3号だ。
石花海のヤリイカ釣りでは、昔から魚型11㎝ダブルカンナプラヅノが定番だ。なぜだろう。もちろん、棒状のプラヅノでも、シングルカンナヅノでもイカは乗る。しかし、定番になっていることには理由がある。
仕掛けは親孫式のヒラメ仕掛けを使用する。ハリスは6~8号80㎝~1m、捨て糸は50~80㎝ほど。孫バリはシングル、トリプルフックどちらでもいいが、慣れない人はトリプルフック使用がおすすめ。
「山天丸」のアマダイ仕掛けは片テン2本バリ仕掛けが基本となる。ハリス3号全長2mほど。ハリは丸カイズやオキアミチヌなど。ノーマル仕掛けは通常の2本バリ仕掛け。釣り方によって仕掛けをチェンジする。
ヤリイカのタックルは、いわゆるノーマルな先調子のヤリイカ専用竿を使用する。最近はしっかりとアタリを取って乗せる傾向にあるので、感度の良いものをセレクトしよう。ヤリイカの仕掛けはプラヅノ11㎝5〜8本。
11月18日(日)に開催された「東京湾タチウオバトル2018」の結果報告です。
ライト五目仕掛けは、全長2.5〜3m、ハリ数3〜4本のウイリー仕掛け。「庄治郎丸」オリジナル仕掛けは3本バリで、先端は空バリとなっている。空バリにはオキアミを付ける。ハリスは一般的には2〜3号だ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読