MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
イサキは盛期に突入! 数、型とも楽しめるぞ !!【南房総・千田沖】

イサキは盛期に突入! 数、型とも楽しめるぞ !!【南房総・千田沖】

南房総では4月に入ってから、広範囲でイサキが好調だ。トップ50匹以上を記録する日も珍しくないほど。好調に釣れる日はサイズも良く、30㎝前後の良型が主体になることもしばしばだ。

perm_media 《画像ギャラリー》イサキは盛期に突入! 数、型とも楽しめるぞ !!【南房総・千田沖】の画像をチェック! navigate_next

千田沖はこれから盛期! マダイも期待できる

何度もあるアタリが気持ちいい〜!

ポイントは港から数分の千田沖。タナは海面下20m台。

イサキ釣りはコマセワークと手返しが重要。

30cmを超える良型。食いがいいときは、このサイズが多くなる。

南房総のイサキはこれからが盛期。こんなシーンがあちこちで見られるはずだ。

一荷は嬉しい。

イサキ仕掛けは、マダイも視野に入れた全長5m。

付けエサはオキアミ(左)。エサ取りが多いときのためにマンボウの皮(右)も用意されていた。

コマセはオキアミを使用。

南房総の広範囲でイサキが好シーズンに突入し、あちこちで好釣果の報告が聞かれている。千田沖周辺のイサキも例にもれず好調だ。
イサキはこれから盛期に入る。数、型ともに期待できる。すでに、トップ60匹を超える日もあった。そして、マダイもおもしろくなってくる。イサキをメインにマダイも狙える。小型のカンパチやイナダなどがまじることもある。5月5日には午前のイサキ狙いで8㎏オーバーの大型マダイが取り込まれている。このようにマダイや青物まじりで楽しめるのが、南房総のイサキ釣りの魅力でもあるのだ。
好調なイサキにくわえ、マダイや青物も期待できる千田沖。「イサキも釣りたいし、高級ゲストも!」という人は千田沖のイサキ釣りがおすすめ。ぜひ挑戦してみよう!

以上の記事は「つり丸」2012年6月1日号の掲載情報です。

関連記事
「つり丸・4月15日号(2021年)」の第3特集に掲載され波崎「信栄丸」の波崎沖の春のヤリイカ釣り取材の様子を動画で公開。
西伊豆戸田沖の夜ムギイカ釣りがシーズンイン!アンカーを打ってのカカリ釣りだから、ビギナーでも対応しやすい。盛期ともなれば束釣りは日常茶飯事、2束、3束なんて釣果も飛び出す。
4 月に解禁した大物釣りの聖地“銭洲”でシマアジが絶好調だ。解禁日も凪ぎ日に恵まれ、五目釣りを得意とする沼津「舵丸」船上では、シマアジとカンパチが乱舞した。
「つり丸・5月15日号(2021年)」の第1特集に掲載された東京湾・走水沖のビシアジ取材の様子を公開!
走水沖のビシアジが好調だ!今回取材した走水港「関義丸」では半日船でトップ40匹台や50匹台をコンスタントに記録!脂が乗った美味アジの数釣りが楽しめる!!
最新記事
「つり丸・4月15日号(2021年)」の第3特集に掲載され波崎「信栄丸」の波崎沖の春のヤリイカ釣り取材の様子を動画で公開。
西伊豆戸田沖の夜ムギイカ釣りがシーズンイン!アンカーを打ってのカカリ釣りだから、ビギナーでも対応しやすい。盛期ともなれば束釣りは日常茶飯事、2束、3束なんて釣果も飛び出す。
4 月に解禁した大物釣りの聖地“銭洲”でシマアジが絶好調だ。解禁日も凪ぎ日に恵まれ、五目釣りを得意とする沼津「舵丸」船上では、シマアジとカンパチが乱舞した。
「つり丸・5月15日号(2021年)」の第1特集に掲載された東京湾・走水沖のビシアジ取材の様子を公開!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル