MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
西伊豆沖の夜ムギイカ釣りが、いよいよ開幕!【西伊豆・土肥沖】

西伊豆沖の夜ムギイカ釣りが、いよいよ開幕!【西伊豆・土肥沖】

夜イカ釣りをほぼ周年専門にしている西伊豆・戸田港「福将丸」。例年、4月から6月半ばまでは、ムギイカ釣りが楽しめる。だが、今期はちょっとスタートが遅れ気味。本格化の兆しが明確になったのは、GW。ウネリ&月夜というけしてよい条件ではないものの、トップ50〜100杯という釣果をタタキだした。

perm_media 《画像ギャラリー》西伊豆沖の夜ムギイカ釣りが、いよいよ開幕!【西伊豆・土肥沖】の画像をチェック! navigate_next

誰でも浅場で気軽に数釣りが楽しめる夜釣り開幕

夜風が最高に気持ちいい〜!!

本格シーズンインしたムギイカ。数釣りが魅力の釣りなので、ぜひ、直結仕掛け釣法を試してみよう。

コレがムギイカ! 多点掛けを狙おう。

電動リールタックルの直結仕掛け釣法もオススメ。取り込みに気をつけよう。水中ランプは「赤」以外ならなんでもよいという。

スレイカに威力発揮中! ひとつスッテにヤリイカがヒット!!

真野船長の直結仕掛けがコレだ。スッテの配色を参考にしよう。

ひとつスッテ釣法オンリーで夜ムギイカ釣りに臨んだアルファタックルフィールドテスターの互泰行さん。乗り渋り時も良型スルメばかり乗せていた。「ノリノリのときに試したいですね」と話す。活性高いと水深20m以浅で乗るので、手返し早く数も伸ばすことが可能だ。

西伊豆沖のムギイカは、ナマリスッテが大好きのようだ。

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・西伊豆戸田港「福将丸」。

西伊豆沖の夜ムギイカ釣りが開幕した。夜釣りを得意とする戸田港「福将丸」では、今期も4月より出船開始。ゴールデンウイークには、土肥〜宇久須沖でイカの群れをとらえた。
「今年のムギイカは遅れているようですね。例年ならば、駿河湾ではGWにはかなり盛り上がるのですが」とは、真野康臣船長。「夜イカ釣りならおまかせ!」という看板を掲げているほど、得意のムギイカ釣りだが、今期はいつもとちょっと様子が違うという。
「まだ、走りですからね。ヤリイカがあまりよくない年はムギイカは当たることが多いんですよ。これからに期待しましょう!」
「福将丸」の常連さんは、ムギイカ釣りは数釣り。浮きスッテの直結し掛けを手釣りで釣るのが定番釣法だ。タナを効率よく探れるので、数釣りを期待するなら、この釣法にはどんな釣り方もかなわないという。
「ひとつスッテもおもしろそうですね。うちでは大歓迎ですよ!」と、いま「つり丸」がいち押しの最新LT釣法も楽しませてくれるという。
電動リール使用の直結仕掛け釣りも通常のプラヅノや浮きスッテのサビキし掛けの使用ももちろんよい。釣り方はあなたの好みでオッケー。
西伊豆の初夏の夜を満喫するならこの夜ムギイカ釣りがオススメだ。

以上の記事は「つり丸」2012年6月1日号の掲載情報です。

関連記事
ライトルアーゲームで楽しむ東京湾の春。ターゲットはシーバスをメインにいろいろ!シーバス、マゴチ、マダイetc釣れる魚を楽しく釣っていくシーバス五目ゲームを紹介!
今期は当たり年という外房川津沖周辺のマダイ!アベレージは堂々のロクマル!外房屈指の大ダイ場も乗っ込み中だ!一定の速度で巻き巻きしてゲットしよう!
オールシーズンゲームとなっている東京湾タチウオジギング!今回は前半戦だけで30本を記録した猛者がいるほどの食いっぷり!気軽に楽しめる釣りとしてジギングデビューにもおすすめだ。
何が掛かるか分からない!小さなジグで大きな魚を獲る!外房・大原沖でスーパーライトジギングが大盛況だ!潮況が合えばワラサやサワラの回遊魚も期待十分!
最新記事
アカナマダ(アカマンボウ目アカナマダ科アカナマダ)たぶん国内で発見された個体数はそんなに多くない。しかもほとんどが浜に打ち上げられた個体である。
大きなブリやマグロに輸送に最適な保冷バッグ「保冷トライアングル」鰤バッグ/鮪バッグ
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル