MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
絶海の孤島・イナンバにマグロが来た!【イナンバ】

絶海の孤島・イナンバにマグロが来た!【イナンバ】

伊豆半島の先端、石廊崎から南へ約100㎞、黒潮のど真ん中に突出する絶海の孤島、イナンバ。毎年春、黒潮に乗りここにキハダが回遊してくる。イナンバは、天然のパヤオのようなもの、潮の流れによっては、キハダやカツオの大群がここに居付く。基本的には、この海域は回遊魚にとっては通り道。行ってみなくちゃ、キハダがいるかは分からない。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

深場ではジギング。島近くではキャスティングでキハダを狙った

トップにヒットした10㎏のキハダ。

こちらも潮目に群れる11㎏のキハダをトップでキャッチ。

イナンバでもジギングとキャスティングの2タックル持参が定番だ。

なんと13㎏の沖ザワラ。ライン切れの犯人はコイツだった。

メダイはイナンバの常連魚。

ハチビキはおいしいゲスト。しっかりと氷で締めて持ち帰ろう。

ジギングにヒット! 黒潮の真っ只中の魚とのファイトを楽しもう。

「4月の半ばにようやくイナンバへ行けて、ビンチョウマグロとキハダがルアーで釣れたんだけど、GWはあまり芳しくなかったね。黒潮が西から来てイナンバに当たれば、ベスト。そんな潮の日に当たればいい思いができるよ」とは、大ベテランの手石「南伊豆忠兵衛丸」の浅沼幹雄船長。
当日は、南からの潮の流れ。水深200mから一気に水深100mに駆け上がる瀬から流し始め、イナンバ近くの浅瀬まで攻めるパターンだった。
深場ではジギング。島近くではキャスティングでキハダを狙った。
結果的には、島そばの浅場の潮目でトップに出たキハダ。深場ではメダイやハチビキがヒットしまずまず楽しめた内容であった。
今後も黒潮に流れ方次第で十分可能性のあるイナンバ。大きな群れが入れば、20㎏オーバーが全員ヒット! なんてことがザラの海域だけに、ぜひチャレンジしてみてほしい。20㎏オーバーのヒラマサやカンパチもターゲットだぞ。

以上の記事は「つり丸」2012年6月1日号の掲載情報です。

関連記事
南伊豆沖 水深500~700mで深海の巨大魚 アブラボウズが釣れている。使用するメタルジグのサイズは1㎏前後。根掛かりもあるので予備は必要だ!
船橋港「フレンドシップ」この時期の一押しターゲットは、タイラバを使ったマダイ狙いだ。同じポイントでワラサも狙える!田岡要司船長が、いま釣れるパターン」を忌憚なく公開してくれる!
東京湾のシーバスゲームが好調だ。今年は数年ぶりの当たり年!本牧「長崎屋」では1月にトップで100本オーバーという日が何日も!
東京湾の横須賀沖で、落ちのマダイが絶好調!金沢八景の「野毛屋」では取材日に3.7㎏の良型含みで船中21枚、翌日は40枚、翌々日は49枚と、まるで秋の数釣りハイシーズン!
東京湾・冬期のシーバスゲームは、イワシを追いかけているシーバスの群れを釣るので、確実に数釣りが楽しめる。手軽だけどじつは奥が深い。この魅力をぜひ体験してほしい。
最新記事
コマセに混ぜるだけ!シマアジをきらめきと匂いで誘う添加剤 「シマアジキラーbyエイト」
鹿島沖では例年になく水温が高く、活性が高い魚が多く、いろいろな魚種がまじって五目釣り感覚で楽しめている。取材当日は本命マダイがまじる展開!中ダイクラスのヒットも!!
開拓から5年目を迎えた犬吠沖のアカムツは、人気・実績ともにますますヒートアップ!波崎港「仁徳丸」の取材日では、大型まじりで3名が規定数の10匹に到達。
新ブランドから8本編組PEライン登場「ROOTS PE×8」4月発売予定。
南房江見沖のコマセ五目釣りが元気一杯!アマダイ、オニカサゴ、キダイなどの底物中心の冬・春バージョンへとスタイルチェンジ!イサキは、すごい勢いで食い盛っている。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル