MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
絶海の孤島・イナンバにマグロが来た!【イナンバ】

絶海の孤島・イナンバにマグロが来た!【イナンバ】

伊豆半島の先端、石廊崎から南へ約100㎞、黒潮のど真ん中に突出する絶海の孤島、イナンバ。毎年春、黒潮に乗りここにキハダが回遊してくる。イナンバは、天然のパヤオのようなもの、潮の流れによっては、キハダやカツオの大群がここに居付く。基本的には、この海域は回遊魚にとっては通り道。行ってみなくちゃ、キハダがいるかは分からない。

perm_media 《画像ギャラリー》絶海の孤島・イナンバにマグロが来た!【イナンバ】の画像をチェック! navigate_next

深場ではジギング。島近くではキャスティングでキハダを狙った

トップにヒットした10㎏のキハダ。

こちらも潮目に群れる11㎏のキハダをトップでキャッチ。

イナンバでもジギングとキャスティングの2タックル持参が定番だ。

なんと13㎏の沖ザワラ。ライン切れの犯人はコイツだった。

メダイはイナンバの常連魚。

ハチビキはおいしいゲスト。しっかりと氷で締めて持ち帰ろう。

ジギングにヒット! 黒潮の真っ只中の魚とのファイトを楽しもう。

「4月の半ばにようやくイナンバへ行けて、ビンチョウマグロとキハダがルアーで釣れたんだけど、GWはあまり芳しくなかったね。黒潮が西から来てイナンバに当たれば、ベスト。そんな潮の日に当たればいい思いができるよ」とは、大ベテランの手石「南伊豆忠兵衛丸」の浅沼幹雄船長。
当日は、南からの潮の流れ。水深200mから一気に水深100mに駆け上がる瀬から流し始め、イナンバ近くの浅瀬まで攻めるパターンだった。
深場ではジギング。島近くではキャスティングでキハダを狙った。
結果的には、島そばの浅場の潮目でトップに出たキハダ。深場ではメダイやハチビキがヒットしまずまず楽しめた内容であった。
今後も黒潮に流れ方次第で十分可能性のあるイナンバ。大きな群れが入れば、20㎏オーバーが全員ヒット! なんてことがザラの海域だけに、ぜひチャレンジしてみてほしい。20㎏オーバーのヒラマサやカンパチもターゲットだぞ。

以上の記事は「つり丸」2012年6月1日号の掲載情報です。

関連記事
ライトルアーゲームで楽しむ東京湾の春。ターゲットはシーバスをメインにいろいろ!シーバス、マゴチ、マダイetc釣れる魚を楽しく釣っていくシーバス五目ゲームを紹介!
今期は当たり年という外房川津沖周辺のマダイ!アベレージは堂々のロクマル!外房屈指の大ダイ場も乗っ込み中だ!一定の速度で巻き巻きしてゲットしよう!
オールシーズンゲームとなっている東京湾タチウオジギング!今回は前半戦だけで30本を記録した猛者がいるほどの食いっぷり!気軽に楽しめる釣りとしてジギングデビューにもおすすめだ。
何が掛かるか分からない!小さなジグで大きな魚を獲る!外房・大原沖でスーパーライトジギングが大盛況だ!潮況が合えばワラサやサワラの回遊魚も期待十分!
最新記事
アカナマダ(アカマンボウ目アカナマダ科アカナマダ)たぶん国内で発見された個体数はそんなに多くない。しかもほとんどが浜に打ち上げられた個体である。
大きなブリやマグロに輸送に最適な保冷バッグ「保冷トライアングル」鰤バッグ/鮪バッグ
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル