MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
好調そのもの! 一気に急上昇だっ! 外房のヒラマサゲーム【外房】

好調そのもの! 一気に急上昇だっ! 外房のヒラマサゲーム【外房】

関東エリアでは非常に人気の高いゲームのひとつ、外房沖のヒラマサジギングゲーム。周年楽しむことができる釣りではあるが春は絶好機。ゴールデンウイーク前後を目安に一気に急上昇する、というのが例年のパターンだ。

perm_media 《画像ギャラリー》好調そのもの! 一気に急上昇だっ! 外房のヒラマサゲーム【外房】の画像をチェック! navigate_next

可能な限りキャストして、ボトムから 表層まで幅広く攻めていく

一年のなかで最もヒラマサが釣れやすい時期だから、入門するならいまだ。

ヒラマサの群れが回遊するポイントには、僚船が集結。たちまち釣り船銀座になる。

良型ヒラマサキャッチにホクホク顔のマシーン山崎さん。

ジグのタイプに合わせてタックルも替えよう。バーチカルにねちねちとジグを演出可能なベイトタックルのアクションも有効だ。

初夏のヒラマサはこのサイズが多い。その分、数釣れるのだ。

使用するメタルジグのメインウエイトは80〜200g程度。形状としてはセミロングタイプが定番。

今期はイナダとワラサの中間、サンパクが多い。パワーのあるファイトを満喫できる。

キャスティングタックルも必携。状況に合わせて釣法を選択しよう。

細かく左右に動くタイプ、大きくスライドしてダートするタイプなど、意識的にタイプを変えてそろえておく。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・大原港「松鶴丸」。

4月下旬、機は熟したか? とばかりに大原港「松鶴丸」に同船取材をお願いした。
「昨日から一気に群れが入ってきた感じだよ。今日も期待できるんじゃないかな?」
ルアー船担当の中村洋行船長の頼もしい言葉。期待を込めて沖へと向かった。
前日好調だったという勝浦沖からスタート。目まぐるしく変化する水深に合わせて、船長からの細かいアナウンスが届く。春はボトム周辺の水温が低く、その上をヒラマサが好む温かい潮が流れるという状況が多い。可能な限りキャストして、投入ごとに回収、ボトムから表層まで幅広く攻めていくのがセオリーだ。
午前船ではヒットこそ多かったが取りこぼしも多数。いまひとつ欲求不満気味だったが、午後船では潮もよく効き、サンパク、ワラサ、ヒラマサとも好調に釣れ上がった。この日のヒラマサの平均サイズは2㎏台。最大では4㎏ちょっとに留まったが、僚船では10㎏クラスもキャッチされていた。
「ヒラマサジギングはこれからが本番。楽しんでもらえると思いますよ」
と中村船長。5月はヒットチャンスが多いのが特徴。やってみたい、という方が挑戦するにはベストなシーズン。おすすめだ。

以上の記事は「つり丸」2012年6月1日号の掲載情報です。

関連記事
「つり丸・8月1日号(2021年)」の巻頭第1特集に掲載された石川県・金沢港「北龍丸」の夜釣りで大人気のケンサキイカのメタルスッテゲームの取材の様子を動画で公開。
東京湾のタイラバゲームは終盤戦に突入しているが、まだまだ入門者にもお手軽な時期だ!取材日もマダイ初挑戦という女性が見事にキャッチに成功!
黒潮洗う絶海の孤島、イナンバでジギング&キャスティング!大型[キハダ・カツオ・ヒラマサ・カンパチ]を狙う!モンスターフィッシュとの出会いがあるのがイナンバの魅力!
黒潮の申し子シイラがやってきた!相模湾のシイラが好調だ。60㎝から90㎝クラスを主体にメーターオーバーがまじる!早めの挑戦で短いシーズンを堪能しよう!
最新記事
「つり丸・8月1日号(2021年)」の巻頭第1特集に掲載された石川県・金沢港「北龍丸」の夜釣りで大人気のケンサキイカのメタルスッテゲームの取材の様子を動画で公開。
日本海の7月8月は夜釣りがメイン。メタルスッテゲームでケンサキイカが最盛期に!昼はライト泳がせでキジハタ&ヒラメを狙う!
「浜名湖で一番アカムツを釣らせる」を自負する「ボートクラブ カナル」取材当日もキロムツ含め13ヒット11キャッチ!結果を残した!
東京湾のタイラバゲームは終盤戦に突入しているが、まだまだ入門者にもお手軽な時期だ!取材日もマダイ初挑戦という女性が見事にキャッチに成功!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル