MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
好調そのもの! 一気に急上昇だっ! 外房のヒラマサゲーム【外房】

好調そのもの! 一気に急上昇だっ! 外房のヒラマサゲーム【外房】

関東エリアでは非常に人気の高いゲームのひとつ、外房沖のヒラマサジギングゲーム。周年楽しむことができる釣りではあるが春は絶好機。ゴールデンウイーク前後を目安に一気に急上昇する、というのが例年のパターンだ。

perm_media 《画像ギャラリー》好調そのもの! 一気に急上昇だっ! 外房のヒラマサゲーム【外房】の画像をチェック! navigate_next

可能な限りキャストして、ボトムから 表層まで幅広く攻めていく

一年のなかで最もヒラマサが釣れやすい時期だから、入門するならいまだ。

ヒラマサの群れが回遊するポイントには、僚船が集結。たちまち釣り船銀座になる。

良型ヒラマサキャッチにホクホク顔のマシーン山崎さん。

ジグのタイプに合わせてタックルも替えよう。バーチカルにねちねちとジグを演出可能なベイトタックルのアクションも有効だ。

初夏のヒラマサはこのサイズが多い。その分、数釣れるのだ。

使用するメタルジグのメインウエイトは80〜200g程度。形状としてはセミロングタイプが定番。

今期はイナダとワラサの中間、サンパクが多い。パワーのあるファイトを満喫できる。

キャスティングタックルも必携。状況に合わせて釣法を選択しよう。

細かく左右に動くタイプ、大きくスライドしてダートするタイプなど、意識的にタイプを変えてそろえておく。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・大原港「松鶴丸」。

4月下旬、機は熟したか? とばかりに大原港「松鶴丸」に同船取材をお願いした。
「昨日から一気に群れが入ってきた感じだよ。今日も期待できるんじゃないかな?」
ルアー船担当の中村洋行船長の頼もしい言葉。期待を込めて沖へと向かった。
前日好調だったという勝浦沖からスタート。目まぐるしく変化する水深に合わせて、船長からの細かいアナウンスが届く。春はボトム周辺の水温が低く、その上をヒラマサが好む温かい潮が流れるという状況が多い。可能な限りキャストして、投入ごとに回収、ボトムから表層まで幅広く攻めていくのがセオリーだ。
午前船ではヒットこそ多かったが取りこぼしも多数。いまひとつ欲求不満気味だったが、午後船では潮もよく効き、サンパク、ワラサ、ヒラマサとも好調に釣れ上がった。この日のヒラマサの平均サイズは2㎏台。最大では4㎏ちょっとに留まったが、僚船では10㎏クラスもキャッチされていた。
「ヒラマサジギングはこれからが本番。楽しんでもらえると思いますよ」
と中村船長。5月はヒットチャンスが多いのが特徴。やってみたい、という方が挑戦するにはベストなシーズン。おすすめだ。

以上の記事は「つり丸」2012年6月1日号の掲載情報です。

関連記事
ライトルアーゲームで楽しむ東京湾の春。ターゲットはシーバスをメインにいろいろ!シーバス、マゴチ、マダイetc釣れる魚を楽しく釣っていくシーバス五目ゲームを紹介!
今期は当たり年という外房川津沖周辺のマダイ!アベレージは堂々のロクマル!外房屈指の大ダイ場も乗っ込み中だ!一定の速度で巻き巻きしてゲットしよう!
オールシーズンゲームとなっている東京湾タチウオジギング!今回は前半戦だけで30本を記録した猛者がいるほどの食いっぷり!気軽に楽しめる釣りとしてジギングデビューにもおすすめだ。
何が掛かるか分からない!小さなジグで大きな魚を獲る!外房・大原沖でスーパーライトジギングが大盛況だ!潮況が合えばワラサやサワラの回遊魚も期待十分!
最新記事
アカナマダ(アカマンボウ目アカナマダ科アカナマダ)たぶん国内で発見された個体数はそんなに多くない。しかもほとんどが浜に打ち上げられた個体である。
大きなブリやマグロに輸送に最適な保冷バッグ「保冷トライアングル」鰤バッグ/鮪バッグ
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル