MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
ずっと良型好調! 外房のエビハナダイ【銚子沖】

ずっと良型好調! 外房のエビハナダイ【銚子沖】

風薫る五月。ここ数年この時期に欠かせない釣り物となっているのが、銚子沖のエビハナダイだ。

perm_media 《画像ギャラリー》ずっと良型好調! 外房のエビハナダイ【銚子沖】の画像をチェック! navigate_next

昨年は5月が一番よかったけど… 今年は2月からずっといい! 今シーズンはマッチ箱サイズがほとんどまじらないのも嬉しい

2月から絶好調で釣れ続いている銚子沖のエビハナダイ。トップ60枚、70枚と数釣れる日も少なくない。

マダイも少なくない。

大型のアジが数まじる日も。

ポイントの水深は25m前後。オモリを底に着けて底スレスレを狙うか、または少しオモリを上げて上のタナを探ってみよう。

エサは生きたエビ。尾羽を切ってエビが真っすぐになるようハリを刺す。

ゆっくりと聞きアワせた竿先に、クククン! キュキューン! と歯切れの良い引き込みが伝わる。サイズは20㎝そこそこだが、そこはタイ。シンプルな胴付き仕掛けとあいまって、爽快な引き味が楽しめるのが銚子沖のエビハナダイだ。
ビギナーにも優しい釣りで、仕掛けを底スレスレにして待てば、ほぼ向こうアワセで次々ハナダイが食いついてくる。エビの尾羽を歯で「カリッ、プッ」と噛み切ると、なんだかベテラン釣り師になった気分も味わえる。良い日にはトップ束超えの日もあり、アジやホウボウ、ウマヅラなど多彩なゲストも楽しみだ。
去年は5月が一番よかったけど、今年は2月、3月からずっといい。潮具合によって多少波はあるが、しばらくはいい釣りが出来そうだ。
今シーズンはマッチ箱サイズと呼ばれる超小型がほとんどまじらないのも嬉しい。大型のデコダイまじりで数釣りが楽しめそうだ。

以上の記事は「つり丸」2012年6月1日号の掲載情報です。

関連記事
今回は熱心に通いつめる常連さんの多い新子安恵比須橋の「だてまき丸」さんからマゴチ釣りにチャレンジしてきました。取材当日は、64㎝の超ビックサイズも飛び出しました。
ロンリー侍ドクターことダイワフィールドスタッフの近藤惣一郎さんが、乗っ込みシーズンを目前に控えた三浦半島剣崎沖でマダイを狙う!!
周年を通して楽しめる飯岡沖のハナダイが、早くも絶好モードに突入している。メリハリを効かせたシャクリで良型デコダイの数釣りを楽しもう!!
勝浦沖のヤリイカが急上昇!ようやく本格化した!ヤリイカは全てジャンボ級でパラソル級オンリー!乗り味抜群速い潮と小サバを避けて爆乗りだ!
「つり丸・4月1日号(2021年)」の巻頭第1特集に掲載された外房・飯岡沖のテンヤマダイ取材の様子を公開! 
最新記事
東京湾では、いよいよ乗っ込みマダイのXデー間近!各地ではマダイ好調の報せがちらほらと入り始めた。走水港の「政信丸」でもお腹はパンパン良型が上がっている!
今回は熱心に通いつめる常連さんの多い新子安恵比須橋の「だてまき丸」さんからマゴチ釣りにチャレンジしてきました。取材当日は、64㎝の超ビックサイズも飛び出しました。
ロンリー侍ドクターことダイワフィールドスタッフの近藤惣一郎さんが、乗っ込みシーズンを目前に控えた三浦半島剣崎沖でマダイを狙う!!
周年を通して楽しめる飯岡沖のハナダイが、早くも絶好モードに突入している。メリハリを効かせたシャクリで良型デコダイの数釣りを楽しもう!!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル