MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
富浦沖乗っ込みマダイ最盛期、記録サイズを狙おう!【内房・富浦沖】

富浦沖乗っ込みマダイ最盛期、記録サイズを狙おう!【内房・富浦沖】

東京湾口部に位置する内房・富浦沖。水深70〜80mの横瀬や水深40〜80mの象背根がマダイの春の乗っ込みポイントだ。ここは、いきなりモンスター級のマダイが釣れることが最大の魅力といっていいだろう。

perm_media 《画像ギャラリー》富浦沖乗っ込みマダイ最盛期、記録サイズを狙おう!【内房・富浦沖】の画像をチェック! navigate_next

静寂のなかで突如絞りこまれる強烈なアタリに要注意! 重くトルクフルな引き! ゴボっと浮上!

横瀬で見事7.7㎏の大ダイを仕留めたのは、東村山市の藁谷孝之さん。5号6m&3号7mの2段テーパー仕掛けにヒット。ハリから60㎝のところに-3Bのガン玉を打ったとたん食ったという。誘いは指示ダナ5m上からの落としこみだ。

静寂のなかで突如絞りこまれる強烈なアタリに要注意!!

荒川区の金山奈帆さん、粘った末、見事本命キャッチに成功。

笹子宏宣船長が待望の大ダイをすくいあげた。船宿記録は8.5㎏、それを上回る大物かと期待された。

同日、2.2㎏の中ダイもゲットした藁谷さん。

船後、計量では7.7㎏を示した。

小ダイのなかに大ダイがまじるパターンが多い。

体高のある大ダイの雄姿。こんなモンスターが魚探にいつも映っているが、なかなか口を使わないのだ。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・内房富浦港「第三共栄丸」。

「今年はなんだか乗っ込みが本当に来てるのかな?って感じでしたけど、アタるとマダイはデカイんですよ」とは、富浦沖のコマセマダイ釣りを得意としている富浦港「第三共栄丸」の笹子宏宣船長。今期は横瀬と象背根の2カ所でマダイが釣れていて、時合にどちらのポイントにいるか、によって釣果に差が出るという。
「今年のマダイは警戒心が強く、その分大きいのでしょうけど、なかなか浮きません。それでも我慢して高ダナで待ってたりするとデカイのがヒットします。いつもとはちょっと様子が違うようなので、タナを探ることをおすすめします」とのアドバイス。
乗っ込みはGWに始まったばかり。まだまだチャンスがある富浦沖へ、行くならいまだ。

以上の記事は「つり丸」2012年6月1日号の掲載情報です。

関連記事
「浜名湖で一番アカムツを釣らせる」を自負する「ボートクラブ カナル」取材当日もキロムツ含め13ヒット11キャッチ!結果を残した!
外房・御宿沖の伝統釣法・カモシ釣りが好機!良型マダイがラッシュ中で、ヒラマサの回遊もあり!夢のある釣りを絶賛展開中だ!この機会にぜひ!
新潟県上越・直江津沖。夏のイチオシターゲットがオキメバルだ!活性が高いと良型ばかりズラズラズラリと多点掛けするのが特徴。夜は半夜で楽しむアカイカシーズンが開幕!
東京湾がいよいよ照りゴチシーズン突入!産卵後の荒食いが期待できる この時期は入門にもオススメ!とても美味なので食のほうでも楽しめる。
最新記事
「つり丸・8月1日号(2021年)」の巻頭第1特集に掲載された石川県・金沢港「北龍丸」の夜釣りで大人気のケンサキイカのメタルスッテゲームの取材の様子を動画で公開。
日本海の7月8月は夜釣りがメイン。メタルスッテゲームでケンサキイカが最盛期に!昼はライト泳がせでキジハタ&ヒラメを狙う!
「浜名湖で一番アカムツを釣らせる」を自負する「ボートクラブ カナル」取材当日もキロムツ含め13ヒット11キャッチ!結果を残した!
東京湾のタイラバゲームは終盤戦に突入しているが、まだまだ入門者にもお手軽な時期だ!取材日もマダイ初挑戦という女性が見事にキャッチに成功!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル