MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
モンスター級潜む沼津湾の乗っ込みマダイ【沼津沖】

モンスター級潜む沼津湾の乗っ込みマダイ【沼津沖】

コマセをまいてマダイを寄せ、ハリの付いたエサを食わせて釣るコマセダイ。基本的な釣り方は、どこでもほぼ共通だろう。だが、その土地、船、時期によって、微妙な違いがある。この違いを理解して戦略を立てることが、釣果に結びつきやすいのも事実。これがコマセダイの面白味、奥深さでもある。今回の釣行は静岡県・沼津静浦沖のコマセダイだ。

perm_media 《画像ギャラリー》モンスター級潜む沼津湾の乗っ込みマダイ【沼津沖】の画像をチェック! navigate_next

乗っ込み開始が遅れたぶん、6月も期待できそう!

これも良型だが、モンスター級も潜む沼津沖。

当日は「平根」と呼ばれるポイントを狙った。

3㎏に迫る良型が上がった。

最初の1枚は嬉しい。

沼津沖のマダイ釣りは、ロケーションも楽しめる。

駿河湾の懐に抱かれた沼津静浦沖は、マダイの代表的な名ポイントのひとつだ。富士山や伊豆の山々を望む湾内は、ロケーションのよさに初めての人は見とれ、波静かな海の優雅さにノンビリしがちだ。だが、この地形がマダイの生息に適し、「モンスター」と呼ばれる超ド級の大型を育んでいる。
ここのマダイはシビアだ。竿を派手に動かすとせっかく寄ってきたマダイは船の下から去ってしまう。それにエサ取りも多い、竿を振ってコマセをまくときはなるべくゆっくりと。誘いも静かにソフトに行うのがコツだ。
今年は乗っ込み開始が遅れた分、6月過ぎまで釣れ続くのではないか。沼津沖は、テクニックと度胸を磨くに最適なフィールドだ!

以上の記事は「つり丸」2012年6月1日号の掲載情報です。

関連記事
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
外房・飯岡沖のひとつテンヤマダイで、数釣りと大ダイ、両方狙える面白いシーズンがやってきた。「梅花丸」では毎年大ダイダービーもやっているので是非チャレンジを!
平塚港「庄三郎丸」のヒラメ五目は、朝イチにサビキ仕掛けでイワシを釣り、それをエサにヒラメを狙う!高級ゲストもいろいろまじり、最初のエサ釣りから超楽しい!
【東京湾・久比里沖~剣崎沖】一年で一番難しい時期だからこそおもしろい!誘いのパターン、スピード、そして食わせの間。試行錯誤で釣った1匹はいつも以上の価値があるカワハギ釣り!
最新記事
アカナマダ(アカマンボウ目アカナマダ科アカナマダ)たぶん国内で発見された個体数はそんなに多くない。しかもほとんどが浜に打ち上げられた個体である。
大きなブリやマグロに輸送に最適な保冷バッグ「保冷トライアングル」鰤バッグ/鮪バッグ
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル