MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
狙いは大ダイ! 乗っ込み開幕、チャンスは今だ!【御前崎沖オモリ】

狙いは大ダイ! 乗っ込み開幕、チャンスは今だ!【御前崎沖オモリ】

オキアミコマセで釣る乗っ込みマダイのポイントで東海エリアの ナンバー1といえるのが、御前崎沖のオモリだ。例年3月半ばから乗っ込みが始まり、4月いっぱい、もしくは5月中ごろまで楽しめる実績のある場所だ。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

東海エリアの超一級乗っ込みポイント始動中! 大ダイはロングハリスで攻略せよ!!

オモリには船団が形成される。御前崎周辺の船が集結する超有名ポイント。

御前崎市の増田達雄さんは、胴の間で4㎏オーバー3連続キャッチ。

色が黒ずんだマダイが多くみられる。これが乗っ込みの個体の特徴だ。

体高のあるこのマダイは4㎏オーバー。

4月1日にキャッチした5㎏。この日は2㎏オーバーばかり船中60枚の爆釣Xデイ。

同日にあげられた5.6㎏。この数日前に僚船では13㎏のモン。

増田さんはこのとおり。仕掛けさえあえば、胴の間でも竿頭をとれる。

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・御前崎港「博栄丸」。

東海エリアの大ダイ乗っ込みの超一級ポイント“オモリ”がその実力を発揮中だ。
御前崎からほぼ南へ航程約50分のオモリは、禁漁区に接したポイントで水深70mとやや深め。ハリス長さ15〜20mというロングハリスで攻略するのが特徴だ。コマセマダイ釣りでのロングハリス釣法発祥のポイントでもある。
「例年、3月末からだんだんとよくなるオモリですが、今期はやや遅れ気味の開幕でした。Xデーが3月月末に毎年あるのですが、今期は4月1日でしたね」とは、御前崎港の老舗船宿「博栄丸」の大澤洋輔船長の弁。
マダイのスイッチが入ると大ダイばかり、船中のあちこちであがる、というのがこのポイントの魅力のひとつ。1日には2〜6㎏の大ダイが爆釣した。
釣り方のコツは、いかに魚の目と鼻の先に付けエサのオキアミを漂わせるか、つまり、仕掛けの長さと重さのバランスがカギとなる。
「さらにいうと、マダイの活性があがると船下に魚が入ってきます。そのタイミングで上手に誘いをかけられればヒット率があがりますよ」とのこと。
大澤船長によると、4月いっぱいは十分オモリで楽しめ、それ以降は金洲の様子をみながら、行き分けるという。さあ、大ダイキャッチは夢ではない。果敢にチャレンジしよう!

以上の記事は「つり丸」2018年5月1日号の掲載情報です。

関連記事
「アタリを出して、掛ける」という釣りを手軽に楽しむなら、東京湾のシロギスがオススメだ。金沢八景「荒川屋」では、午前、午後船でトップ20匹前後の釣果が記録されている。
【富山湾】厳寒期の日本海でも高出船率!陸から近いところで良型スルメイカのノリノリと繊細な釣り方で美味オニカサゴをリレーで楽しもう!
黄金色に輝く魚体が美味しさを象徴している東京湾の〝金アジ〟が超激アツ!水深浅く入門にも最適!寒くても絶好調の激うま金アジ!LTで手軽に釣って堪能しよう!!
東京湾のカワハギが復調気配。今シーズンはこの時期になっても良型主体で高活性が続いてる!肝もまだまだパンパンでまさに釣って良し食べて良しの最盛期状態だ。
南房・白浜沖でヤリイカがいよいよ本格シーズンに突入! 群れは濃厚、誰でも数釣り!サバが多い時は一工夫で乗り切れ!今なら誰でも激アツだ!
最新記事
船橋港「フレンドシップ」この時期の一押しターゲットは、タイラバを使ったマダイ狙いだ。同じポイントでワラサも狙える!田岡要司船長が、いま釣れるパターン」を忌憚なく公開してくれる!
「アタリを出して、掛ける」という釣りを手軽に楽しむなら、東京湾のシロギスがオススメだ。金沢八景「荒川屋」では、午前、午後船でトップ20匹前後の釣果が記録されている。
オキメバルをもっと手軽に楽しむために開発された専用ロッド「スーパーディープクルーザー オキメバル」
【富山湾】厳寒期の日本海でも高出船率!陸から近いところで良型スルメイカのノリノリと繊細な釣り方で美味オニカサゴをリレーで楽しもう!
黄金色に輝く魚体が美味しさを象徴している東京湾の〝金アジ〟が超激アツ!水深浅く入門にも最適!寒くても絶好調の激うま金アジ!LTで手軽に釣って堪能しよう!!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル