MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
今日も爆釣!俊兄の釣りバカ日記【西表島から底物高級魚バトル】

今日も爆釣!俊兄の釣りバカ日記【西表島から底物高級魚バトル】

4月初旬に、釣り仲間の大物釣師・ケイさんのお誘いでコクハンアラ(くるばにーあかじん)などの底物・高級魚を泳がせ釣りにて狙ってまいりました。 企画して頂いたキャステング品川シーサイド店の大物釣師・安達さん、大物釣師・ケイさん、そして俊兄の三人が揃って大物・珍魚の乱舞。釣果としては最高なのですが、また宿題が出来ました(笑)

perm_media 《画像ギャラリー》今日も爆釣!俊兄の釣りバカ日記【西表島から底物高級魚バトル】の画像をチェック! navigate_next

グルクン釣りのコツ

今回の泳がせ釣りに使うエサがグルクンです。

まずは、エサ用のグルクンをある程度確保しないといけませんので、グルクン釣りからはじめます。

簡単にグルクン釣りの解説をいたしましょう。

グルクンを釣るポイント
①コマセカゴからコマセのアミエビが出る量を調整します。コマセが少しずつ出るようにコマセが出るカゴの隙間を2mmぐらいにします。

②投げたあとは、底に着底後、すぐに糸ふけを取り、50cmから1mぐらいシャクリ、5秒ぐらい待ちます。この待ちの5秒の間に来るというわけです。アタリが無いときは、再びシャクってそして待つ、これを繰り返します。

③上の棚ほど大きなグルクンが釣れる確率が高いです。

かなり独特な釣りですのでテクニックを要しますが、コツを掴むとなかなか面白いです。

それにしても今回のグルクン釣りでは下記の写真のように、ほんとにいろんな魚が釣れました。
みんなグルクン釣りを楽しんじゃってるよ(笑)

そして初日の分のグルクンは、小淵船長が前もって釣っていてくれました。感謝感謝です。

どうですかこのバラエティに富んだ魚種。みんな楽しそう~(笑)

一日目から早速

今日は、午後から出港。

さてさて、いきますよう、さあ第一投目!

っと、竿を下ろして着底したと思ったらすぐに大きな反応がっ。

グググーと竿を持っていかれる。

おや、案外簡単に上がってきたぞ。さあ何だ、何がきたのかな・・・キツネフエフキだ。

その直後、艫(とも)の大物釣師・ケイさんにヒット!

おやおや、こちらも案外簡単に上がってきましたよ、さて何かな・・・イソマグロでした。

その後しばらくして、今度は釣師・安達さんにヒット!

いい感じにリレーのように全員連続ヒット。さあ魚種は・・・アザハタでした。

多彩で面白い魚がどんどん釣れます。何が釣れるかわからない・・・ワクワクしますね。

まあ、多彩な魚、面白い魚が目白押しです

本命くるぅ~

釣りを開始して2時間ぐらい経ったころ、上のほうの棚を狙うために、船長にうまく合わせてもらい棚5mのあたりが狙える位置につけてもらう。

仕掛けを投下して、糸ふけをとる。ここまでは反応なし。

しばらくして私の竿に異変が現れる。

ゆっくり巻き上げていると、途中で「ぐ・ぐ・ぐーっ」と引っ張られ、竿が海中に刺さった。

良い引きだ。

しかし、最初のほうではかなりの引きだったのに、なんだか急に引かなくなったり、と思ったらいきなり引いたりと、青物にはない独特な動きを繰り返している。

一体どんな魚なのか全く想像がつかない。

不思議な動きに流されながら、何だろう何だろうと頭の中を?マークだらけにしていると、ちょっとずつ魚の影が見えてきた。

何だ、何を釣り上げたんだ。

本命だよ、これが本命のコクハンアラと言うんだ。

私自身、初めて釣る魚でしたのでビックリ。

黒っぽくて青い斑点模様が全体についていて、ビジュアルは独特の魚ですね。

これが高級魚で滅茶苦茶美味い、という事はケイさんから伺ってたので食べるのが楽しみ~。

今日の釣り物について事前に話しは聞いていましたけれども、正直、本命の魚がどんな色形をしているか分からないで釣りをしたというのは初めてでしたね。(笑)

不思議な引きに少々困惑。訳が分からないうちに釣れて茫然。でも、このクラスの大きさでも、最初の引きの強さで十分楽しめました。

なんだこの魚?珍魚出現!!

本命が早々に釣れまして、みんなやる気満々。あ、いや、やる気満々なのは最初っからだった(笑)

釣り方を変更。グルクン泳がせのふかせ釣りに。

「ふかせ釣り」とは、おもりをつけないでリーダーから直にハリを結んで釣るやり方です。

おっときました、安達さんの竿にヒット!

かなりの引き。釣れたのは・・・アオチビキでした。

おやっ、ケイさんもヒット!

上がってきたのは・・・バラフエダイ。

な、な、何なんだ。凄すぎ。いい魚が釣れすぎ。

大きい型はそれほど多くはありませんが、西表のこの釣りは本当にいろんな魚が釣れますね。

今まで、与那国、宮古島、石垣島、奄美、トカラなどで釣りをしたことがありますが、こんなに多彩な魚種が上がる釣りは初めてです。ビックリ!そして最高に楽しい(笑)

さてそろそろ私にも、何かきてくれないかな。ふかせで40mぐらい出して待ってると、

いきなり持っていかれる。ヒッッット!

かなり横には引くが、青物ではなさそう。

よしよし上がってきたよ、何かな、シロダイの大きいのかな。

あれ?口が変な形だよ、フエフキ?

上がってきたのをよく見てみると・・・ナポレオンだよ!

それって、観賞魚?(笑)

船長が「美味いんだよー」と大きな声で教えてくれる。

魚皮が独特。堅くてツルツルしてて、少し気持ち悪い。

今日は、これにて終了! 半日だけで、これだけの魚種が釣れました。いや~楽しーい。

みなさん、お見事!

しかし、見た目が面白い魚ですね~。

興奮の11連発! しかし、どうなんだ!

いよいよ2日目。

昨日の興奮も冷めやらず、勇み足気味でいざ出港。

昨日のポイントよりも少し遠い、港から1時間30分ほどのポイントに行きます。

西表は、港からポイントまでの距離が近いというのもいいんですよね。

さて、みんなで一斉に一投目を海原へ。

すると、いきな~り、安達さんに強烈な、ヒット!

糸がどんどん出ていく。

少し巻いて出して、また少し巻いて出して。

わずかずつ巻けてる状況ではあるのですが、何しろ尋常ではなく竿が曲がっていますので、上げられる前に竿が折れてしまうのでは、と思ってしまったぐらいです。

あ~~っとぉ~~、無念のハリス切れ。う~ん涙。

次に、ケイさんに、ヒット!

こちらもやっぱりかなりの引き。

うわうわすごい引き、お~~っとぉ~~、う~ん、またしても途中ハリス切れ。

その次は私っ。

下ろして着底後すぐに、ヒット!

しか~~し、最初のいなしも出来ない状況で、またまたハリス切れ~。

なんだなんだ全員ハリス切れ。しかも、11回連続ハリス切れ!

確実に、この下にとんでもない「MONSTER」がおりますな。

鮫の反応もあったことはありましたが、これは間違いなく底物お化けがいる模様です。

今度来たときは「ワイヤー仕掛け」で挑むか!

左の写真の安達さん、かなりの大物が掛かる! しかし、みんなで11連ちゃんハリス切れ(涙)

高級漁連発!

上げることこそできませんでしたが、全員あの引きの強さに興奮しまくり。

その熱が冷めきらないうちに、場所を少し移動して再開。

すると私の竿に、ヒット!ヒット!

久しぶりに船に上がってきたのは、・・・まだらハタでした。やった~。

あら、今度は安達さんに、ヒット!

上がってきたのは・・・なんと高級魚アカジンでした。

おいおい、またまた安達さんに、ヒット!

今度は、さっきよりデカいアカジンだっ。やりましたね安達さん。大手柄ですね。

午後から天候が悪くなるという予報でしたので、早めに島に戻ります。

今度は、向かい島の近くで釣りを続けます。

そしたら、またまたまた安達さんの竿に、ヒット! すげーな安達さん。

上がってきたのは、まだらハタでした。これもい~い型ですよ。

続けてケイさんにもヒット!

上がってきたのはヤイトハタでした。もうヒットが止まらな~い。

しかしここで天候が厳しくなってきてしまい、この日は少し早めに上がります。

かなり急激に天候が変化。もう一時間帰港するのが遅かったらけっこうヤバかったです。

最終日となる翌日も海に出て行く予定だったのですが、天候が悪く、午前中に湾内での釣りでした。

この日も乗っている安達さんがユカタハタを釣ったところで、今回のツアーは終了となりました。

後半天候に左右された釣行にはなりましたが、とにかく楽しい釣りが思う存分できました。

今回お世話になりました「島道楽」の船長・小淵船長には、送迎までして頂くなど、ほんとうにお世話になりました。ありがとうございました。

悪天候ながら、ヒット、ヒットの連続!

西表島釣行のタックル詳細です。
ケイさんは2本竿使用してますので①②と分けています。

釣師の醍醐味 うまいサカナと美味い酒

2日目の夜に、島道楽の小渕船長に紹介してもらった飲食店『島のごちそう』に伺いました。

釣り上げた今日の大本命・コクハンアラ、そして船長が「美味いぞ」と太鼓判を押すナポレオンを調理してもらいました。

コクハンアラ最高です。刺身は、甘みがあり、癖が無くとても美味しい。

そしてさらに絶品なのが、コクハンアラのソテー。これは、滅茶苦茶美味いっ!

ふわふわで豆腐かと思うような柔らかさ。そして癖が無くさっぱりとしていながらとても上品な味がするのです。

そしてナポレオンはフライに。これも想像していたよりも数倍美味しくてビックリでした。

船長や釣り仲間と、今日の悪戦苦闘を肴に、うまい酒と美味い料理。格別ですね。

また、来年もいきた~~い(笑)

新鮮な高級魚に舌鼓。この晩餐会だけでも西表に来た甲斐があります。
みんないい笑顔です。
『島のごちそう』の皆様ありがとうございました。お店を紹介していただいた小渕船長ありがとうございました。
魚以外のお料理もたくさんあって、希少なお酒も飲ませていただき、みんな満足してました。
また大きいの釣って、お伺いします!

島道楽の小渕船長、ほんとうに楽しかったです。いろんな魚種がいて、そしてとんでもない大物がいるという、あの漁礁は素晴らしいですね。帰ってきて間もないときに、次いつ行こうかを考えてしまいました。

また、数多くの優良ポイントを知ってらっしゃる船長は、すごいです。とにかくいい船長です。グルクン釣りもじつに丁寧に教えて頂き、大変分かりやすかったです。次回ぜひまた宜しくお願いします。

今回お世話になりました船宿さん、レストランです↓

船宿:島道楽 小渕船長
住所:〒907-1542 沖縄県八重山郡竹富町西表1499-46
連絡先:携帯090-5294-2144 固定0980-85-6702
HP:http://shimadouraku.jp/

レストラン:島のごちそう いるむてぃや
住所:沖縄県 八重山郡竹富町 上原 10-625
連絡先:0980-85-6878
参考URL:https://tabelog.com/okinawa/A4705/A470502/47004457/

関連記事
今回は熱心に通いつめる常連さんの多い新子安恵比須橋の「だてまき丸」さんからマゴチ釣りにチャレンジしてきました。取材当日は、64㎝の超ビックサイズも飛び出しました。
ロンリー侍ドクターことダイワフィールドスタッフの近藤惣一郎さんが、乗っ込みシーズンを目前に控えた三浦半島剣崎沖でマダイを狙う!!
周年を通して楽しめる飯岡沖のハナダイが、早くも絶好モードに突入している。メリハリを効かせたシャクリで良型デコダイの数釣りを楽しもう!!
勝浦沖のヤリイカが急上昇!ようやく本格化した!ヤリイカは全てジャンボ級でパラソル級オンリー!乗り味抜群速い潮と小サバを避けて爆乗りだ!
「つり丸・4月1日号(2021年)」の巻頭第1特集に掲載された外房・飯岡沖のテンヤマダイ取材の様子を公開! 
最新記事
東京湾では、いよいよ乗っ込みマダイのXデー間近!各地ではマダイ好調の報せがちらほらと入り始めた。走水港の「政信丸」でもお腹はパンパン良型が上がっている!
今回は熱心に通いつめる常連さんの多い新子安恵比須橋の「だてまき丸」さんからマゴチ釣りにチャレンジしてきました。取材当日は、64㎝の超ビックサイズも飛び出しました。
ロンリー侍ドクターことダイワフィールドスタッフの近藤惣一郎さんが、乗っ込みシーズンを目前に控えた三浦半島剣崎沖でマダイを狙う!!
周年を通して楽しめる飯岡沖のハナダイが、早くも絶好モードに突入している。メリハリを効かせたシャクリで良型デコダイの数釣りを楽しもう!!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル