MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
乗っ込み気配濃厚だ! 大ダイに備えて挑もう!【三浦半島・剣崎沖】

乗っ込み気配濃厚だ! 大ダイに備えて挑もう!【三浦半島・剣崎沖】

近郊のコマセマダイの一大ポイントである剣崎沖・松輪瀬。毎年4〜6月は大型マダイが乱舞することで人気のエリアだ。早い年は3月中旬ごろから乗っ込みの気配を見せていたが、今年は遅れ気味。冬場の厳冬期でも食い続いていたのが影響したのか、今年はなかなか兆候を見せなかったが、3月終わりになってようやく気配が出てきた。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

前半はキロ未満の小型にイナダがたくさんまじるという釣りだったが、後半潮が変わったのか2㎏オーバーが連発

この日は前半はキロ未満の小型が多かったが、午後からは乗っ込みを思わせるような良型が連発した!

ポイントは剣崎沖松輪瀬。これから乗っ込み本命ポイント主体に狙う。

良型を連発させた常連さん。「なんかいきなりよくなったね」

「最後にやりました!」。1枚バラした直後に集中力で食わせた価値ある一枚。

日中にクライマックスがやってきた。

腹もパンパンになってきている。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・剣崎松輪「大松丸」。

今シーズンの剣崎沖の春マダイは小型の数釣りが続いていてなかなか乗っ込みの気配を見せていなかったが、3月下旬に急に上向いてきた。
「水温も17度台と高く潮も適度に濁っていたんですが、目立った食い方をしていませんでしたね。でも、今日の後半はかなり期待のできる食い方をしました」とは、剣崎松輪「大松丸」の鈴木大揮船長。
取材日は3月30日。前半はキロ未満の小型にイナダがたくさんまじるという釣りだったが、後半潮が変わったのか2㎏オーバーが連発。それ以後、連日良型が出るようになったのだ。他船でも4㎏、5㎏オーバーの大ダイも取り込まれ、いよいよ「本番」を思わせるような食いになってきた。
「必ずチャンスはあります。良い反応のときを逃さずにやってください」
ハリスは4号以上で挑もう。さあ、剣崎沖で始まりだぁ〜!

ハリスは4号以上がおすすめ、二段テーパー仕掛けも

マダイロッドでの良型やり取りは格別だ。

コマセはオキアミ。軽くビシに入れる。

付けエサはオキアミ1匹掛けが基本。

タナにセットしたら必ずドラグの確認を!

タナは海面からで、この日は40m前後と50m前後だった。

剣崎沖のマダイはいわゆるノーマルなコマセマダイスタイルだ。竿は2.5〜3mほどの胴調子マダイロッド。リールは中小型電動リールを組み合わせる。道糸はPE3〜4号程度。
こだわって手巻きリールを使用する人もいるが、手返しなど考えると電動が便利だ。
仕掛けは片テン仕掛け。中型テンビンに2㎜径のクッションゴムを1m、ハリスは3〜5号8〜10mが基本だ。ビシはステン缶、プラビシ80号。
「ハリスはこれから2㎏クラス以上が多くなるので4号以上を使用したほうがいいですよ」とは、剣崎松輪「大松丸」の鈴木大揮船長。
食いや時間帯によっても変えられるように、3号、4号、5号あたりは持参しておきたい。
「うちのお客さんは二段テーパーの人が多いですね」
二段テーパーは、ハリス全長10mなら元部に6号6m、小型スイベルを介し先には4号4mにする。スイベルがあることで仕掛けの沈みを早くすることができ、また誘いが効きやすい。このほか、ハリスを節約できるメリットもある。
ハリはマダイバリ9〜10号ほど。大型を見越してなるべく軸がしっかりした形状のハリを選びたい。ハリはあまり小型にするとバラシにもつながるので注意が必要だ。
このほか、ビーズ類や夜光ソフト玉などのアクセサリーも状況に応じて使用する。これから潮が濁る場合は派手目に、潮が澄んでいたりエサ取りが多い場合は地味にするか、付けないという手も。

以上の記事は「つり丸」2018年5月1日号の掲載情報です。

関連記事
御宿岩和田港「太平丸」の外房・早春限定リレー!朝イチに寒サバを狙って!ヤリイカ狙いへ移行する!寒サバは良型が多く特大サイズも!ヤリイカはトップ30杯台を記録する日もあり、今後が楽しみだ。
「アタリを出して、掛ける」という釣りを手軽に楽しむなら、東京湾のシロギスがオススメだ。金沢八景「荒川屋」では、午前、午後船でトップ20匹前後の釣果が記録されている。
【富山湾】厳寒期の日本海でも高出船率!陸から近いところで良型スルメイカのノリノリと繊細な釣り方で美味オニカサゴをリレーで楽しもう!
黄金色に輝く魚体が美味しさを象徴している東京湾の〝金アジ〟が超激アツ!水深浅く入門にも最適!寒くても絶好調の激うま金アジ!LTで手軽に釣って堪能しよう!!
東京湾のカワハギが復調気配。今シーズンはこの時期になっても良型主体で高活性が続いてる!肝もまだまだパンパンでまさに釣って良し食べて良しの最盛期状態だ。
最新記事
御宿岩和田港「太平丸」の外房・早春限定リレー!朝イチに寒サバを狙って!ヤリイカ狙いへ移行する!寒サバは良型が多く特大サイズも!ヤリイカはトップ30杯台を記録する日もあり、今後が楽しみだ。
南伊豆沖 水深500~700mで深海の巨大魚 アブラボウズが釣れている。使用するメタルジグのサイズは1㎏前後。根掛かりもあるので予備は必要だ!
究極の耐久性能を実現した小型スピニングリール「ITXカーボンスピニングリール」ITX-3000H
船橋港「フレンドシップ」この時期の一押しターゲットは、タイラバを使ったマダイ狙いだ。同じポイントでワラサも狙える!田岡要司船長が、いま釣れるパターン」を忌憚なく公開してくれる!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル