MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
一発大ダイの釣れっぷりから今期大当たりの予感【上越・直江津沖】

一発大ダイの釣れっぷりから今期大当たりの予感【上越・直江津沖】

2月末に始まった直江津沖のマダイのプレ乗っ込み。爆釣日はあまりなかったが、直江津沖の特徴でもある、一発大物釣りの傾向が4月まで継続中だ。すでに、8㎏9㎏といったモンスターマダイがキャッチされていて、乗っ込み前特有の状況が直江津沖で繰り広げられている。

perm_media 《画像ギャラリー》一発大ダイの釣れっぷりから今期大当たりの予感【上越・直江津沖】の画像をチェック! navigate_next

さあ! 乗っ込み本番準備!! 今期は大型回遊期待大だ!!! ハリスは12mで攻略

.7㎏の大ダイ。今期は静寂のなか、突然ヒットすることが多い。

乗っ込み期はこのサイズがバンバンヒットする。

朝いちもチャンス! 八海山から昇る朝陽が美しい。大ダイヒットの予感。

2㎏前後のマダイは食べておいしいサイズだ。

プレ乗っ込み中はこのサイズのマダイも多かった。

薄くみえるのは直江津港。火力発電所が目印だ。乗っ込み期はよりこの景色が目前に広がるようになる。

3㎏のきれいなマダイ。

「里輝丸」はこの春、新エンジンを搭載。より快適になった。

今回、取材にご協力いただいたのは、新潟・直江津港「里輝丸」。

新潟県上越・直江津沖はこの春、数年ぶりに大型マダイが回遊した。
プレ乗っ込み期、いわゆる2月〜4月はマダイの産卵行動の前にマダイが荒食いするシーズンのことを示すが、数釣りの名立沖、大型一発の直江津沖というのが例年どおりのパターン。それが、ほぼ当てはまったシーズンだったのである。そうなると、今後気になるのが5月からの乗っ込み本番シーズンである。昨年はゴールデンウイーク
(GW)から突如開幕。水深20〜30m前後の浅場で良型マダイが爆釣している。
今期もGWから始まるのか、いやその前に始まるのではないか、と予想されているのだ。
始まれば、ハリス長12mでタナは5m前後という超浅ダナで大ダイの横走りを体感。ハリスを掴んでからのスリリングでダイレクトなやり取りも楽しめるようになる。
「4月後半からは、乗っ込みを意識して乗船してください。始まれば、“軽い仕掛け”で潮乗りするものが有利になります。ハリスは太目の5号以上が基本ですよ」とは、上越エリアの人気 ナンバー1船、直江津「里輝丸」の小林智船長。
乗っ込み前も本番中も直江津沖では、狙いは大ダイ! すでに今シーズンは8㎏9㎏というモンスターもキャッチされている。準備を万端にして本格シーズンを迎えよう!!

以上の記事は「つり丸」2018年5月1日号の掲載情報です。

関連記事
「浜名湖で一番アカムツを釣らせる」を自負する「ボートクラブ カナル」取材当日もキロムツ含め13ヒット11キャッチ!結果を残した!
外房・御宿沖の伝統釣法・カモシ釣りが好機!良型マダイがラッシュ中で、ヒラマサの回遊もあり!夢のある釣りを絶賛展開中だ!この機会にぜひ!
新潟県上越・直江津沖。夏のイチオシターゲットがオキメバルだ!活性が高いと良型ばかりズラズラズラリと多点掛けするのが特徴。夜は半夜で楽しむアカイカシーズンが開幕!
東京湾がいよいよ照りゴチシーズン突入!産卵後の荒食いが期待できる この時期は入門にもオススメ!とても美味なので食のほうでも楽しめる。
最新記事
「つり丸・8月1日号(2021年)」の巻頭第1特集に掲載された石川県・金沢港「北龍丸」の夜釣りで大人気のケンサキイカのメタルスッテゲームの取材の様子を動画で公開。
日本海の7月8月は夜釣りがメイン。メタルスッテゲームでケンサキイカが最盛期に!昼はライト泳がせでキジハタ&ヒラメを狙う!
「浜名湖で一番アカムツを釣らせる」を自負する「ボートクラブ カナル」取材当日もキロムツ含め13ヒット11キャッチ!結果を残した!
東京湾のタイラバゲームは終盤戦に突入しているが、まだまだ入門者にもお手軽な時期だ!取材日もマダイ初挑戦という女性が見事にキャッチに成功!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル