MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
ひとつテンヤマダイの妙味を味わえ!【茨城・鹿島沖】

ひとつテンヤマダイの妙味を味わえ!【茨城・鹿島沖】

ドカンと一発大ダイヒットもある! ゲストも豊富でアタリが多い! 茨城・鹿島沖のひとつテンヤマダイは面白い。この妙味を、ぜひ味わって欲しい。

水温が上がり、マダイだけでなく、いろいろな魚が高活性。アタリが多く、さまざまなゲストがまじっている

吉田裕樹さんは中盤にマダイをゲット。

マダイが浮上、やったぜ!

吉田さんの「ハイブリッドテンヤ真鯛」が曲がった。

身の力を込めてアワせる榎戸さん。

ホウボウもよくまじる。

これはイシガレイ。

当日は良型のウスメバルがよく掛かった。

「植田丸」で配られるエビエサがコレ。

ワームは「エコギアアクア熟成」シリーズがオススメ。

榎戸さんはテンヤ+ワームでショウサイフグとナメタガレイを食わせた。

今回、取材にご協力いただいたのは、茨城・鹿島港「植田丸」。

鹿島沖のテンヤマダイがおもしろくなっている。水温が上がり、マダイだけでなく、いろいろな魚が高活性。アタリが多く、さまざまなゲストがまじっている。マダイは中小型が多いが、ときおり良型、大型がヒットしている。この時期は、突然大型がヒットするので油断はできない。
取材は鹿島旧港「植田丸」に乗船。当日のポイントは航程50分ほどの水深30m前後。マダイはポツポツとアタったが、ゲストが豊富にまじった。とくに取材当日目立ったのが良型のウスメバルと大型のショウサイフグ。このほかハナダイ、イシガレイ、ナメタガレイ、アイナメ、ホウボウといった嬉しいゲストがまじった。
これからの時期は凪の日が多くなるので、ひとつテンヤを楽しむにはもってこい。ポイントも水深が浅い場所がメインになるので、ビギナーにもオススメだ!

以上の記事は「つり丸」2017年8月1日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
冬の相模湾、ホウボウゲームが面白い!エサ釣りと同船して楽しむのが相模湾スタイルだが、ここではテクニカルなライトジギングの基本タックル、ヒットジグ、テクニックなどを紹介する!
今年も東京湾のスミイカが開幕。取材日は中ノ瀬の水深20m台を風裏中心に狙い、250〜500g級がトップ8杯。ほとんどの人が型を見ることができた。釣趣バツグン!食味も最高!スミイカを狙おう。
お正月用の食材として、欠かせないマダコ!東京湾では夏場から子ダコの湧きが良く、爆釣が継続!現在も2〜3㎏の良型まじりで、トップ6、7杯~ツ抜けすることも。東京湾のマダコ釣りは今がチャンスだ!
この時期のオキメバルは激うま絶品!間瀬港「光海丸」の小林聡船長は大型メバルの反応を見つけ出し、ピンポイントで釣っている。プレミアオキメバル求めて冬の佐渡島沖へチャレンジ!!
相模湾・大磯沖の泳がせブリが、好調に釣れている。泳がせるエサはアジだ!船中全体でガチでアジ釣りをしてイケスに生かしておく。狙いは寒ブリ10kgオーバー!寒さは増すが熱い釣りは1月ごろまで続くぞ!
最新記事
ファスナーの動きをよくするメンテナンススプレー「ファスナーするするスプレー」
全国的に人気のラバージグを使ったタイラバゲーム。ここでは希少な外房のタイラバ船、御宿岩和田港「長栄丸」でのタイラバゲームを紹介。エキサイティングな季節が到来する岩和田沖の釣り。ぜひ挑戦してほしい。
冬の相模湾、ホウボウゲームが面白い!エサ釣りと同船して楽しむのが相模湾スタイルだが、ここではテクニカルなライトジギングの基本タックル、ヒットジグ、テクニックなどを紹介する!
鹿島沖のワラサが好調だ。しかも今期のワラサは丸々と太っている個体が多く、腹周りの身は真っ白で、大変美味。巻きさえ合えば、ビギナーでも連続ヒットあり!鹿島沖のワラサは群れも多いので、今後も期待だ!
富岡沖のカレイ釣りは、根周りカレイ釣り。つまり、カレイ五目釣りだ。富岡沖周辺は、1月2月はナメタガレイが本命。ポイントは近年手付かずのところばかり。思わぬゲスト、大釣り、大ナメタも期待!
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読