MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
ひとつテンヤマダイの妙味を味わえ!【茨城・鹿島沖】

ひとつテンヤマダイの妙味を味わえ!【茨城・鹿島沖】

ドカンと一発大ダイヒットもある! ゲストも豊富でアタリが多い! 茨城・鹿島沖のひとつテンヤマダイは面白い。この妙味を、ぜひ味わって欲しい。

水温が上がり、マダイだけでなく、いろいろな魚が高活性。アタリが多く、さまざまなゲストがまじっている

吉田裕樹さんは中盤にマダイをゲット。

マダイが浮上、やったぜ!

吉田さんの「ハイブリッドテンヤ真鯛」が曲がった。

身の力を込めてアワせる榎戸さん。

ホウボウもよくまじる。

これはイシガレイ。

当日は良型のウスメバルがよく掛かった。

「植田丸」で配られるエビエサがコレ。

ワームは「エコギアアクア熟成」シリーズがオススメ。

榎戸さんはテンヤ+ワームでショウサイフグとナメタガレイを食わせた。

今回、取材にご協力いただいたのは、茨城・鹿島港「植田丸」。

鹿島沖のテンヤマダイがおもしろくなっている。水温が上がり、マダイだけでなく、いろいろな魚が高活性。アタリが多く、さまざまなゲストがまじっている。マダイは中小型が多いが、ときおり良型、大型がヒットしている。この時期は、突然大型がヒットするので油断はできない。
取材は鹿島旧港「植田丸」に乗船。当日のポイントは航程50分ほどの水深30m前後。マダイはポツポツとアタったが、ゲストが豊富にまじった。とくに取材当日目立ったのが良型のウスメバルと大型のショウサイフグ。このほかハナダイ、イシガレイ、ナメタガレイ、アイナメ、ホウボウといった嬉しいゲストがまじった。
これからの時期は凪の日が多くなるので、ひとつテンヤを楽しむにはもってこい。ポイントも水深が浅い場所がメインになるので、ビギナーにもオススメだ!

以上の記事は「つり丸」2017年8月1日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
茨城エリアのテンヤマダイがベストシーズン!アタリ多く数釣りが楽しめ、良型&大型もヒット!青物や根魚などゲストも豊富!タックルやラインシステムは万全の態勢で!
相模湾の新スタンダード?!サビキ、テンビン何でもアリ!イナダ・ワラサ・アジ五目!その時の状況に合わせてチェンジ!興奮必至で楽しさ無限大!ルアー釣りもOKだ!
秋は数釣り可能でタイラバ入門には絶好の季節!秋の東京湾タイラバゲームの基本をおさらいする。★釣行レポートは天候不良で急遽、変更になった湾奥のキャスティングゲームを紹介!
沼津沖のタチウオ釣りがアツい!当日は、チャーター船でいま流行りのテンヤ釣りとジギングのみで釣行!ジグに入れ食い!テンヤにドラゴン!沼津沖はこれからが最盛期だ!
東京湾・観音崎沖でテンヤ&タイラバマダイが絶好調!金沢八景「弁天屋」では船中50枚、多いときには80枚も釣れたという。今回は他エリアと少し異なるテンヤ釣りを中心に紹介する。
最新記事
たく丸の詳細情報。出船場所、電話番号、紹介、写真などを紹介。
激アツ!東京湾タチウオジギング!取材日は乗船者全員がメーターオーバーをキャッチ!「渡辺釣船店」が展開する浅場のゲームを紹介しよう。
手入れしやすい冬の船釣り決定版防寒スーツ「マリンコールドウェザースーツEX」
ヒラソウダはスズキ目サバ科ソウダガツオ属。北海道以南。世界中の熱帯・亜熱帯・温帯域のやや岸よりも表層域に群れを作る。群れは作るがマルソウダの群れと比べると個体数が少ない。
リーリス前提、魚へのダメージを軽減するフィッシュメジャー「フィッシュケアメジャー LE-116 LE-117」

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル