MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
ひとつテンヤマダイの妙味を味わえ!【茨城・鹿島沖】

ひとつテンヤマダイの妙味を味わえ!【茨城・鹿島沖】

ドカンと一発大ダイヒットもある! ゲストも豊富でアタリが多い! 茨城・鹿島沖のひとつテンヤマダイは面白い。この妙味を、ぜひ味わって欲しい。

perm_media 《画像ギャラリー》ひとつテンヤマダイの妙味を味わえ!【茨城・鹿島沖】の画像をチェック! navigate_next

水温が上がり、マダイだけでなく、いろいろな魚が高活性。アタリが多く、さまざまなゲストがまじっている

吉田裕樹さんは中盤にマダイをゲット。

マダイが浮上、やったぜ!

吉田さんの「ハイブリッドテンヤ真鯛」が曲がった。

身の力を込めてアワせる榎戸さん。

ホウボウもよくまじる。

これはイシガレイ。

当日は良型のウスメバルがよく掛かった。

「植田丸」で配られるエビエサがコレ。

ワームは「エコギアアクア熟成」シリーズがオススメ。

榎戸さんはテンヤ+ワームでショウサイフグとナメタガレイを食わせた。

今回、取材にご協力いただいたのは、茨城・鹿島港「植田丸」。

鹿島沖のテンヤマダイがおもしろくなっている。水温が上がり、マダイだけでなく、いろいろな魚が高活性。アタリが多く、さまざまなゲストがまじっている。マダイは中小型が多いが、ときおり良型、大型がヒットしている。この時期は、突然大型がヒットするので油断はできない。
取材は鹿島旧港「植田丸」に乗船。当日のポイントは航程50分ほどの水深30m前後。マダイはポツポツとアタったが、ゲストが豊富にまじった。とくに取材当日目立ったのが良型のウスメバルと大型のショウサイフグ。このほかハナダイ、イシガレイ、ナメタガレイ、アイナメ、ホウボウといった嬉しいゲストがまじった。
これからの時期は凪の日が多くなるので、ひとつテンヤを楽しむにはもってこい。ポイントも水深が浅い場所がメインになるので、ビギナーにもオススメだ!

以上の記事は「つり丸」2017年8月1日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
今年も相模湾のマダコが開幕する!人気の餌木でも、テンヤでも狙える!今シーズンの「正一丸」では餌木にも力を入れていく!!
乗っ込みマダイを狙うのは、コマセだけではない!東京湾 横須賀沖のテンヤマダイ&タイラバも良型まじりでグングン釣果を上げている!乗っ込み本番に向けて視界良好だ!
大物の聖地、4月1日銭洲が解禁した。当日は脂のりのりの良型ウメイロが爆釣するなど、高級魚五目を満喫することができた。今後は五目でシマアジ、泳がせでカンパチがメインターゲットだ!
今回の取材先は内房富浦の「酒井丸」。少人数での仕立て&メニュー豊富な釣り物が人気の船宿だ。当日は「エビメバルとイサキのリレー釣り」で出船!特大アマダイも飛び出した!
東京湾のタチウオをジギング&テンヤで攻略!冬のドラゴンハンティング!難しい時期だからこそ挑戦する価値がある…ぜひ挑戦してみよう!
最新記事
幸昌丸の詳細情報。出船場所、電話番号、紹介、写真などを紹介。
ヒシダイ(スズキ目ヒシダイ科ヒシダイ属)国内では福島県でも見つかっているが、千葉県外房以南、富山湾以南に生息。
マルイカやイワシ類に付いた野性的なマダイを狙うのが「たいぞう丸」の「タイラバ五目」。広大なポイントを片舷限定のドテラ流しで攻められるメリットを生かして、年々新たなポイントが開拓されている。
「つり丸・4月15日号(2021年)」の第3特集に掲載され波崎「信栄丸」の波崎沖の春のヤリイカ釣り取材の様子を動画で公開。
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル