MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
厳寒期から好調続き! 春の大ダイチャンスに突入!!【茨城・鹿島沖】

厳寒期から好調続き! 春の大ダイチャンスに突入!!【茨城・鹿島沖】

今年の鹿島沖のテンヤマダイは、厳寒期(1〜3月前半)でも例年になく好調だった。そして、3月中旬ぐらいから大型マダイもまじるようになってきた。

perm_media 《画像ギャラリー》厳寒期から好調続き! 春の大ダイチャンスに突入!!【茨城・鹿島沖】の画像をチェック! navigate_next

1㎏ぐらいまでのサイズは開始から終了までコンスタントにアタった。そして、5㎏オーバーと2㎏オーバーもまじった

午後船の夕マヅメにヒットした5㎏オーバーの大ダイ! 大型は突然ヒットする。

1㎏前後の中型は数アタることも!

当日は航程40〜50分ほどの鹿島沖水深40m前後をおもに狙った。反応もバッチリ!

こちらは2㎏オーバー! 午後船でのヒットだった。

一つのテンヤに2匹のマダイが掛かった。

榎戸さんもアベレージサイズをゲット。

当日配られたエビエサがこれ。

テンヤはバリエーション豊富に用意しよう。

榎戸さんのクーラーのなかは、マダイ、ホウボウ、ソイなど賑やか。

今回、取材にご協力いただいたのは、茨城・鹿島新港「第五悌栄丸」。

鹿島沖のテンヤマダイが好調だ。3月中旬過ぎからアタリが多くなり、数釣りが楽しめる日が多くなってきた。また大型マダイのヒットもあって、4〜5㎏クラスから、それ以上の特大サイズもポツポツと取り込まれている。
「今年は1月、2月でも水温が一桁台に下がることはありませんでした。そのためか、好調に釣れていましたね。そして、水温が少し上がってくるとアタリはさらに増えて、大型もアタるようになりました。例年より1ヶ月も早く、春の好シーズンに入りました」と話すのは鹿島新港「第五悌栄丸」の久保聡志・若船長。
3月後半の取材では午後に爆発。1㎏ぐらいまでのサイズは開始から終了までコンスタントにアタった。そして、5㎏オーバーと2㎏オーバーもまじった。「第五悌栄丸」では、この春に8㎏オーバーも取り込んでいる。今がまさに大型狙いのチャンスなのだ!

以上の記事は「つり丸」2018年5月1日号の掲載情報です。

関連記事
梅雨時は大ムツのチャンス!オモリ200号で狙う勝浦沖のムツ&メダイからのオニカサゴリレー!美味な根魚が海底で待っている!
コロナ禍で仕事が激減している芸人。つり丸編集部に「何か仕事ありませんか?使ってください」と漫才コンビ「おせつときょうた」が訪ねてきた。
外房・岩船~大原沖の梅雨イサキが、食い活発でいよいよ最盛期に!コマセ釣りの楽しさが満載!!みんなで数釣りを楽しもう!
南房・洲崎沖のカサゴ五目が最盛期へ!狙いは35㎝級の良型!カサゴの他に、アカハタ、ハマタ、メバルなど多彩なゲストも魅力!ぜひ狙ってみよう!
外房・大原沖のイサキが本格シーズン突入!連日トップは50匹の定量!数釣りが楽しめ、食べても美味しい大原沖のイサキ。6月のイチ押しターゲットだ!
最新記事
船釣り専用中型・大型リール用パワーハンドル「ムゲンパワーハンドル」
梅雨時は大ムツのチャンス!オモリ200号で狙う勝浦沖のムツ&メダイからのオニカサゴリレー!美味な根魚が海底で待っている!
コロナ禍で仕事が激減している芸人。つり丸編集部に「何か仕事ありませんか?使ってください」と漫才コンビ「おせつときょうた」が訪ねてきた。
深海の超高級美味魚!稲取沖のアカムツ&アラ!絶好調が一転、食い渋りとなった取材日。それでも粘って3匹の本命をキャッチ!!そして、大アラもジグにヒット!!
シマアジ専用ハイブリッドテンビン「ハイブリッド天秤SHIMA-AJI」
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル