MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
イワシを釣って、それをエサにヒラメ狙い!【相模湾・平塚沖周辺】

イワシを釣って、それをエサにヒラメ狙い!【相模湾・平塚沖周辺】

平塚港「庄三郎丸」では3月12日からヒラメ&カサゴ船をスタートさせている。この釣りは、朝イチにサビキ仕掛けでカタクチイワシを釣り、それをエサにヒラメをメインに狙う。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

ライトタックルで狙える近場の手軽な楽しいヒラメ釣り

港からすぐの浅場で、こんな良型ビラメが釣れる!

状況のいい日には全員が型を見ることも!

親子でヒラメとムシガレイをゲット!

船の周囲を鳥に囲まれたときはチャンスタイム! 周囲にイワシなどベイトがいる可能性が高く、アタりやすい!!

嬉しい1枚。

まずは1枚を目指そう!

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・平塚「庄三郎丸」。

平塚港「庄三郎丸」では、3月12日からヒラメ・カサゴ船をスタートさせている。港周辺にイワシの群れがいるときは、朝イチにサビキ仕掛けでイワシを釣り、それをエサにヒラメをメインに狙うのだ。イワシが釣れない場合は、サバの切り身をエサにカサゴやハタの仲間などを狙うという。
今シーズンは、開幕からとくにヒラメが好調。イワシについたヒラメを狙っているが、トップ9枚という日もあり、数釣りが楽しめている。
釣り場は平塚東沖〜西沖と広範囲。取材当日は岸から近い、水深10m前後を主に狙った。オモリは50号を使うので、ライトタックルで手軽に楽しめるのも特徴だ。
「7月ぐらいまで狙えると思います。今年はヒラメが良さそうですよ」とは「庄三郎丸」の望月幸雄船長。
ライトタックルで狙える近場の手軽な楽しいヒラメ釣り。仲間や家族を誘って、ライトな気分でチャレンジしてみよう!

タックルはライト用ロッドと小型両軸リールの組み合わせ

オモリ50号なので、ライトタックルで楽しめる。

竿は50号のオモリに対応した、6対4〜7対3調子のライト用ロッドがあれば楽しめる。
長さは2〜2.7mぐらい。竿を手持ちにしてアタリを待つなら、2m前後の短めが使いやすいだろう。置き竿でアタリを待つなら、2.7mぐらいまでの長めでもOKだ。
今回の取材では永井裕策名人に同行していただいたが、永井名人はシマノ「海攻ヒラメリミテッド Light HIRAME 235」を使用していた。ライトヒラメ用ロッドもオススメだ。
リールは手巻きの小型両軸リール、または小型電動リール。取材当日はイワシ反応についたヒラメを狙い、水深は10m前後がメインだった。浅場をおもに狙うので、手巻きリールでも、仕掛けの上げ下げは苦にならないだろう。
道糸はPEラインの2号以下。150mは巻いておくこと。

仕掛けは胴付き式、2本バリで高アピール

「庄三郎丸」の仕掛けは胴付き2本バリ。

エサ付けは、ハリ先を下アゴから差し入れ、上アゴに抜く。

仕掛けは胴付き式。「庄三郎丸」の仕掛けは2本バリ。1本バリ仕掛けでもいいが、望月幸雄船長によるとアピール度の高さから2本バリがオススメだという。
ちなみに「庄三郎丸」の仕掛けの仕様は、枝ス5号、40㎝。幹糸は6号。仕掛け全長は115㎝。ハリは上バリが丸セイゴ17号、下バリが丸セイゴ15号。
オモリは50号を使用する。魚礁周りや根周りなどを狙うときは、根掛かりすることもある。予備のオモリは多めに用意しておくといいだろう。
エサのカタクチイワシは、下アゴからハリを刺し入れ、上アゴに抜くようにする。こうすることで口を閉じるのだ。上アゴだけに刺すと、仕掛けの上げ下げ時に口が開いて回ってしまい、仕掛けが絡みやすくなるのだ。
この釣りではイワシの元気な動きがアピールして、ヒラメを誘う。そのためエサ付けは、イワシを弱らせないためにできるだけ速やかにおこなうこと。時間をかければかけるほどイワシが弱ってしまう。また力強く握ると、ウロコが取れて弱るので注意しよう。

以上の記事は「つり丸」2018年5月1日号の掲載情報です。

関連記事
いまでは貴重になった良型オニカサゴ。下田須崎港の遊漁船の老舗「ほうえい丸」ではそんな良型がザックザク!リレーで大アラもキャッチ可能!温暖な伊豆へオニ退治へ行こう!
茨城・鹿島沖、今 期も例年通り大型ラッシュで開幕!ラッシュからの乗り継続中!コツはソフトな誘いとステイ!浅場でパラソル級の多点掛けを満喫しよう!
鹿島沖では例年になく水温が高く、活性が高い魚が多く、いろいろな魚種がまじって五目釣り感覚で楽しめている。取材当日は本命マダイがまじる展開!中ダイクラスのヒットも!!
南房江見沖のコマセ五目釣りが元気一杯!アマダイ、オニカサゴ、キダイなどの底物中心の冬・春バージョンへとスタイルチェンジ!イサキは、すごい勢いで食い盛っている。
御宿岩和田港「太平丸」の外房・早春限定リレー!朝イチに寒サバを狙って!ヤリイカ狙いへ移行する!寒サバは良型が多く特大サイズも!ヤリイカはトップ30杯台を記録する日もあり、今後が楽しみだ。
最新記事
勝浦松部港「信照丸」では、一年を通して生きイワシエサのマハタ五目で出船。1〜2㎏前後が中心だが、状況が良ければ3㎏以上のサイズも食ってくる。ゲストはカサゴ、キントキ、ヒラメなどいろいろまじる!
超高輝度!深海専用集魚フラッシュライト 仕掛け屋本舗「超! 高輝度 LED深海専用集魚フラッシュライト」
いまでは貴重になった良型オニカサゴ。下田須崎港の遊漁船の老舗「ほうえい丸」ではそんな良型がザックザク!リレーで大アラもキャッチ可能!温暖な伊豆へオニ退治へ行こう!
茨城・鹿島沖、今 期も例年通り大型ラッシュで開幕!ラッシュからの乗り継続中!コツはソフトな誘いとステイ!浅場でパラソル級の多点掛けを満喫しよう!
東京湾のシーバスジギングが好調!横浜新山下「渡辺釣船店」取材日は数はもちろん、スズキクラスも連発!水温が上昇に転じれば活発に食い始めるのもパターンだ!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル